62件中 51 - 60件表示
  • 有吉道夫

    有吉道夫から見た銀将

    自玉を堅く囲った後、一転して猛烈に攻める棋風で、「火の玉流」と言われる。矢倉戦の先手番で右のを▲4六から使う戦法は「有吉流」と言われる。対振り飛車では玉頭位取り戦法を好み、著書も出している。有吉道夫 フレッシュアイペディアより)

  • 有吉道夫

    有吉道夫から見た散歩

    趣味は毎日欠かさない散歩有吉道夫 フレッシュアイペディアより)

  • 有吉道夫

    有吉道夫から見た竜王戦

    竜王戦1組 通算6期(第1-6期)有吉道夫 フレッシュアイペディアより)

  • 有吉道夫

    有吉道夫から見た玉将

    を堅く囲った後、一転して猛烈に攻める棋風で、「火の玉流」と言われる。矢倉戦の先手番で右の銀を▲4六から使う戦法は「有吉流」と言われる。対振り飛車では玉頭位取り戦法を好み、著書も出している。有吉道夫 フレッシュアイペディアより)

  • 有吉道夫

    有吉道夫から見た名人戦 (将棋)

    第9期(1968年度)王位戦で、大山に2度目の挑戦(2勝4敗で敗退)。また、第23期(1968年度)A級順位戦で8勝2敗で優勝し、ついに、名人戦七番勝負(第28期名人戦)の舞台で大山名人と戦う。3勝2敗として大山を追い詰めるが、そこから2連敗で惜敗。有吉道夫 フレッシュアイペディアより)

  • 有吉道夫

    有吉道夫から見た王位戦

    1966年、第7期王位戦の王位リーグを抜け、挑戦者決定戦で山田に勝ち、タイトル初挑戦。師匠の大山との初のタイトル戦でもある。七番勝負の結果は1勝4敗で敗退。有吉道夫 フレッシュアイペディアより)

  • 有吉道夫

    有吉道夫から見た将棋栄誉賞

    1980年 将棋栄誉賞(通算600勝)有吉道夫 フレッシュアイペディアより)

  • 有吉道夫

    有吉道夫から見た矢倉囲い

    将棋に熱中したきっかけは、「矢倉囲いの美しさに感動したから」だという。有吉道夫 フレッシュアイペディアより)

  • 有吉道夫

    有吉道夫から見た趣味

    趣味は毎日欠かさない散歩。有吉道夫 フレッシュアイペディアより)

  • 有吉道夫

    有吉道夫から見た将棋会館

    そして迎えた2008年度の第67期順位戦C級2組最終局(2009年3月10日)は、負ければ3勝7敗で降級点累積3点となり、規定により引退の可能性大という戦いとなった。一方、有吉の対局相手は、自身が勝てば昇級という新鋭の高崎一生であったため、この一番は大いに注目され、対局場所の関西将棋会館には数多くの報道陣が集まった。結果は有吉の勝ち。対局後のインタビューでは「将棋そのものが好きだし、面白い」と、現役続行の意欲を語った。有吉の将棋への情熱に対し、谷川浩司は「棋士室で若手棋士と研究会に励む姿は、これからも多くのメッセージを与える事でしょう」とコメントを残している。有吉道夫 フレッシュアイペディアより)

62件中 51 - 60件表示

「有吉道夫」のニューストピックワード

  • ジョブチューン 女子アナSP フリーだから女子アナのヒミツぶっちゃけます!