前へ 1 2 3 4 5
48件中 1 - 10件表示
  • 坪内利幸

    坪内利幸から見た有吉道夫有吉道夫

    坪内 利幸(つぼうち としゆき、1949年2月1日 - )は、将棋棋士。棋士番号105。兵庫県神戸市出身。有吉道夫九段門下。2009年3月31日引退。坪内利幸 フレッシュアイペディアより)

  • 有森浩三

    有森浩三から見た有吉道夫有吉道夫

    有森 浩三(ありもり こうぞう、1963年2月13日 - )は、将棋棋士。有吉道夫九段門下。棋士番号は158。岡山県岡山市出身。有森浩三 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た有吉道夫有吉道夫

    ところが、それから1年間、羽生は王将戦第7局の前に既に防衛していた棋王戦(対・森下卓)を含め、名人戦(対・森下卓)、棋聖戦(対・三浦弘行)、王位戦(対・郷田真隆)、王座戦(対・森雞二)、竜王戦(対・佐藤康光)と六冠の防衛に全て成功する。なお、これらの防衛戦の間に通算タイトル獲得数が谷川の20期(当時)を超え、大山、中原に次ぐ歴代3位となっている。その傍ら、第45期王将リーグは対・中原戦で1敗を喫したものの、村山聖、森内俊之、丸山忠久、郷田真隆、有吉道夫に勝って5勝1敗の1位となり、2期連続で谷川王将への挑戦権を勝ち取る。なお、これらの防衛戦、リーグ戦の中では、終盤戦で相手の悪手に助けられた逆転勝ちがいくつもあった。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤國雄

    内藤國雄から見た有吉道夫有吉道夫

    第56期(1997年度)順位戦B級1組で成績が振るわず、4勝8敗に終わる。その最終局(8敗目)の相手は丸山忠久であり、内藤が負けたことによって丸山は史上初の「B級1組12戦全勝」の記録を作った。このとき内藤と有吉道夫が同時にB級2組へ降級したことは、世代交代の象徴と見る向きもあった。しかし、内藤は翌期のB級2組順位戦で、最終局を残して9戦全勝とし、その時点でB級1組への即復帰を決める(最終局は負け)。しかし、その頃にNHKラジオ第1放送に出演した際、「もう1敗しても昇級できたんですよ」と述べ、巡り合せの悪さをコメントしている。内藤國雄 フレッシュアイペディアより)

  • きしろ杯争奪関西女流メイショウ戦

    きしろ杯争奪関西女流メイショウ戦から見た有吉道夫有吉道夫

    優勝者には賞金30万円が贈られる他に、男性タイトル経験棋士と平手での賞金付き記念対局が組まれた。第1回には有吉道夫九段、第2回には福崎文吾九段、第3回には南芳一九段が登場した。きしろ杯争奪関西女流メイショウ戦 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎一生

    高崎一生から見た有吉道夫有吉道夫

    2009年3月、第67期(2008年度)C級2組順位戦の最終第10局は、勝てば初の昇級となる一番だったが、既に降級点を2つ持ち降級の危機にあった有吉道夫に敗れて昇級を逸する。有吉は当時73歳で、負ければ規定により引退となる可能性が高い一局であった。高崎一生 フレッシュアイペディアより)

  • 早指し将棋選手権

    早指し将棋選手権から見た有吉道夫有吉道夫

    早指し将棋選手権の最多優勝は大山康晴と米長邦雄の4回である。優勝3回で中原誠・加藤一二三・羽生善治、優勝2回で桐山清澄・有吉道夫・丸山忠久が続いていた。早指し将棋選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋宗桂 (8代)

    大橋宗桂 (8代)から見た有吉道夫有吉道夫

    有吉道夫『日本将棋大系 第7巻 九代大橋宗桂』(筑摩書房、1979年)大橋宗桂 (8代) フレッシュアイペディアより)

  • 大橋宗英 (6代)

    大橋宗英 (6代)から見た有吉道夫有吉道夫

    有吉道夫『日本将棋大系 第7巻 九代大橋宗桂』(筑摩書房、1979年)大橋宗英 (6代) フレッシュアイペディアより)

  • 玉頭位取り

    玉頭位取りから見た有吉道夫有吉道夫

    有吉道夫が玉頭位取りの得意な棋士として知られていた。玉頭位取り フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
48件中 1 - 10件表示

「有吉道夫」のニューストピックワード