127件中 61 - 70件表示
  • 月見

    月見から見た述語

    台湾では、かき氷のメニューのひとつとして「、ユエチエンピン」(月見氷)がある。かき氷の上に黒糖蜜、練乳、ドライフルーツなどのトッピングを乗せた後、真ん中にくぼみを作って、生卵の黄身を割り入れたものである。中国語で月見は「賞月」という言い方が普通であり、「月見」は日本語からの借用と考えられる(中国語は述語 - 目的語のSVO型語順であり、「月見」のような目的語 - 述語の語順は本来は用いない)。月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見た隠喩

    なお、鶏卵の黄身を満月に例えた料理もその形から月見という(後節参照)。月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見た百人一首

    阿倍仲麻呂 「天の原 ふりさけみれば 春日なる 三笠の山に いでし月かも」(古今和歌集、百人一首月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見た唐代

    名月の日に月を鑑賞する風習の始まりは、唐代の頃からということしか分かっていない。宋代の『東京夢華録』には身分に関わらず街を挙げて夜通し騒ぐ様子が記録されている。この風習が貞観年間(859-877)の頃、日本の貴族社会に入ってきた。平安時代の月見は徐々に規模が大きくなり延喜19年(919)には宇多法皇が日本独自の十三夜の月見を催した。当時の日本での月見は詩歌や管絃を楽しみつつ酒を酌む、といった雅味な催しで庶民とは縁のないものだった。この頃の月見は中国、日本ともに願掛けや供え物といった宗教的な要素はなく、ただ月を眺めつつ楽しんでいた。月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見たソルラル

    韓国では、旧暦8月15日に行う秋夕(チュソク、)という、中秋節の行事の中に迎月という月見がある。しかし、秋夕の主体はお盆に似た墓参りなどであり、迎月は主要な風習ではなくなっている。また、ソルラルにも迎月を行う。月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見たお月見泥棒

    この他にも戦前から昭和中期にかけて(ところによって今日でも)、子供達が近隣の各家に供えてある月見団子や栗・柿・枝豆・芋・菓子類をその家人に見つからないように盗って回り、その年の収穫を皆で祈る(祝う)「お月見泥棒」という風習もあった(家人は子供たちの行いを見つけても見ない素振りをした)。月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見た晴天

    秋分は、北半球では太陽と月の角度により月の(地球から見た)位置が観月に最も適しており、これは旧暦の8月にあたる。今日における新暦(グレゴリオ暦)の日付では、秋分(9月23日頃)の前後半月の期間(1ヶ月間)の中で変動する(詳細は「8月15日 (旧暦)」を参照)。なお、日本の関東以西ではこの時期、晴天に恵まれる確率は低い。月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見た宜蘭県

    台湾では中秋節は重要な民俗行事であり、全台湾が休日となる。月見をして月餅やブンタン(文旦)を食べる習慣がある。地区的な文化としては、高雄市美濃区の客家のアヒルを殺して食べる習慣や、宜蘭の小麦粉を練って中に黒糖を塗って焼いた「菜餅」を食べる習慣がある。また、台湾南部ではおもちや火鍋を食べる風習もある。月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見た古今和歌集

    阿倍仲麻呂 「天の原 ふりさけみれば 春日なる 三笠の山に いでし月かも」(古今和歌集、百人一首)月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見た願掛け

    名月の日に月を鑑賞する風習の始まりは、唐代の頃からということしか分かっていない。宋代の『東京夢華録』には身分に関わらず街を挙げて夜通し騒ぐ様子が記録されている。この風習が貞観年間(859-877)の頃、日本の貴族社会に入ってきた。平安時代の月見は徐々に規模が大きくなり延喜19年(919)には宇多法皇が日本独自の十三夜の月見を催した。当時の日本での月見は詩歌や管絃を楽しみつつ酒を酌む、といった雅味な催しで庶民とは縁のないものだった。この頃の月見は中国、日本ともに願掛けや供え物といった宗教的な要素はなく、ただ月を眺めつつ楽しんでいた。月見 フレッシュアイペディアより)

127件中 61 - 70件表示

「月見」のニューストピックワード