84件中 61 - 70件表示
  • 月見

    月見から見たヒシ

    香港の公衆休日は旧暦八月十六日(中秋節の翌日)となっているが、幾つかの学校や会社は8月15日の午後から休みとする。人々は月餅を買う他、サトイモやスターフルーツやヒシを買ってお祝いをする。近年の香港では様々な新式月餅が起こり、特に冰皮月餅(アイス月餅)が流行している。夜には公園で市民がろうそくを灯し、灯籠を掛け、:zh:?蠟(大量の液化したロウに水をかけ、水蒸気と火炎が盛り上がるさまを楽しむ。)で遊ぶ者さえいる。しかし安全のため香港政府は1990年代初頭より、厳しく取り締まっている。香港の主要な公園には、大小の灯籠を飾り、気分を盛り上げる。月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見た南半球

    南米の日系人社会でも、日本と同様に十五夜の月を中秋の名月として観月する。ただし、南半球では春であり、月の位置も観月に適してはいない。月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見た目玉焼き

    マクドナルドでは1991年以来、秋限定メニューとして、9月から10月にかけて目玉焼きの入った「月見バーガー」を発売している(ただしこれ以前からファーストキッチンで同種のハンバーガーが売られており、オリジナルではない)。月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見た満月

    月見(つきみ)とは、月、主に満月を眺めて楽しむこと。観月(かんげつ)とも称する。月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見たお月見泥棒

    また戦前から昭和中期にかけて(ところにより今日でも)は、各家に供えてある月見団子や栗、柿、枝豆、芋、菓子類を近所の子どもたちがそこの家人に見つからないように(見つけても見ない素振り)捕って回りその年の収穫を皆で祈る(祝う)風習がある。(お月見泥棒)。月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見た宜蘭県

    台湾では中秋節は重要な民俗行事であり、全台湾が休日となる。月見をして月餅や文旦を食べる習慣がある。地区的な文化としては、美濃区の客家のアヒルを殺して食べる習慣や、宜蘭の小麦粉を練って中に黒糖を塗って焼いた「菜餅」を食べる習慣がある。また、台湾南部ではおもちや火鍋を食べる風習もある。月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見た姨捨山

    信州姨捨(長野県千曲市)月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見た縄文時代

    中国や日本では、単に月を愛でる慣習であれば古くからあり、日本では縄文時代頃からあると言われる。ただ、『竹取物語』には、月を眺めるかぐや姫を嫗が注意する場面があり、月見を忌む思想も同時にあったと推察される。月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見た渡月橋

    渡月橋(京都府京都市嵐山)月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見た銅鑼湾

    銅鑼湾の大坑では、ドラゴンダンスを3日続けて行う。これは客家の習慣で、旧暦8月14日から16日の3日間続けて行い、災いを消し貧乏から逃れることを願う。月見 フレッシュアイペディアより)

84件中 61 - 70件表示

「月見」のニューストピックワード