84件中 11 - 20件表示
  • 月見

    月見から見た日系人

    南米の日系人社会でも、日本と同様に十五夜の月を中秋の名月として観月する。ただし、南半球では春であり、月の位置も観月に適してはいない。月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見た嵐山

    渡月橋(京都府京都市嵐山月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見た北九州市

    北九州市では、焼きうどんなどにくぼみを作り、中に卵を落として、ひっくり返して焼いたものを天窓と称している。これは天窓から月が見える様子を言っており、月見の変型である。月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見た

    月見(つきみ)とは、、主に満月を眺めて楽しむこと。観月(かんげつ)とも称する。月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見た太陽

    秋分は北半球では、太陽と月の角度により、月の(地球から見た)位置が観月に最も適している。秋分は旧暦では旧暦8月にあたる。実際の新暦での日付は、秋分(9月23日ごろ)の前後半月の1か月の期間の中で変動する(具体的には8月15日 (旧暦)を参照)。月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見た中国

    中国や日本では、単に月を愛でる慣習であれば古くからあり、日本では縄文時代頃からあると言われる。ただ、『竹取物語』には、月を眺めるかぐや姫を嫗が注意する場面があり、月見を忌む思想も同時にあったと推察される。月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見た種田山頭火

    種田山頭火「ほつと月がある東京に来てゐる」月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見た

    中国から仲秋の十五夜に月見の祭事が伝わると、平安時代頃から貴族などの間で観月の宴や、舟遊び(直接月を見るのではなくなどに乗り、水面に揺れる月を楽しむ)で歌を詠み、宴を催した。また、平安貴族らは月を直接見ることをせず、杯や池にそれを映して楽しんだという。月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見た観音菩薩

    天候次第で月を見られない場合もあるので地方によっては月待ちという風習があり、十七夜以降を立待月(たちまちづき)、居待月(いまちづき)、寝待月(ねまちづき)、更待月(ふけまちづき)、という。二十三夜待ちまでを行う地域が多くを占めたが、二十六夜待ちまで行う地域があり、月光に阿弥陀仏・観音・勢至の三尊が現れる、という口実を付けて月が昇る(深夜2時頃)まで遊興に耽った。この風習は明治時代に入ると急速に廃れていったようだ。月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見たかき氷

    台湾では、かき氷のメニューのひとつとして「、ユエチエンピン」(月見氷)がある。かき氷の上に黒糖蜜、練乳、ドライフルーツなどのトッピングを乗せた後、真ん中にくぼみを作って、生卵の黄身を割り入れたものである。中国語で月見は「賞月」という言い方が普通であり、「月見」は日本語からの借用と考えられる(中国語は動詞 - 名詞の語順であり、「月見」のような名詞 - 動詞の語順は本来は用いない)。月見 フレッシュアイペディアより)

84件中 11 - 20件表示

「月見」のニューストピックワード