131件中 51 - 60件表示
  • 采女

    采女から見た中秋の名月月見

    奈良市の猿沢池畔にある采女神社の毎年中秋の名月の時期に行われる例祭。奈良時代のさる天皇の寵愛を失った采女が猿沢池に投身自殺したとされ、その霊を慰める祭り。謡曲「采女」はこのエピソードを題材としている。采女 フレッシュアイペディアより)

  • 憧憬の路

    憧憬の路から見た月見月見

    1999年に、街並み保存地区における夜のイベントを模索すべく、松阪邸や照蓮寺などで月見会が催されたのが始まりである。その後2003年に国・市の予算がおり、現在の形となった。例年、10月末ないし11月最初の土曜・日曜にかけて開催される。憧憬の路 フレッシュアイペディアより)

  • 杭州湾

    杭州湾から見た中秋の名月月見

    湾の奥には銭塘江が注いでおり、杭州湾は銭塘江の大きな三角江になっている。銭塘江は世界でも最大級の海嘯が起こることで知られ、高さ9mほどの波が時速40kmほどで川の上流へとさかのぼる。特に中秋の名月のころに大きくなるとされ、大勢の観光客が集まる。杭州湾 フレッシュアイペディアより)

  • 日月潭

    日月潭から見た中秋の名月月見

    毎年中秋の名月前後に、1983年より始められた「万人遠泳大会」が行われる。総距離は約3000メートル。世界各国から参加者が集まり、2006年には21942人が参加し、初めて2万人を突破した。日月潭 フレッシュアイペディアより)

  • 隠れ里

    隠れ里から見た中秋の名月月見

    前述の『倭文麻環』では「大口(現鹿児島県大口市)の壮士山神の幽居到ル」とある。中秋の名月の夜、1人の男が山中にて笛を吹いていると、美女が現れて案内され、高楼に登って美酒珍菓を楽しんだが、女を刺して逃げ出す。一晩だと思ったが下界ではすでに17日が経過していた。隠れ里 フレッシュアイペディアより)

  • 六曜

    六曜から見た十五夜月見

    月見(8月15日 (旧暦)):8+15=23, 23÷6=3あまり5→仏滅六曜 フレッシュアイペディアより)

  • 六曜

    六曜から見た十三夜月見

    月見(9月13日 (旧暦)):9+13=22, 22÷6=3あまり4→先負六曜 フレッシュアイペディアより)

  • 在香港日本人

    在香港日本人から見た月見月見

    その後は日本人家族に対するリンチ事件まで起き、9月26日の中秋節に山下一家の6人が1,000人以上の中国人男性から襲われ、両親がナイフで刺されその場で死亡、祖母と息子3人のうち2人が搬送先の病院で死亡した。事態を重く見た植民地政府は、その日の晩に軍隊を出動させ、翌27日に非常事態宣言を発令した。また、この一連の暴動7(特に山下一家へのリンチ事件)が、上海事変勃発の引き金の一つになったという見解もある。在香港日本人 フレッシュアイペディアより)

  • 桂浜

    桂浜から見た中秋の名月月見

    昔から月見の名所としても知られ、毎年中秋の名月の夜になると地元出身の歌人・大町桂月を偲びながら文芸を語り酒を酌み交わす「名月酒供養」が開催される。桂浜 フレッシュアイペディアより)

  • おやま百景

    おやま百景から見た十五夜月見

    100.十三夜・十五夜のワラ鉄砲おやま百景 フレッシュアイペディアより)

131件中 51 - 60件表示

「月見」のニューストピックワード