前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
304件中 1 - 10件表示
  • 佐賀県

    佐賀県から見た有明海有明海

    唐津・伊万里・有田などは古くから陶磁器の産地として有名である。玄界灘と有明海の二つの海に接する。佐賀県 フレッシュアイペディアより)

  • 筑後川

    筑後川から見た有明海有明海

    筑後川(ちくごがわ)は、阿蘇山を水源として九州地方北部を東から西に流れ有明海に注ぐ川である。河川法に基づき国土交通省政令によって1965年(昭和40年)に指定された一級水系・筑後川水系の本流で、一級河川に指定されている。筑後川 フレッシュアイペディアより)

  • 筑紫平野

    筑紫平野から見た有明海有明海

    筑紫平野(ちくしへいや/つくしへいや〔国土地理院の場合〕)は、福岡県・佐賀県の南部、有明海の湾奥に面する九州最大の平野で、南東を耳納山地・筑肥山地、北西部を脊振山地、北東を古処山、馬見山などに囲まれている。面積は約1200平方キロメートル。九州最大の河川である筑後川および矢部川、嘉瀬川、六角川などの河川により形成された平野である。筑紫平野 フレッシュアイペディアより)

  • ビゼンクラゲ

    ビゼンクラゲから見た有明海有明海

    日本では、古くは吉備の穴海(現在の岡山県岡山市の児島湾に相当する内海。cf. 児島半島)が名産地であったことから「備前水母(意:備前国のクラゲ)」と呼ばれるようになったといわれている。九州北部の有明海沿岸では今も昔も「あかくらげ(赤水母)」と方言で呼ばれている(ただし、標準和名で「アカクラゲ」と呼ばれるクラゲは別[目レベルで別種]にいるので注意)。ビゼンクラゲ フレッシュアイペディアより)

  • 熊本市

    熊本市から見た有明海有明海

    市の西部は有明海(島原湾)に面し、白川や坪井川が注ぎ込む。海は遠浅で港湾とするには適しておらず、臨海部はほとんど工業化・都市化していない。わずかに沖合に人工島を造成し熊本港が建設され、対岸の長崎県島原市とのフェリー航路が設定されているが、周辺土地の分譲はほとんど進んでいない。市の北西側には金峰山(665m)・二の岳(685m)などがそびえ、その東麓は中心部から伸びる住宅地と森林が入り交じる。熊本市 フレッシュアイペディアより)

  • 佐賀市

    佐賀市から見た有明海有明海

    佐賀県の経済・行政の中心地。有明海から脊振山地までを縦断する広い市域を有し、市街地は佐賀平野の中心付近に位置する。秋には嘉瀬川河川敷を中心に佐賀インターナショナルバルーンフェスタが開催され、バルーン(熱気球)の街として賑わう。佐賀市 フレッシュアイペディアより)

  • 熊本県

    熊本県から見た有明海有明海

    県庁所在地は熊本市(政令指定都市)。令制国の肥後国に当たる。有明海、不知火海、東シナ海に面している。また、日本第2位の阿蘇カルデラを持つ阿蘇山が知られる。熊本県 フレッシュアイペディアより)

  • 福岡県

    福岡県から見た有明海有明海

    北部は日本海(響灘・玄界灘)、東部は瀬戸内海(周防灘)、筑後地方は有明海に面している。県の中心部を筑紫山地が連なっており、筑後川・矢部川・遠賀川流域、宗像地域、京築地域では平野が広がっており水田地帯が多い。福岡県 フレッシュアイペディアより)

  • 筑後大堰

    筑後大堰から見た有明海有明海

    独立行政法人水資源機構(施工当時は水資源開発公団)が管理する可動堰で、筑後川の治水及び福岡県福岡地方や筑後地方、佐賀県に水を供給する利水目的を有し、筑後川水系水資源開発基本計画によって建設されているため堰ではあるが多目的ダムの扱いを受ける。福岡市の水がめの一つ。建設時にはダムと環境の問題を巡って漁業協同組合とのあつれきが激しく、現在でも有明海のノリ養殖の不漁の一因とされることがある。その一方で日本住血吸虫症の撲滅といった環境改善にも役割を果たしているとの指摘もある。筑後大堰 フレッシュアイペディアより)

  • 緑川

    緑川から見た有明海有明海

    緑川(みどりかわ)は、熊本県中部を流れ有明海の島原湾に注ぐ緑川水系の本流で、一級河川である。緑川 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
304件中 1 - 10件表示

「有明海」のニューストピックワード