131件中 21 - 30件表示
  • 屋形船

    屋形船から見た月見月見

    平安時代からその原形はあり、貴族の遊びなどに使用されていた。河川整備が進んだ江戸時代に栄え、大名や豪商などに花見や月見、花火などの遊びに愛用された。特に隅田川の屋形船は金銀漆の装飾で飾り豪華であった。延宝年間(1680年頃)までが全盛期で、天和2年(1682年)の大船禁止令により衰退し始めたという。屋形船 フレッシュアイペディアより)

  • 加古川温泉

    加古川温泉から見た月見月見

    温泉旅館である「みとろ荘」一軒のみの営業。加古川の下流の程近く、周囲をのどかな田園に囲まれた小高い丘の上にあり、加古川市で唯一の露天風呂のある温泉旅館である。従業員手作りの露天風呂が人気を博す。洞窟風呂と展望風呂があり、男女が毎日入れ替わる。露天風呂からは竹林越しに播磨平野が望める。この露天風呂から眺める中秋の名月は格別である。旅館には大広間や食堂が併設され、淡路島から毎朝、直送される海鮮を使った料理が提供される。宿泊、日帰り入湯ともに可能。加古川温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 中秋

    中秋から見た月見月見

    中秋 フレッシュアイペディアより)

  • 仙游県

    仙游県から見た月見月見

    この地はもともと清源県と呼ばれていた。安徽省の何任侠という男が謀反を企み、息子九人はそれを嫌って飛び出し、各地を経て今の九鯉湖まで着たところ、たいへんに美しいところであったので、ここに住み着く事にし、薬草を採っては丸薬を作り、地元民を救った。ある年の中秋の夜、九兄弟が月見をしていると、羽根が生えた鯉が九尾飛び出し、九兄弟を乗せて天に昇った。鯉は九兄弟の作った薬で進化したのであった。この話が伝わり、この地は仙游県と、県城は鯉城と呼ばれるようになった。仙游県 フレッシュアイペディアより)

  • 仙游県

    仙游県から見た中秋月見

    この地はもともと清源県と呼ばれていた。安徽省の何任侠という男が謀反を企み、息子九人はそれを嫌って飛び出し、各地を経て今の九鯉湖まで着たところ、たいへんに美しいところであったので、ここに住み着く事にし、薬草を採っては丸薬を作り、地元民を救った。ある年の中秋の夜、九兄弟が月見をしていると、羽根が生えた鯉が九尾飛び出し、九兄弟を乗せて天に昇った。鯉は九兄弟の作った薬で進化したのであった。この話が伝わり、この地は仙游県と、県城は鯉城と呼ばれるようになった。仙游県 フレッシュアイペディアより)

  • ふちゃぎ

    ふちゃぎから見た十五夜月見

    ふちゃぎ(吹上餅・ふちゃぎむーちー)は、沖縄県で食される菓子の一種。餅粉をこねて蒸したものに、茹でた小豆をまぶしつけたもの。旧暦の8月15日(十五夜)に、豊作を祈願し、ヒヌカン(火の神)と仏壇、神棚に供えた後に食べる縁起物である。なお、小豆は魔除けの意味合いがあり、小豆をつぶさずにまぶすことで当年の災難避けを祈願するものである。ふちゃぎ フレッシュアイペディアより)

  • 吉香公園

    吉香公園から見た中秋の名月月見

    岩国城ロープウェー観月運転:岩国城(城山)における中秋の名月の観月行事(9月)吉香公園 フレッシュアイペディアより)

  • 府中の森公園

    府中の森公園から見たお月見月見

    梅とサクラの時期には多くの花が開き、市民にとっての花見の名所ともなっている。イベントは「こいのぼり」、「フリーマーケット」、「七夕飾り」、「スイカ割り」、「お月見飾り」、「春の七草飾り」など年間を通して行われている。映画やドラマなどの撮影が行われる事がある。府中の森公園 フレッシュアイペディアより)

  • 十三妹 (絵物語)

    十三妹 (絵物語)から見た月見月見

    西安第一の舞姫。胡人の一族。華清池での月見の宴の際、巨大な池の主に襲われたところを十三妹に救われる。紀献唐親子は喜んで見物していたのに、十三妹が命がけで救ってくれたのを恩義に感じ、十三妹逃亡に手を貸す。十三妹 (絵物語) フレッシュアイペディアより)

  • 旧暦2033年問題

    旧暦2033年問題から見た十五夜月見

    この問題について日本国政府は公式の見解を発表していない。政府の考えでは旧暦(天保暦)は「既に使われなくなった暦法」だからである。この考え方に従えば、月相が必要な十五夜などを除くすべての年中行事を、月遅れなどの新暦の日付に移行し、旧暦をカレンダーや暦書から一切追放してしまうのも、乱暴に見えるかもしれないが一つの考え方である。旧暦2033年問題 フレッシュアイペディアより)

131件中 21 - 30件表示

「月見」のニューストピックワード