175件中 31 - 40件表示
  • 天外魔境ZERO

    天外魔境ZEROから見た月見月見

    9月:月見(犬神国)天外魔境ZERO フレッシュアイペディアより)

  • 歌台

    歌台から見た月見月見

    歌台 (ピンイン表記 : Getai) は、シンガポールとマレーシアで中元節の期間中に広くおこなわれている、生のステージ・ショーである。中元節の厳粛なムードと対照的に、にぎやかな舞台が繰り広げられる。また、中秋節や春節など中国系住民の間のほかの祭りでもそれは恒例となっている。この舞台は、祖先の霊を慰めるためだけではなく、今を生きる人のための娯楽でもある。その舞台は、郊外の空き地、駐車場、住宅団地などに一時的に設けられる。かつては、戯曲や布袋劇が主な演目であったが、それらの伝統芸能は、こんにちのような歌謡ショーに取って代わられた。舞台衣装に着飾った歌手たちは、派手な照明に彩られ、福建語を主として、北京語や他の中国語の方言、英語などの歌を演じるほか、時には掛け合いを交えながら舞台は進行する。歌台 フレッシュアイペディアより)

  • スノースキン月餅

    スノースキン月餅から見た月見月見

    この月餅は外が米粉と穀粉で作られ、中の餡の材料がハスの実または果物で作られる。中秋節辺りに発売されている。スノースキン月餅 フレッシュアイペディアより)

  • 国慶節 (ベトナム)

    国慶節 (ベトナム)から見た月見月見

    ベトナム戦争終結までのベトナム共産党政権は、統一後のベトナム政府となり、統一された祝日のリストを作成した。新たな祝日として、5月1日のメーデーや、ベトナム八月革命を記念する8月19日、ナショナルデーの9月2日と、ホー・チ・ミンの誕生日である5月19日が含まれていた。太陰暦のテト(旧正月)や中秋は、伝統に従って引き続き祝われている。国慶節 (ベトナム) フレッシュアイペディアより)

  • 加古川温泉

    加古川温泉から見た月見月見

    温泉旅館である「みとろ荘」一軒のみの営業。加古川の下流の程近く、周囲をのどかな田園に囲まれた小高い丘の上にあり、加古川市で唯一の露天風呂のある温泉旅館である。従業員手作りの露天風呂が人気を博す。洞窟風呂と展望風呂があり、男女が毎日入れ替わる。露天風呂からは竹林越しに播磨平野が望める。露天風呂からは、その時期には中秋の名月を眺めることができる。釜風呂(超微粒子ミストサウナ)が増築された。旅館には大広間や食堂が併設され、淡路島から毎朝、直送される海鮮を使った料理が提供される。宿泊、日帰り入湯ともに可能。加古川温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 藍蘭島

    藍蘭島から見た月見月見

    島で月見をするのに最もいい場所に建てられている。かつて、お月見の時季には島民でにぎわった。藍蘭島 フレッシュアイペディアより)

  • 櫓 (城郭)

    櫓 (城郭)から見た月見月見

    月見櫓(つきみやぐら)は、その名の通り月見を目的とした櫓であるため、他の櫓に比べ開放的な構造で極端に開口部が大きいことが多い。御殿の奥向きの近くまた城の東側に造られることが多い。高松城・松本城などにみられる。その類で涼櫓(すずみやぐら)というものもある。櫓 (城郭) フレッシュアイペディアより)

  • 松島温泉 (宮城県)

    松島温泉 (宮城県)から見た月見月見

    2008年(平成20年)の開湯当初、松島温泉は「松島の月」に因んで月見風呂をイメージ写真に用いていた。松島温泉 (宮城県) フレッシュアイペディアより)

  • 本行寺 (荒川区)

    本行寺 (荒川区)から見た月見月見

    大永6年(1526年)太田道灌の孫太田資高の開基、日玄の開山により創建されたという。その後、寺地を転々とし宝永6年(1709年)日忠のとき今の場所へ移った。江戸時代には月見の名所であった。本行寺 (荒川区) フレッシュアイペディアより)

  • 小督

    小督から見た中秋月見

    ちょうど仲秋の夜のこと、月が白々と照る中を嵯峨野に出かけた仲国は、小督が応えることを期待して得意の笛を吹いた。すると、見事な「想夫恋」の調べがかすかに聞こえてくるので、音のするほうに向かうと、果たして粗末な小屋に小督が隠れ住んでいた。小督 フレッシュアイペディアより)

175件中 31 - 40件表示

「月見」のニューストピックワード