131件中 91 - 100件表示
  • 月

    から見た十五夜月見

    このほか日本では、旧暦の日付に対応する名称(三日月、十三夜の月、十五夜の月、十六夜の月など)や月が見える時間帯に関する名称(立待月、居待月、寝待月、夕月、有明月など)、形状に対応する名称(満月、弦月、半月、弓張月など)、年中行事に関連する名称(芋名月、栗名月)など、月には多くの名称(月名、げつめい)がある。 フレッシュアイペディアより)

  • 月

    から見た月見月見

    旧暦15日の月(ほぼ満月)は日没頃に昇り、以後数日間も夜間に上るため月見に適しており、特に様々な名称が付された。日没後しばらくしてから上る旧暦16日の月は「いざよい」(ためらう、なかなか進まないの意)、以後、「立待」(立って待っていると出てくる)、「居待」(座って待っていると出てくる)、「寝待」(寝て待っていると出てくる)、「更待」(ふけまち。夜が更けてから出てくる、あるいは更に待つと出てくる)と、月の出が遅くなるごとにふさわしい名称が付けられている。なお、「夕月」は日没前後に見える月の総称であり、「有明の月」は明け方になってもまだ残っている月の総称である。 フレッシュアイペディアより)

  • 竹取物語

    竹取物語から見た十五夜月見

    平安時代後期の『今昔物語集』にも竹取物語と同様の説話(巻31「竹取の翁、女児を見つけて養う語」)が採集されているが、求婚者への難題は3題のみで、月へ帰る夜も十五夜でなく、富士山の地名由来譚も登場しない、『竹取物語』より簡略された内容である。漢籍などを参照したと考えられ、完成した内容を持つ『竹取物語』とは異なり、今昔所収の説話は口頭伝承されてきた「竹取の翁の物語」の古態を伝えているのではないかと想定されている。竹取物語 フレッシュアイペディアより)

  • 松尾芭蕉

    松尾芭蕉から見た月見月見

    貞享4年(1687年)8月14日から、芭蕉は弟子の河合曾良と宗波を伴い『鹿島詣』に行った。そこで旧知の根本寺前住職・仏頂禅師と月見の約束をしたが、あいにくの雨で約束を果たせず、句を作った。松尾芭蕉 フレッシュアイペディアより)

  • 15

    15から見た十五夜月見

    十五夜は、満月の夜。新月から約15日後に現れるのでこの名がある。15 フレッシュアイペディアより)

  • 15

    15から見た月見月見

    また旧暦8月15日の月見も十五夜といい、この夜の月は中秋の名月(ちゅうしゅうのめいげつ)という。15 フレッシュアイペディアより)

  • 日本酒

    日本酒から見た月見月見

    月見酒(つきみざけ)日本酒 フレッシュアイペディアより)

  • 秋

    から見た十三夜月見

    十三夜、後の月見 : 旧暦九月十三日。 フレッシュアイペディアより)

  • 松島

    松島から見た十三夜月見

    1922年(大正11年)12月3日、アルベルト・アインシュタインが月見をするため松島を訪れた。東北本線で仙台駅から(初代)松島駅に到着し、松島電車(路面電車)に乗り換えて五大堂前電停に着いた頃には既に16時を過ぎ、十三夜の月が上っていた。それを見たアインシュタインは、「おお月が…おお月が…」と言ったまま絶句したという。その後、「どんな名工の技も、この美しさを残すことはできない」と同行者に言ったとされる。松島 フレッシュアイペディアより)

  • ハギ

    ハギから見た月見月見

    月見:中秋の名月に萩・薄を月見団子と共に月に供える風習がある。萩も薄も、昔の日本では山野に自生する身近な植物であった。ハギ フレッシュアイペディアより)

131件中 91 - 100件表示

「月見」のニューストピックワード