84件中 21 - 30件表示
  • 月見

    月見から見たサンクスギビングデー

    韓国では旧暦8月15日を秋夕(チュソク)といい、その前日と翌日が公休日(祝日)となる。このため、多くの企業、施設も休みとなり、帰省する者も多い。。先祖の墓参りをし、新米で「松片(ソンピョン)」という餅を作り、祖先に感謝を捧げてお供えをする。また知り合いに贈り物を贈り合う。このため英語では、コリアン・サンクスギビングデーという。月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見たダイズ

    八月十五夜の月に対して「後(のち)の月」と呼ばれる。十三夜は日本独自の風習と言われている。ちょうど食べ頃の大豆や栗などを供えることから、この夜の月を豆名月(まめめいげつ)または栗名月(くりめいげつ)と呼ぶ。月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見た味噌煮込みうどん

    鍋焼きうどんや味噌煮込みうどんにも鶏卵を割り入れる場合も多いが、火が通って黄身が見えにくくなるためか、月見とは呼ばれない。月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見た枝豆

    現代では、月が見える場所などに、薄(すすき)を飾って月見団子・里芋・枝豆・栗などを盛り、御酒を供えて月を眺める(お月見料理)。この時期収穫されたばかりの里芋を供えることから、十五夜の月を特に芋名月(いもめいげつ)と言う地方もある。月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見た蕎麦

    茹でた蕎麦・うどんを丼に入れ、場合によって叢雲(むらくも)やススキに見立てた海苔(またはとろろ昆布やワカメで代用)を敷いてから、生卵を割り入れて、汁と薬味を添えたものを「月見うどん」、「月見そば」と呼ぶ。月見の風情をどんぶりの中に見立てたものである。本来、月見にこの海苔は必須であり、海苔なしの場合は「玉(ぎょく)」といった(「玉(ぎょく)落とし」「玉(ぎょく)入り」「玉(ぎょく)落ち」等)が、現代では海苔なしでも卵さえ入っていれば月見と言ってしまうことも多い。月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見たファーストキッチン

    マクドナルドでは1991年以来、秋限定メニューとして、9月から10月にかけて目玉焼きの入った「月見バーガー」を発売している(ただしこれ以前からファーストキッチンで同種のハンバーガーが売られており、オリジナルではない)。月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見た台湾

    中国、韓国、台湾では中秋節(:zh:中秋?)として盛大に祝う。中秋節は祝日となっている。中国では当日、月餅を食べながら月を観る慣習があったが、近年は月餅はひと月以上前から知人に配るようになったため、中秋当日までに月餅は食べ飽きてしまい、中秋当日には売れ残りを恐れて安売りされるという現象も起きている。月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見た獅子舞

    他の重要な行事は、中秋節の前や最中に行われる獅子舞である。獅子舞は、アマチュアの子どもチームと訓練されたプロの両方によって踊られる。獅子舞のグループは通りで踊り、家を訪れては踊ってもいいか尋ねる。もし許可があれば、獅子が家の中に入って踊り、家のために幸運を祈る。家主は感謝を込めて、ご祝儀の金銭を渡す。月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見た大韓民国

    中国、韓国、台湾では中秋節(:zh:中秋?)として盛大に祝う。中秋節は祝日となっている。中国では当日、月餅を食べながら月を観る慣習があったが、近年は月餅はひと月以上前から知人に配るようになったため、中秋当日までに月餅は食べ飽きてしまい、中秋当日には売れ残りを恐れて安売りされるという現象も起きている。月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見た竹取物語

    中国や日本では、単に月を愛でる慣習であれば古くからあり、日本では縄文時代頃からあると言われる。ただ、『竹取物語』には、月を眺めるかぐや姫を嫗が注意する場面があり、月見を忌む思想も同時にあったと推察される。月見 フレッシュアイペディアより)

84件中 21 - 30件表示

「月見」のニューストピックワード