前へ 1 2 3 4 5 6 7
62件中 1 - 10件表示
  • 有吉道夫

    有吉道夫から見た米長邦雄

    第21期(1972年度後期)棋聖戦 で中原棋聖(名人・十段と合わせ、三冠王)に挑戦。五番勝負では2連敗の後に3連勝し、タイトル奪取(1973年2月5日)。しかし、翌期は米長邦雄にタイトルを奪われてしまう(一方の米長は、これが初のタイトル獲得であった)。結果的に、これが棋士人生で唯一のタイトル獲得歴となった。有吉道夫 フレッシュアイペディアより)

  • 有吉道夫

    有吉道夫から見た羽生善治

    第12回(1991年度)JT将棋日本シリーズで決勝進出。羽生善治に敗れ、準優勝。有吉道夫 フレッシュアイペディアより)

  • 有吉道夫

    有吉道夫から見た中原誠

    第17回(1969年度)王座戦で決勝三番勝負に進出。中原誠に1勝2敗で敗れる。同年、第9回最強者決定戦の決勝三番勝負では大友昇を2勝0敗で破り、優勝。有吉道夫 フレッシュアイペディアより)

  • 有吉道夫

    有吉道夫から見た棋聖戦 (将棋)

    棋聖のタイトル獲得1回のほか優勝9回。また、タイトル戦の舞台での大山との師弟対決は4度実現。有吉道夫 フレッシュアイペディアより)

  • 有吉道夫

    有吉道夫から見た内藤國雄

    現役55年を数え、2001年には史上6人目の通算1000勝(特別将棋栄誉賞)を達成。過去に4人しかいない『六十歳代A級棋士』の一人でもあった。順位戦A級在籍21期。同じ関西本部所属では、内藤國雄とは自他ともに認めるライバル関係で、関西将棋界を牽引。有吉道夫 フレッシュアイペディアより)

  • 有吉道夫

    有吉道夫から見た引退

    そして迎えた2008年度の第67期順位戦C級2組最終局(2009年3月10日)は、負ければ3勝7敗で降級点累積3点となり、規定により引退の可能性大という戦いとなった。一方、有吉の対局相手は、自身が勝てば昇級という新鋭の高崎一生であったため、この一番は大いに注目され、対局場所の関西将棋会館には数多くの報道陣が集まった。結果は有吉の勝ち。対局後のインタビューでは「将棋そのものが好きだし、面白い」と、現役続行の意欲を語った。有吉の将棋への情熱に対し、谷川浩司は「棋士室で若手棋士と研究会に励む姿は、これからも多くのメッセージを与える事でしょう」とコメントを残している。有吉道夫 フレッシュアイペディアより)

  • 有吉道夫

    有吉道夫から見た内弟子

    年齢差が12歳ほどしかない大山の一番弟子で、1951年に15歳で入門してからの奨励会の4年間、大山のもとで内弟子生活を送る。有吉道夫 フレッシュアイペディアより)

  • 有吉道夫

    有吉道夫から見た升田幸三

    1957年度、難関・王将リーグ(第7期)に、初めて入る。第12期(1962年度)には、二上達也、加藤一二三、升田幸三、山田道美らを破り6勝1敗で1位タイとなるが、プレーオフで二上に敗れ、挑戦権を逸する(一方の二上は、その勢いに乗ったまま大山から王将位を奪取する)。有吉道夫 フレッシュアイペディアより)

  • 有吉道夫

    有吉道夫から見た加藤一二三

    1957年度、難関・王将リーグ(第7期)に、初めて入る。第12期(1962年度)には、二上達也、加藤一二三、升田幸三、山田道美らを破り6勝1敗で1位タイとなるが、プレーオフで二上に敗れ、挑戦権を逸する(一方の二上は、その勢いに乗ったまま大山から王将位を奪取する)。有吉道夫 フレッシュアイペディアより)

  • 有吉道夫

    有吉道夫から見た矢倉規広

    同年4月30日、竜王戦5組残留決定戦で勝ち、相手の木下浩一を6組に降級させ、自らは次期竜王戦に参加できないにもかかわらず、5組に「残留」した。5月23日、NHK杯本戦1回戦で高橋道雄に敗戦、翌5月24日に棋王戦予選4回戦で矢倉規広に敗戦し、参加中だった全ての棋戦への参加が終了した。引退決定となる対局からなお10局を指し、6勝4敗であった。有吉道夫 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
62件中 1 - 10件表示

「有吉道夫」のニューストピックワード

  • ジョブチューン 女子アナSP フリーだから女子アナのヒミツぶっちゃけます!