前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
131件中 1 - 10件表示
  • 芋煮会

    芋煮会から見た中秋の名月月見

    江戸時代、米の不作に備えてサトイモも作られており、「芋煮」自体は家庭料理としても食べられていたが、サトイモの収穫時期に合わせて「芋煮会」の原型とみられることが農村部で行われていた。ただし、江戸時代には豚肉や牛肉などの肉類は一般に食べられていなかったため、現代のように芋煮に肉は入っていなかったと考えられる。「芋煮会」の原型は、野外で集団で鍋料理を囲む収穫祭的な意味合いの行事だったが、村をあげてのものだったという記載はないため少人数で行ったとされる。また、現代のように「河原」で行うとは限らなかった。なお、中秋の名月(芋名月)に団子ではなくサトイモなどを供えていたかつての風習との関係も不明。芋煮会 フレッシュアイペディアより)

  • 秋夕

    秋夕から見た月見月見

    秋夕(チュソク、)は、朝鮮半島で陰暦(時憲暦)の8月15日(中秋節)を指す言葉。祖先祭祀や墓参をはじめとする行事が行われる重要な祭日である。大韓民国では前後3日間が祝日であり、帰省シーズンとなる。ハンガウィ()、嘉俳日(カベイル / )、中秋(チュンチュ / )などとも呼ばれる。秋夕 フレッシュアイペディアより)

  • SOLiVE Asia

    SOLiVE Asiaから見た月見月見

    2009年10月3日(土)は中秋の名月を、関東圏や韓国・台湾からの生中継で紹介し、24:42までの拡大放送を行い、土曜夜と月曜深夜での週2回放送と一旦『SOLiVE Asia』としてはこの日が最後となり、3日後「ソラマドAsia」に改題。SOLiVE Asia フレッシュアイペディアより)

  • 松島

    松島から見た月見月見

    宮城県宮城郡松島町のJR松島海岸駅周囲、および利府町浜田地区。百人一首にも詠まれた霊場の島・雄島()、伊達政宗が再興した瑞巌寺(国宝。)、「バラ寺」の通称がある円通院()、五大堂()などの寺院、伊達家の迎賓館であり月見のための施設でもある観瀾亭(月見御殿。)などの歴史的建造物や、湾内遊覧船の発着港の松島港がある。また、土産屋、飲食店、宿泊施設などが立ち並び、マリンピア松島水族館()やヨットハーバーもある。盆には松島灯篭流し花火大会が行われ、松島の洋上を花火が彩る。2008年(平成20年)には松島温泉が開湯した。松島 フレッシュアイペディアより)

  • ススキ

    ススキから見た月見月見

    十五夜の月見には、ハギ(萩)とともにススキを飾ることが多い。ススキ フレッシュアイペディアより)

  • 松島町

    松島町から見た月見月見

    17世紀初頭 :伊達政宗が太閤・豊臣秀吉から伏見桃山城にあった茶室を譲り受け、月見をするための観瀾亭(月見御殿)を建造。松島町 フレッシュアイペディアより)

  • 名月峠

    名月峠から見た月見月見

    昔、摂津国御園荘(現在の尼崎市)に住む領主・三松国春が子を授かろうと大日如来に願をかけたところ、仲秋の名月の夜に娘が生まれたため、名月姫と名付けた。美しく育った姫は能勢家包に嫁ぐこととなり、能勢大里の地へやって来た。名月峠 フレッシュアイペディアより)

  • 十五夜

    十五夜から見た月見月見

    十五夜 フレッシュアイペディアより)

  • 十三夜

    十三夜から見た月見月見

    十三夜 フレッシュアイペディアより)

  • 中秋の名月

    中秋の名月から見た月見月見

    中秋の名月 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
131件中 1 - 10件表示

「月見」のニューストピックワード