48件中 11 - 20件表示
  • 林まゆみ

    林まゆみから見た有吉道夫有吉道夫

    林 まゆみ(はやし まゆみ、1968年12月31日 - )は、将棋の元女流棋士。2010年8月10日、日本将棋連盟を退会。退会以前は、女流三段、師匠は有吉道夫九段、女流棋士番号は29。現役引退は2010年3月31日。林まゆみ フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺正和 (棋士)

    渡辺正和 (棋士)から見た有吉道夫有吉道夫

    2005年5月15日、朝日アマ名人戦で、天野高志名人との三番勝負に勝利し、歴代最年少記録の19歳3か月で獲得。これにより参加資格を得た第24回朝日オープン将棋選手権では、プロに3連勝(阪口悟四段、浦野真彦七段、有吉道夫九段)し予選決勝まで進み、矢倉規広五段(当時)に敗れる。アマチュア時代の活躍は他に、平成最強戦優勝(2005年)・準優勝(2001年)、赤旗名人戦準優勝(2003年)。渡辺正和 (棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 盤寿

    盤寿から見た有吉道夫有吉道夫

    これ以降、木村嘉孝(1931年生まれ)、二上達也・賀集正三(1932年生まれ)、長谷部久雄・関屋喜代作・吉田利勝(1933年生まれ)、北村昌男・剱持松二(1934年生まれ)、有吉道夫・木村義徳(1935年生まれ)、佐伯昌優(1936年生まれ)が2016年の年明け時点までに盤寿を迎えている。盤寿 フレッシュアイペディアより)

  • 小堀清一

    小堀清一から見た有吉道夫有吉道夫

    明治生まれの棋士で最も遅くまで現役を続けた。現役最後の1986年の順位戦の成績は2勝8敗。当時15歳の羽生善治四段とも当たった。敗れはしたものの1時まで熱戦を繰り広げた挙げ句に翌日の午前8時ごろに清掃員にとめられるまで感想戦をしていたという。70歳の時の第40期順位戦C級2組で7勝3敗の成績をおさめ、有吉道夫に破られるまで順位戦勝ち越しの最年長記録であったとされている。小堀清一 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部久雄

    長谷部久雄から見た有吉道夫有吉道夫

    第10回(1971年度)王座戦で有吉道夫、二上達也、大山康晴らを破り挑戦者決定戦に進むが、加藤一二三に敗れる。長谷部久雄 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田利勝

    吉田利勝から見た有吉道夫有吉道夫

    第27期(1975年度後期)棋聖戦で大内延介、有吉道夫らを破り挑戦者決定戦まで勝ち進むが、二上達也に敗れ、タイトル挑戦はならず。吉田利勝 フレッシュアイペディアより)

  • 高島弘光

    高島弘光から見た有吉道夫有吉道夫

    第12期(1968年度前期)棋聖戦本戦トーナメントで有吉道夫、大山康晴らを破り挑戦者決定戦に進出するも、中原誠に敗れる。勝勢になりながら歩打ちが失着で逆転負けを喫した後の感想戦で、「歩を打ったのが失着とわかれば成り捨てれば(元の形に戻って)よかったのでは」という意見が出た時に高島は「打ったばかりの歩を捨てるなんて、そんな手は死んでも指せん」と言ったという逸話がある(河口俊彦「一局の将棋 一回の人生」新潮文庫)。なお、続く第13期(1968年度後期)でも本戦準決勝に進出している。高島弘光 フレッシュアイペディアより)

  • 田辺一郎

    田辺一郎から見た有吉道夫有吉道夫

    第32回(1982年度)NHK杯戦で本戦出場。1回戦で有吉道夫九段を破る。田辺一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高田丈資

    高田丈資から見た有吉道夫有吉道夫

    第1回(1972年度後期)早指し将棋選手権で本戦2回戦に進出(中原名人(三冠)に敗れる)。同棋戦ではその後も活躍しており、第4回(1974年度前期)では本戦3回戦進出(桐山に敗れる)。第5回(1974年度後期)では早指しを得意とする加藤一二三(元十段)を予選で破り、本戦では2回戦まで進出。第10回(1977年度前期)では本戦1回戦進出。第11回1977年度後期)では本戦2回戦進出(中原名人(四冠)に敗れる)。第12回(1978年度)では本戦で森安秀光らを破り4回戦進出(有吉道夫(元棋聖)に敗れる)。高田丈資 フレッシュアイペディアより)

  • 松浦隆一

    松浦隆一から見た有吉道夫有吉道夫

    第33回NHK杯(1回戦で有吉道夫に敗れる。)松浦隆一 フレッシュアイペディアより)

48件中 11 - 20件表示

「有吉道夫」のニューストピックワード