前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
175件中 1 - 10件表示
  • 三津田健

    三津田健から見た十三夜月見

    1937年(昭和12年)、杉村春子らと文学座の創立に参加し、芸名を三津田健とする。1940年(昭和15年)5月に同座運営委員、同年12月に代表者となった。戦中は移動演劇隊の隊長として地方を巡演し、1945年(昭和20年)5月から9月にかけて劇団ごと石川県小松市に疎開する。戦後は1960年(昭和35年)に同座理事、1962年(昭和37年)に常任委員となり、文学座を支えた。舞台では、『シラノ・ド・ベルジュラック』のシラノ役の演技が有名で、1951年(昭和26年)の初演以降141回も公演が行われた。その他『女の一生』の章介、『十三夜』の斎藤主計、『大寺学校』の光長などの当たり役がある。三津田健 フレッシュアイペディアより)

  • ススキ

    ススキから見た月見月見

    十五夜の月見には、ハギ(萩)とともにススキを飾ることが多い。ススキ フレッシュアイペディアより)

  • 梶井基次郎

    梶井基次郎から見た月見月見

    1921年(大正10年)10月、賀川豊彦のキリスト教社会運動にうちこむ大宅壮一の態度に脅威を感じた基次郎は、〈天職といふものにぶつからない寂しさが堪らない〉と自身を嘆き、〈自分は大宅の様な男を見るとあせるのである〉と綴った。ある夜、中谷孝雄と津守萬夫と一緒に琵琶湖疎水にボートを浮べ、水際の路に上がって月見をしていると、ボートが下流に押し流され、基次郎は津守と一緒に水中に飛び込み食い止めた。その勢いで2人は競泳を始め、冷えた身体を街の酒場で温めた。梶井基次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 松島町

    松島町から見た月見月見

    17世紀初頭 :伊達政宗が太閤・豊臣秀吉から伏見桃山城にあった茶室を譲り受け、月見をするための観瀾亭(月見御殿)を建造。松島町 フレッシュアイペディアより)

  • 芋煮会

    芋煮会から見た中秋の名月月見

    江戸時代、米の不作に備えてサトイモも作られており、「芋煮」自体は家庭料理としても食べられていたが、サトイモの収穫時期に合わせて「芋煮会」の原型とみられることが農村部で行われていた。ただし、江戸時代には豚肉や牛肉などの肉類は一般に食べられていなかったため、現代のように芋煮に肉は入っていなかったと考えられる。「芋煮会」の原型は、野外で集団で鍋料理を囲む収穫祭的な意味合いの行事だったが、村をあげてのものだったという記載はないため少人数で行ったとされる。また、都市が未発達でほとんどの国民が農村に居住していた当時、わざわざ「河原」まで出かけて行ってやる必要性は無かった(現代の都市部では木造住宅が密集するため、火災防止目的で「河原」や「キャンプサイト」等、火気使用可エリアで行う)。なお、中秋の名月(芋名月)に団子ではなくサトイモなどを供えていたかつての風習との関係も不明。芋煮会 フレッシュアイペディアより)

  • SOLiVE Asia

    SOLiVE Asiaから見た月見月見

    2009年10月3日(土)は中秋の名月を、関東圏や韓国・台湾からの生中継で紹介し、24:42までの拡大放送を行い、土曜夜と月曜深夜での週2回放送と一旦『SOLiVE Asia』としてはこの日が最後となり、3日後「ソラマドAsia」に改題。SOLiVE Asia フレッシュアイペディアより)

  • 団子

    団子から見た月見月見

    月見だんご - 十五夜に月に供える団子。関東地方で多くみられる団子粉で作った丸い形のもので団子をピラミッド状に重ねたものや、関西で多くみられる細長い団子に餡を巻いて「芋名月」にお供えする「衣被(きぬかつぎ)」(里芋の子の小芋を皮付きのまま蒸したもの)を模したもの、名古屋市近辺で多くみられる白・ピンク・茶色の3色で、餡を巻かずにサトイモの形に似せて丸めたもの、中国・四国地方で多くみられる串団子に餡を巻いたものなどがある。団子 フレッシュアイペディアより)

  • 秋夕

    秋夕から見た月見月見

    秋夕(チュソク、)とは、朝鮮半島で陰暦(時憲暦)の8月15日(中秋節)を指す言葉である。祖先祭祀や墓参を始めとする行事が行われる、重要な祭日である。大韓民国では前後3日間が祝日であり、帰省シーズンとなる。ハンガウィ()、嘉俳日(カベイル / )、中秋(チュンチュ / )などとも呼ばれる。秋夕 フレッシュアイペディアより)

  • 松島

    松島から見た月見月見

    宮城県宮城郡松島町のJR松島海岸駅周囲、および利府町浜田地区。百人一首にも詠まれた霊場の島・雄島()、伊達政宗が再興した瑞巌寺(本堂・庫裏は国宝。)、「バラ寺」の通称がある円通院()、五大堂()などの寺院、伊達家の迎賓館であり月見のための施設でもある観瀾亭(月見御殿。)などの歴史的建造物や、湾内遊覧船の発着港の松島港がある。また、土産屋、飲食店、宿泊施設などが立ち並び、マリンピア松島水族館()やヨットハーバーの小浜港もある。盆には松島灯篭流し花火大会が行われ、松島の洋上を花火が彩る。2008年(平成20年)には松島温泉が開湯した。松島 フレッシュアイペディアより)

  • 15

    15から見た月見月見

    十五夜は、満月の夜。新月から約15日後に現れるのでこの名がある。また旧暦8月15日の月見も十五夜といい、この夜の月は中秋の名月(ちゅうしゅうのめいげつ)という。15 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
175件中 1 - 10件表示

「月見」のニューストピックワード