352件中 91 - 100件表示
  • 飽田町

    飽田町から見た有明海有明海

    熊本市の西南部に隣接していた。町域西部は有明海に面する。飽田町 フレッシュアイペディアより)

  • ダムと環境

    ダムと環境から見た有明海有明海

    多目的ダムの中には有明海や瀬戸内海に注ぐ河川(筑後川・吉井川等)のように冬季渇水期にノリ養殖保全のため、漁業協同組合の要請でダムの放流が行われる例も有る。また、先述の発電専用ダムにおいても、後述の大井川や信濃川のように流域自治体の要請により放流量を増加するケースが増え、ダム自体にも維持放流設備を備えるものが多くなってきている。この場合、住民の要請を受けた河川管理者(国土交通省や都道府県知事)が電力会社に仲介・交渉することが多い。ダムと環境 フレッシュアイペディアより)

  • 凌風丸 (佐賀藩)

    凌風丸 (佐賀藩)から見た有明海有明海

    就役後、1865年3月29日(慶応1年3月1日)には、藩主が乗船して諫早湾の航海を行っている。その後も有明海での要人輸送などに使用された。1870年6月(明治3年5月)、有明海の竹崎鼻付近で座礁して廃船となり、外国人に売却された。凌風丸 (佐賀藩) フレッシュアイペディアより)

  • オーシャンアロー (高速フェリー)

    オーシャンアロー (高速フェリー)から見た有明海有明海

    オーシャンアローは、熊本フェリーと運輸施設整備事業団の発注により建造されたカーフェリー。超細長双胴船と呼ばれる船型を採用した高速の双胴船である。建造は石川島播磨重工業(現・IHI)。1998年4月に就航し、有明海を横断する熊本港?島原港の航路を従来フェリーの半分の所要時間(約30分)で結んでいる。オーシャンアロー (高速フェリー) フレッシュアイペディアより)

  • 早崎瀬戸

    早崎瀬戸から見た有明海有明海

    島原半島南部沿岸は起伏の激しい岩礁底が広がり、南端の瀬詰崎から対岸の天草下島まで 4.4 km ほどで、有明海の入口に位置することから、全国的に見ても潮流が早く日本三大潮流のひとつに数えられている。水深最大150m、潮流は最大8ノットと云われ、プランクトンの発生が活発で魚の餌の宝庫であることから、多くの魚種が集まる絶好の漁場が形成されている。おもに真鯛・アラカブ(カサゴ)・伊勢海老・ヒラメ・ブリ(ハマチ)・カワハギ・アジ・真ダコ・ミズイカ(アオリイカ)など。また、豊富な魚に集まるミナミバンドウイルカの群れも見られるため、最近ではイルカウォッチングも観光資源として定着している。早崎瀬戸 フレッシュアイペディアより)

  • 島原半島

    島原半島から見た有明海有明海

    島原半島(しまばらはんとう)は、九州の西北にあって、西、そして南に向けてくの字状に突き出した陸地の南部から、3つに分かれる半島群のうち、もっとも左、南東に突き出す半島である。全体は、北岸は有明海に面する。その西部、半島の付け根部の有明海は諫早湾と呼ばれる。東岸から東南岸は有明海の開口部である島原湾に面し、熊本市、宇土半島、天草上島と対峙する。南端は瀬詰崎といい、ここから早崎瀬戸を挟んで天草下島まで 4.4 km ほどである。西岸は橘湾に面し、長崎半島に対峙する。半島中央の幅は約 15 km 、長さは測り方によるが約 40 km である。島原半島 フレッシュアイペディアより)

  • アミ (甲殻類)

    アミ (甲殻類)から見た有明海有明海

    曳網などで漁獲されるが、全体的に漁業としての規模は小さい。日本では主にイサザアミを対象とした霞ヶ浦での漁業が有名。このほか有明海や厚岸湖などでも漁獲される。アミ (甲殻類) フレッシュアイペディアより)

  • 俵山

    俵山から見た有明海有明海

    春の野焼きで山腹には広い草原が維持されている。阿蘇山など周辺への眺望にすぐれ、登山やハイキングに人気がある。山腹の西側には熊本市や有明海方面を遠望する扇坂展望所、東側には阿蘇五岳と眼下のカルデラを一望におさめる俵山峠展望台がある。山頂へは揺ヶ池の登山口から徒歩で登るコースと、俵山展望台の駐車場まで車で登るコースなどがある。俵山 フレッシュアイペディアより)

  • 不知火 (妖怪)

    不知火 (妖怪)から見た有明海有明海

    不知火(しらぬい)は、九州に伝わる怪火の一種。旧暦7月の晦日の風の弱い新月の夜などに、八代海や有明海に現れるという。なお、現在も見え、大気光学現象の一つとされている。不知火 (妖怪) フレッシュアイペディアより)

  • 立花鑑賢

    立花鑑賢から見た有明海有明海

    寛政元年7月8日(1789年8月28日)、柳河にて生まれる。父・鑑一は寛政元年8月11日(1789年9月29日)の立花鑑門の死去により、祖父・鑑通の嗣子となったが、寛政5年(1793年)に鑑通より先に早世した。その跡を幼少の鑑賢が継ぐわけにもいかず、家督は叔父で鑑一の弟・立花鑑寿が継いだ。寛政11年(1799年)9月28日、鑑寿の養嗣子となる。文化5年(1808年)、養父・鑑寿の娘と結婚する。そして鑑寿死後の文政3年(1820年)6月19日、家督を相続した。その後は藩政改革に取り組み、藩校である伝習院を創設する。さらに検見法を石見に改め、米札を発行し、さらに郷方仕組を制定する。また、農業の副業奨励、新田開発、有明海沿岸の埋め立てなどにも尽力している。幕府からも鶴岡八幡宮の普請手伝いを請け負っている。立花鑑賢 フレッシュアイペディアより)

352件中 91 - 100件表示

「有明海」のニューストピックワード