48件中 21 - 30件表示
  • 児玉孝一

    児玉孝一から見た有吉道夫有吉道夫

    第34回(2000年度)早指し将棋選手権で本戦出場。1回戦で有吉道夫(元棋聖)に勝ち、2回戦で羽生に負ける。児玉孝一 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬戸博晴

    瀬戸博晴から見た有吉道夫有吉道夫

    第15回(1981年度)早指し将棋選手権…1回戦で有吉道夫に敗れる。瀬戸博晴 フレッシュアイペディアより)

  • オールスター勝ち抜き戦

    オールスター勝ち抜き戦から見た有吉道夫有吉道夫

    11回:森安秀光(1981年)、有吉道夫(1984年)、丸山忠久(1994年)オールスター勝ち抜き戦 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿野圭生

    鹿野圭生から見た有吉道夫有吉道夫

    鹿野 圭生(かの たまお、1961年11月1日 - )は、日本女子プロ将棋協会(LPSA)所属の女流棋士。香川県高松市出身。松山商科大学人文学部卒業。有吉道夫門下。LPSA番号8。以前は日本将棋連盟所属に所属し、当時の女流棋士番号は旧23。結婚のため、現在の本名は鈴木 圭生(鹿野は旧姓)。鹿野圭生 フレッシュアイペディアより)

  • 土佐浩司

    土佐浩司から見た有吉道夫有吉道夫

    1976年2月、20歳でプロ入り。しかし、その頃に名人戦・順位戦の主催紙移行問題があり、初の順位戦を戦うまで実質1年間待たされることになる。そのかたわら、初参加の十段戦(第16期・1977年度)において予選を6連勝で通過し、難関の十段リーグに入る。四段の棋士の十段リーグ入りは初。リーグ戦では残留はならなかったものの、米長邦雄・大山康晴・有吉道夫を負かしている。土佐浩司 フレッシュアイペディアより)

  • 浦野真彦

    浦野真彦から見た有吉道夫有吉道夫

    1995年度のB級2組順位戦で9勝1敗の成績を収め、B級1組に初昇級した。しかし、明くる1996年度のB級1組順位戦では、有吉道夫、青野照市、小林健二、内藤國雄、田丸昇とともに6名で5勝7敗の成績に並んで終え、B級1組初参加のためリーグ表で下位の浦野は1期でB級2組へ降級してしまうという不運を味わった。浦野真彦 フレッシュアイペディアより)

  • 中田功

    中田功から見た有吉道夫有吉道夫

    プロとなった弟子に佐藤天彦がおり、奨励会にも中田門下の会員が複数在籍している。佐藤が四段となった時に中田は39歳2ヶ月であり、師匠の大山・兄弟子の有吉道夫に続き30代でプロ棋士の師匠となる。中田功 フレッシュアイペディアより)

  • 森下卓

    森下卓から見た有吉道夫有吉道夫

    1987年度、早指し将棋選手権戦決勝 有吉道夫に敗れる。森下卓 フレッシュアイペディアより)

  • 佐伯昌優

    佐伯昌優から見た有吉道夫有吉道夫

    1972年、第21期棋聖戦の本戦で丸田祐三、二上達也に勝ち、準決勝進出(有吉道夫に敗れる)。佐伯昌優 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋宗桂 (9代)

    大橋宗桂 (9代)から見た有吉道夫有吉道夫

    有吉道夫『日本将棋大系 第7巻 九代大橋宗桂』(筑摩書房、1979年)大橋宗桂 (9代) フレッシュアイペディアより)

48件中 21 - 30件表示

「有吉道夫」のニューストピックワード