有吉道夫 ニュース&Wiki etc.

有吉道夫(ありよし みちお、1935年7月27日 - )は、将棋棋士、九段。2010年、引退。大山康晴十五世名人門下。棋士番号は66。岡山県備前市出身。 (出典:Wikipedia)

「有吉道夫」最新ニュース

「有吉道夫」Q&A

  • Q&A

    加藤一二三九段は、おじいちゃんになっても強いのですか。 さすがにA級棋士とは力の違い…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2013年8月1日 23:15

  • Q&A

    ●故米長永世棋聖の思い出を語ろう。 私は米長永世棋聖が大好きでした。 昨年12月18…

    [続きを読む]

    回答数:4質問日時 - 2013年1月14日 15:53

  • Q&A

    将棋連盟の新会長が谷川九段に決まりましたが、どう思いますか? 私は、まだ少し早いので…

    [続きを読む]

    回答数:9質問日時 - 2012年12月29日 12:31

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「有吉道夫」のつながり調べ

  • NHK杯テレビ将棋トーナメント

    NHK杯テレビ将棋トーナメントから見た有吉道夫

    第60回(2010年度)は、順位戦C級2組からの陥落により引退が決まっていた有吉道夫九段が74歳で予選を突破。本戦出場の最年長記録を更新した。1回戦で敗れたため、前記した丸田祐三の持つ最年長勝利記録は更新できなかった。この件がきっかけとなり、日本将棋連盟の引退日の規定が「引退が決まった年度末(3月31日)」から「引退が決まった年度に勝ち残っていた棋戦の最終対局日。但し、テレビ棋戦の場合は、対局の放映日」に変更された。(NHK杯テレビ将棋トーナメント フレッシュアイペディアより)

  • 内藤國雄

    内藤國雄から見た有吉道夫

    第56期(1997年度)順位戦B級1組で成績が振るわず、4勝8敗に終わる。その最終局(8敗目)の相手は丸山忠久であり、内藤が負けたことによって丸山は史上初の「B級1組12戦全勝」の記録を作った。このとき内藤と有吉道夫が同時にB級2組へ降級したことは、世代交代の象徴と見る向きもあった(内藤と有吉は長年関西のライバルとしてしのぎを削った間柄である)。しかし、内藤は翌期のB級2組順位戦で、最終局を残して9戦全勝とし、その時点でB級1組への即復帰を決める(最終局は負け)。しかし、その頃にNHKラジオ第1放送に出演した際、「もう1敗しても昇級できたんですよ」と述べ、巡り合せの悪さをコメントしている。(内藤國雄 フレッシュアイペディアより)

「有吉道夫」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「有吉道夫」のニューストピックワード

  • ジョブチューン 女子アナSP フリーだから女子アナのヒミツぶっちゃけます!