175件中 101 - 110件表示
  • 善光寺 (東京都港区)

    善光寺 (東京都港区)から見た十五夜月見

    善光寺は浄土宗に属する寺院で、創立は1601年(慶長6年)と伝わる。山号は南命山といい、詳名は「南命山無量寿院善光寺」、本尊は1尺5寸の阿弥陀如来である。同本尊は767年(神護景雲元年)、8月の十五夜に法如尼という人物が当麻寺の紫雲庵で念仏を唱えている最中に信州善光寺の如来が現れ、その姿を写したものという。善光寺 (東京都港区) フレッシュアイペディアより)

  • 日月潭

    日月潭から見た中秋の名月月見

    毎年中秋の名月前後に、1983年より始められた「万人遠泳大会」が行われる。総距離は約3000メートル。世界各国から参加者が集まり、2006年には21942人が参加し、初めて2万人を突破した。日月潭 フレッシュアイペディアより)

  • 隠れ里

    隠れ里から見た中秋の名月月見

    前述の『倭文麻環』では「大口(現鹿児島県大口市)の壮士山神の幽居到ル」とある。中秋の名月の夜、1人の男が山中にて笛を吹いていると、美女が現れて案内され、高楼に登って美酒珍菓を楽しんだが、女を刺して逃げ出す。一晩だと思ったが下界ではすでに17日が経過していた。隠れ里 フレッシュアイペディアより)

  • 采女

    采女から見た中秋の名月月見

    大和物語による記述や奈良市に伝わる伝説においては、"ならの帝"(奈良時代のさる天皇)の寵愛を失ったある"采女"が猿沢池に投身自殺したというものである。「采女」という謡曲のモチーフである。采女の霊を慰める祭りとして、奈良市の猿沢池畔にある采女神社で毎年中秋の名月の時期に例祭采女祭が行なわれる。采女 フレッシュアイペディアより)

  • 屋形船

    屋形船から見た月見月見

    平安時代からその原形はあり、貴族の遊びなどに使用されていた。河川整備が進んだ江戸時代に栄え、大名や豪商などに花見や月見、花火などの遊びに愛用された。特に隅田川の屋形船は金銀漆の装飾で飾り豪華であった。延宝年間(1680年頃)までが全盛期で、天和2年(1682年)の大船建造の禁により衰退し始めたという。屋形船 フレッシュアイペディアより)

  • 荘則棟

    荘則棟から見た月見月見

    その後1983年に北京に帰還が許され1984年から北京の少年宮学校で卓球の指導を行った。1985年に1971年に来日した際に通訳だった日本人女性佐々木敦子と再会、北海公園で中秋の月を眺めるデートをし結婚を決意するが中国政府からなかなか許可がおりず知り合いだった元天津市長で中国共産党中央政治局常務委員会委員だった李瑞環への働きかけなどにより彼と胡耀邦党書記が鄧小平主席の許可を取り、1987年12月19日、2人は結婚した。荘則棟 フレッシュアイペディアより)

  • 青毛 (久喜市)

    青毛 (久喜市)から見た十五夜月見

    十五夜 - 旧暦9月15日。うどんや小麦饅頭を供えた。青毛 (久喜市) フレッシュアイペディアより)

  • 鼻濁音

    鼻濁音から見た十五夜月見

    一例としては、「十五日(じゅうごにち)」の「五(ご)」は非鼻濁音である。しかし「十五夜(じゅうごや)」の「五(ご)」は鼻濁音で発音される。「十五夜」は特定の事象を示す単一の名詞で造語成分の融合度が高いと解されているからである。また、「日本銀行(にっぽんぎんこう)」の「ぎ」も非鼻濁音である。「日本銀行」は特定の1つの銀行の名称であるにもかかわらず、「日本」と「銀行」との間の融合度は高くないと考えられているからである。鼻濁音 フレッシュアイペディアより)

  • おやま百景

    おやま百景から見た十五夜月見

    100.十三夜・十五夜のワラ鉄砲おやま百景 フレッシュアイペディアより)

  • おやま百景

    おやま百景から見た十三夜月見

    100.十三夜・十五夜のワラ鉄砲おやま百景 フレッシュアイペディアより)

175件中 101 - 110件表示

「月見」のニューストピックワード