84件中 31 - 40件表示
  • 月見

    月見から見た文旦

    台湾では中秋節は重要な民俗行事であり、全台湾が休日となる。月見をして月餅や文旦を食べる習慣がある。地区的な文化としては、美濃区の客家のアヒルを殺して食べる習慣や、宜蘭の小麦粉を練って中に黒糖を塗って焼いた「菜餅」を食べる習慣がある。また、台湾南部ではおもちや火鍋を食べる風習もある。月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見たふちゃぎ

    沖縄ではふちゃぎ(吹上餅)を作って供える。月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見た中華人民共和国

    中国、韓国、台湾では中秋節(:zh:中秋?)として盛大に祝う。中秋節は祝日となっている。中国では当日、月餅を食べながら月を観る慣習があったが、近年は月餅はひと月以上前から知人に配るようになったため、中秋当日までに月餅は食べ飽きてしまい、中秋当日には売れ残りを恐れて安売りされるという現象も起きている。月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見た阿弥陀如来

    天候次第で月を見られない場合もあるので地方によっては月待ちという風習があり、十七夜以降を立待月(たちまちづき)、居待月(いまちづき)、寝待月(ねまちづき)、更待月(ふけまちづき)、という。二十三夜待ちまでを行う地域が多くを占めたが、二十六夜待ちまで行う地域があり、月光に阿弥陀仏・観音・勢至の三尊が現れる、という口実を付けて月が昇る(深夜2時頃)まで遊興に耽った。この風習は明治時代に入ると急速に廃れていったようだ。月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見た美濃区

    台湾では中秋節は重要な民俗行事であり、全台湾が休日となる。月見をして月餅や文旦を食べる習慣がある。地区的な文化としては、美濃区の客家のアヒルを殺して食べる習慣や、宜蘭の小麦粉を練って中に黒糖を塗って焼いた「菜餅」を食べる習慣がある。また、台湾南部ではおもちや火鍋を食べる風習もある。月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見た

    当日の晩、獅子舞の獅子を子供に買い与え、子どもは友達とそれで遊ぶ。また子供たちは、の灯籠を持って遊びに出かけるが、これは登竜門の故事にちなんでいる。月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見た団子

    現代では、月が見える場所などに、薄(すすき)を飾って月見団子・里芋・枝豆・栗などを盛り、御酒を供えて月を眺める(お月見料理)。この時期収穫されたばかりの里芋を供えることから、十五夜の月を特に芋名月(いもめいげつ)と言う地方もある。月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見た動詞

    台湾では、かき氷のメニューのひとつとして「、ユエチエンピン」(月見氷)がある。かき氷の上に黒糖蜜、練乳、ドライフルーツなどのトッピングを乗せた後、真ん中にくぼみを作って、生卵の黄身を割り入れたものである。中国語で月見は「賞月」という言い方が普通であり、「月見」は日本語からの借用と考えられる(中国語は動詞 - 名詞の語順であり、「月見」のような名詞 - 動詞の語順は本来は用いない)。月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見た客家

    台湾では中秋節は重要な民俗行事であり、全台湾が休日となる。月見をして月餅や文旦を食べる習慣がある。地区的な文化としては、美濃区の客家のアヒルを殺して食べる習慣や、宜蘭の小麦粉を練って中に黒糖を塗って焼いた「菜餅」を食べる習慣がある。また、台湾南部ではおもちや火鍋を食べる風習もある。月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見た黒糖

    台湾では、かき氷のメニューのひとつとして「、ユエチエンピン」(月見氷)がある。かき氷の上に黒糖蜜、練乳、ドライフルーツなどのトッピングを乗せた後、真ん中にくぼみを作って、生卵の黄身を割り入れたものである。中国語で月見は「賞月」という言い方が普通であり、「月見」は日本語からの借用と考えられる(中国語は動詞 - 名詞の語順であり、「月見」のような名詞 - 動詞の語順は本来は用いない)。月見 フレッシュアイペディアより)

84件中 31 - 40件表示

「月見」のニューストピックワード