175件中 91 - 100件表示
  • 日本の年中行事・記念日の分類

    日本の年中行事・記念日の分類から見た月見月見

    月見は月相が必要なため、旧暦日付のみで祝われる。日本の年中行事・記念日の分類 フレッシュアイペディアより)

  • シマアオジ

    シマアオジから見た中秋月見

    中国の広東料理では、「禾花雀」(広東語 ウォーファーチョッ wo4fa1jeuk2)と称し、初秋の滋養強壮食品として食用にする習慣がある。「禾」はイネを指し、越冬するために南下してくる本種が、広東省では稲の花が咲き、実が成り始める中秋の頃に珠江デルタにやってくるために付けられた呼称で、主にかすみ網などを使って捕獲された。かつては、稲穂を食べる害鳥とも考えられていた。広東省周辺で稲穂を食べて太るため、味もよいとされる。シマアオジ フレッシュアイペディアより)

  • ある心の風景

    ある心の風景から見た月見月見

    『ある心の風景』発表から遡ること約5年前、京都の第三高等学校理科甲類(英語必修)の学生だった20歳の基次郎は、1921年(大正10年)10月16日の夜、同校文科の友人の中谷孝雄、津守萬夫と一緒に琵琶湖疎水でボートに乗り、水際の路に上がって月見をした。その際ボートが下流の方に押し流され、基次郎と津守が泳いで食い止めたのをきっかけに競泳をし、すっかり冷えてしまった身体を温めに京都の街の酒場に3人で繰り出した。ある心の風景 フレッシュアイペディアより)

  • 長良川鵜飼

    長良川鵜飼から見た中秋の名月月見

    長良川鵜飼(ながらがわうかい)とは、岐阜県岐阜市の長良川で毎年5月11日から10月15日まで行われる鵜飼である。中秋の名月と増水時を除く毎夜行われる。中秋の名月に行われないのは、篝火で驚かせた鮎を捕らえる鵜飼では、「月が明る過ぎると篝火の効果が薄れるため」といわれることもあるが、他の満月の際には催されるので、これは伝統的な公休と言える。長良川鵜飼 フレッシュアイペディアより)

  • 最中

    最中から見た月見月見

    拾遺和歌集(巻3・秋171)にある源順の歌を知っていた公家たちが、宮中で行われた月見の宴において白くて丸い餅菓子が出されたのを見て、会話の中で「もなかの月」という言葉が出たことから、そのまま菓子の名前として定着したという由来がある。最中 フレッシュアイペディアより)

  • 台北市市区公車

    台北市市区公車から見た中秋節月見

    週休二日制実施後、市民のレジャースポット訪問の利便性を高めるためレジャーバスのサービスが開始された。しかし営業成績は振るわず陽明山国家公園を発着点とする4路線のみ引き続き運行され、その後特定期間のみ運行される路線が追加された。現在レジャーバスは二種類に分類され、うち一種は土休日に固定して運行されるもの(例:108系統→陽明山遊園バス;109・110・111系統→いずれも陽明山および台北市街を結ぶ路線(うち111系統は新北市新荘まで営業路線が達している))、もう一種は陽明山フラワーフェスティバル期間(毎年3月?4月頃、同時期に交通規制が実施される)或いは特定の祭日に運行されるもの(例:陽明山フラワーフェスティバル期間、海芋フェスティバル期間運行の126?131系統、及び端午節、中秋節運行の132系統)である。レジャーバス路線の系統番号は停留所標識に緑地に白字で表記され、「聯営バス」マークに台北市章が欠けておりその他一般路線の標識とは異なる。台北市立動物園は元々それを発着点とする3路線(106、107及び115系統)を有していたが、1999年から2000年にかけて廃止された。2009年1月26日、パンダ展示に合わせて再度120?122系統3路線が台北市立動物園を発着点とし、土休日に固定運行されるレジャーバス路線として設定された(該当3路線は2009年3月に廃止されている)。台北市市区公車 フレッシュアイペディアより)

  • 共月亭

    共月亭から見た月見月見

    鹿児島と長沙とは1,700キロメートルほど離れているが、「両市民が同じ月を眺め友好を深めよう」という意で「共月」と名付けられた。1986年以降の中秋の名月にはお月見会が催される。共月亭 フレッシュアイペディアより)

  • 采女祭

    采女祭から見た仲秋の名月月見

    采女祭(うねめまつり)とは、奈良県奈良市の春日大社の末社で猿沢池の北西に鎮座する采女神社の例祭で、毎年仲秋の名月の日(旧暦8月15日)に行われる。采女祭 フレッシュアイペディアより)

  • 梶井基次郎

    梶井基次郎から見た十三夜月見

    中谷が快晴の空を見上げながら「青空はいいな」と叫び、即座に基次郎が賛同して「青空」に決定した。中谷と吉祥寺に行って十三夜の月見をした基次郎は、作家として生計を立てる決意を告げたという。梶井基次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 日ユ同祖論

    日ユ同祖論から見た月見月見

    『レビ記』23:33〜では、7月15日は収穫祭ないし仮庵の祭とされる。ただし、『列王記』12:32では北王国では8月15日を祭の日にしたとされている。これに対して日本では、7月15日 (旧暦)は祖霊祭(たままつり)ないしお盆であり、8月15日 (旧暦)は十五夜である。日ユ同祖論 フレッシュアイペディアより)

175件中 91 - 100件表示

「月見」のニューストピックワード