127件中 11 - 20件表示
  • 月見

    月見から見た後陽成天皇

    明代の中国では宴会に加えて、名月の日に供え物や月餅を贈り合う習慣が始まったと田汝成の『煕朝楽事』に記録がある。日本では室町時代に入ってからも名月の日は続いたが、遊宴としては簡素になっていき、室町後期の名月の日には月を拝み、お供えをする風習が生じていた。『御湯殿上日記』には後陽成天皇がナスに開けた穴から月を見て祈る「名月の祝」という祝儀の様子が記録されている。月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見た宇多天皇

    名月の日に月を鑑賞する風習の始まりは、唐代の頃からということしか分かっていない。宋代の『東京夢華録』には身分に関わらず街を挙げて夜通し騒ぐ様子が記録されている。この風習が貞観年間(859-877)の頃、日本の貴族社会に入ってきた。平安時代の月見は徐々に規模が大きくなり延喜19年(919)には宇多法皇が日本独自の十三夜の月見を催した。当時の日本での月見は詩歌や管絃を楽しみつつ酒を酌む、といった雅味な催しで庶民とは縁のないものだった。この頃の月見は中国、日本ともに願掛けや供え物といった宗教的な要素はなく、ただ月を眺めつつ楽しんでいた。月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見た阿倍仲麻呂

    阿倍仲麻呂 「天の原 ふりさけみれば 春日なる 三笠の山に いでし月かも」(古今和歌集、百人一首)月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見た上杉謙信

    上杉謙信『十三夜』「霜滿軍營秋氣? 数行過雁月三更 越山併得能州景 遮莫家郷憶遠征」月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見たいわむらかずお

    いわむらかずお『14ひきのおつきみ』童心社 1998年月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見たうどん

    茹でた蕎麦・うどんを丼に入れ、場合によって叢雲(むらくも)やススキに見立てた海苔(またはとろろ昆布やワカメで代用)を敷いてから、生卵を割り入れて、つゆと薬味を添えたものを「月見うどん」、「月見そば」と呼ぶ。月見の風情をどんぶりの中に見立てたものである。本来、が、現代では海苔なしでも卵さえ入っていれば月見と言ってしまうことも多い。月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見たバーベキュー

    1980年代中期から、当日屋外でバーベキューをするなどの別の楽しみ方が増えている。その起源は諸説あるが、広告代理店の影響であるとか、月見の最中に腹が減るからだと言われている。この習慣は、この年代の経済発展と生活の西洋化が、伝統的な民俗習俗にまで影響を及ぼしたと思われる。月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見た松江重頼

    松江重頼「芋豆や月も名をかへ品をかへ」月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見た

    月見(つきみ)とは、主に満月を眺めて楽しむこと。観月(かんげつ)とも称する。月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見た観音菩薩

    天候次第で月を見られない場合もあるので地方によっては月待ちという風習があり、十七夜以降を立待月(たちまちづき)、居待月(いまちづき)、寝待月(ねまちづき)、更待月(ふけまちづき)という。二十三夜待ちまでを行う地域が多くを占めたが、二十六夜待ちまで行う地域があり、月光に阿弥陀仏・観音・勢至の三尊が現れる、という口実を付けて月が昇る(深夜2時頃)まで遊興に耽った。この風習は明治時代に入ると急速に廃れていったとされる。月見 フレッシュアイペディアより)

127件中 11 - 20件表示

「月見」のニューストピックワード