131件中 71 - 80件表示
  • 本行寺 (荒川区)

    本行寺 (荒川区)から見た月見月見

    1526年(大永6年)太田道灌の孫太田資高の開基、日玄の開山により創建されたという。その後、寺地を転々とし1709年(宝永6年)日忠のとき今の場所へ移った。江戸時代には月見の名所であった。本行寺 (荒川区) フレッシュアイペディアより)

  • 最中

    最中から見た月見月見

    拾遺和歌集(巻3・秋171)にある源順の歌を知っていた公家たちが、宮中で行われた月見の宴において白くて丸い餅菓子が出されたのを見て、会話の中で「もなかの月」という言葉が出たことから、そのまま菓子の名前として定着したという由来がある。最中 フレッシュアイペディアより)

  • 藍蘭島

    藍蘭島から見た月見月見

    島で月見をするのに最もいい場所に建てられている。かつて、お月見の時季には島民でにぎわった。藍蘭島 フレッシュアイペディアより)

  • 怪異いかさま博覧亭

    怪異いかさま博覧亭から見た十五夜月見

    楊弓屋の景品として手に入れた蓬の高級座敷箒の付喪神。自称の名は「さだ」であるが、榊たちからは「玉兎」と呼ばれる。蓬を主人として慕い、毎年十五夜に蓬相手に夜這いを企むが、頭が悪いためにその都度榊や柏に妨害され計画は全て未遂に終わっている。巨乳。怪異いかさま博覧亭 フレッシュアイペディアより)

  • 七尾城の戦い

    七尾城の戦いから見た十三夜月見

    この七尾城の戦いは、謙信にとっては重要な戦いだったようである。謙信はこのとき『十三夜』の詩を作っている。この勝利で能登を版図に加えた謙信は、結果戦力をさらに増強、西上して信長征伐の意思を示したのである。七尾城の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 立喰師列伝

    立喰師列伝から見た月見そば月見

    戦後間もない頃、闇市のそば屋で月見そばを注文しては、薀蓄と説教を武器にただ食いを成した伝説的人物。元ネタは『紅い眼鏡』に登場する同名の人物。映画版では、逆に銀二の伝承が作品化された例として『紅い眼鏡』の写真が一瞬登場する。立喰師列伝 フレッシュアイペディアより)

  • 扶綏県

    扶綏県から見た中秋節月見

    主な祭日は、春節(旧暦1月1日)、元宵節(旧暦1月15日)、端午節(旧暦5月5日)、中元節(盂蘭盆会、旧暦5月5日)、中秋節(旧暦8月15日)、重陽節(旧暦9月9日)など漢族 ?チワン族共有の 民族伝統的な祭日がある。そのほか、チワン族の祭日は、例えば旧暦2月2日の土地公祭(豊作祈願)、旧暦の3月3日のお墓参り祭や三月三歌節、旧暦4月8日の麦熱節(仏浴節、牛魂祭りともいう)、旧暦8月8日の秋祭、旧暦7月14の鬼節、旧暦10月の収穫節(十割節、九割祭ともいう)が重視される。扶綏県 フレッシュアイペディアより)

  • 日本語の表記体系

    日本語の表記体系から見た十五夜月見

    文体上の狙いで漢字の複合語を恣意的に読ませることもできる。例えば夏目漱石は短編『十五夜』の中で名詞の「接続」を動詞的に活用した「接続って」を「つながって」と読ませている。これは通常ならば「繋がって」「つながって」と書くものである。(ただし、このような複数の漢字を、それに意味的対応する日本語のかな読みする例は、古くから存在している。「天皇」は「すめらみこと・すめろぎ」と訓んでいたのであり、「日本」も「やまと」と訓んでいた)。日本語の表記体系 フレッシュアイペディアより)

  • 日ユ同祖論

    日ユ同祖論から見た月見月見

    『レビ記』23:33?では、7月15日は収穫祭ないし仮庵の祭とされる。ただし、『列王記』12:32では北王国では8月15日を祭の日にしたとされている。これに対して日本では、7月15日 (旧暦)は祖霊祭(たままつり)ないしお盆であり、8月15日 (旧暦)は十五夜である。日ユ同祖論 フレッシュアイペディアより)

  • ヴィクトリアパーク (香港)

    ヴィクトリアパーク (香港)から見た月見月見

    年末から新年にかけての年宵市場、3月の香港花卉展覧、中秋節の綵灯晩会、12月上旬から1月初旬にかけての工展会などの開催地として使われている。いくつかは持ち回り制のイベントであったが、いずれも近年は開催地が同公園で固定されている。ヴィクトリアパーク (香港) フレッシュアイペディアより)

131件中 71 - 80件表示

「月見」のニューストピックワード