175件中 131 - 140件表示
  • 扶綏県

    扶綏県から見た中秋節月見

    主な祭日は、春節(旧暦1月1日)、元宵節(旧暦1月15日)、端午節(旧暦5月5日)、中元節(盂蘭盆会、旧暦5月5日)、中秋節(旧暦8月15日)、重陽節(旧暦9月9日)など漢族・チワン族共有の民族伝統的な祭日がある。そのほか、チワン族の祭日は、旧暦2月2日の土地公祭(豊作祈願)、旧暦の3月3日のお墓参り祭や三月三歌節、旧暦4月8日の麦熱節(仏浴節、牛魂祭りともいう)、旧暦8月8日の秋祭、旧暦7月14の鬼節、旧暦10月の収穫節(十割節、九割祭ともいう)が重視される。扶綏県 フレッシュアイペディアより)

  • 南北首脳会談

    南北首脳会談から見た中秋月見

    以後、離散家族の再会事業、大韓民国主催のスポーツ行事へ北朝鮮が参加するなど、民間レベルでの交流事業が本格化した。2000年の秋夕(中秋)には金正日から韓国へ3トンのマツタケが贈られた。また、朝鮮統一を見据えた南北交渉が進展し、分断されていた京義線、東海線の鉄道と道路の再連結事業なども進められた。日本やアメリカも雪解けムードに乗じて国交正常化交渉へ乗り出した。特に米朝関係は一挙に進展し、当時のマデレーン・オルブライト国務長官が訪朝、大統領訪朝による首脳会談の可能性すら囁かれた。南北首脳会談 フレッシュアイペディアより)

  • 塙田八幡宮

    塙田八幡宮から見た十五夜月見

    八幡宮の例祭日は十五夜である。境内社の末社琴平神社の例祭日も同日に行われる。また、同じく境内社の須賀神社の例祭である天王祭の例祭日は7月15日から7月20日であり、市内屈指の大型神輿が市内を御渡することで著名とされる。塙田八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 竜王町

    竜王町から見た十五夜月見

    十五夜、中秋の日 へちま加持祈祷 - 龍王寺(川守)竜王町 フレッシュアイペディアより)

  • 竜王町

    竜王町から見た中秋月見

    十五夜、中秋の日 へちま加持祈祷 - 龍王寺(川守)竜王町 フレッシュアイペディアより)

  • 旧暦

    旧暦から見た月見月見

    これらの国では日本とは異なり、改暦以前からある祝祭日や年中行事は旧暦で祝うのが普通である。特に旧正月はグレゴリオ暦の正月より盛大に祝われる。中国では春節、韓国ではソルラルと呼ばれ、中国・台湾・韓国のみならず、華人の多いシンガポール・マレーシア・インドネシア・フィリピンで、国の休日となっている。中国では春節の他に端午節、中秋節が旧暦での国の休日となっている。韓国ではチュソク(旧暦8月15日)、釋迦誕辰日(旧暦4月8日)がある。旧暦 フレッシュアイペディアより)

  • 旧暦

    旧暦から見た中秋の名月月見

    これらの国では日本とは異なり、改暦以前からある祝祭日や年中行事は旧暦で祝うのが普通である。特に旧正月はグレゴリオ暦の正月より盛大に祝われる。中国では春節、韓国ではソルラルと呼ばれ、中国・台湾・韓国のみならず、華人の多いシンガポール・マレーシア・インドネシア・フィリピンで、国の休日となっている。中国では春節の他に端午節、中秋節が旧暦での国の休日となっている。韓国ではチュソク(旧暦8月15日)、釋迦誕辰日(旧暦4月8日)がある。旧暦 フレッシュアイペディアより)

  • 月待塔

    月待塔から見た十五夜月見

    月待行事とは、十五夜、十六夜、十九夜、二十二夜、二十三夜などの特定の月齢の夜、「講中」と称する仲間が集まり、飲食を共にしたあと、経などを唱えて月を拝み、悪霊を追い払うという宗教行事である。月待塔 フレッシュアイペディアより)

  • 松島

    松島から見た十三夜月見

    1922年(大正11年)12月3日、アルベルト・アインシュタインが月見をするため松島を訪れた。東北本線で仙台駅から(初代)松島駅に到着し、松島電車(路面電車)に乗り換えて五大堂前電停に着いた頃には既に16時を過ぎ、十三夜の月が上っていた。それを見たアインシュタインは、「おお月が…おお月が…」と言ったまま絶句したという。その後、「どんな名工の技も、この美しさを残すことはできない」と同行者に言ったとされる。松島 フレッシュアイペディアより)

  • 重要無形民俗文化財

    重要無形民俗文化財から見た月見月見

    南薩摩の十五夜行事(1981年1月21日 枕崎市、南九州市、南さつま市 枕崎市十五夜行事保存会、知覧町十五夜行事保存会、坊津町十五夜行事保存会)重要無形民俗文化財 フレッシュアイペディアより)

175件中 131 - 140件表示

「月見」のニューストピックワード