352件中 11 - 20件表示
  • 筑後大堰

    筑後大堰から見た有明海有明海

    独立行政法人水資源機構(施工当時は水資源開発公団)が管理する可動堰で、筑後川の治水及び福岡県福岡地方や筑後地方、佐賀県に水を供給する利水目的を有し、筑後川水系水資源開発基本計画によって建設されているため堰ではあるが多目的ダムの扱いを受ける。建設時にはダムと環境の問題を巡って漁業協同組合とのあつれきが激しく、現在でも有明海のノリ養殖の不漁の一因とされることがある。その一方で日本住血吸虫症の撲滅といった環境改善にも役割を果たしているとの指摘もある。筑後大堰 フレッシュアイペディアより)

  • シラウオ

    シラウオから見た有明海有明海

    日本には3属4種が分布するが、アリアケシラウオとアリアケヒメシラウオは有明海周辺だけに分布している。この2種類は分布が極めて局地的な上に絶滅寸前というところまで個体数が減っているため、どちらもに指定されている。シラウオ フレッシュアイペディアより)

  • エフエム熊本

    エフエム熊本から見た有明海有明海

    1985年11月1日に全国19番目(九州で4番目)のFM局として開局した、熊本県唯一の県域FM局。熊本県内はもちろんのこと、福岡県筑後地方、佐賀県南部、長崎県島原半島等有明海沿岸、鹿児島県北薩地区、宮崎県五ヶ瀬町域でも直接聴取可能で、県外のリスナーもかなり多い。エフエム熊本 フレッシュアイペディアより)

  • 嘉瀬川

    嘉瀬川から見た有明海有明海

    脊振山地の佐賀県神埼市脊振町服巻付近、脊振山の西方が源流。佐賀平野に入るまでは川上川とも称される。上流部には北山ダムがある。平野部に入ってからは一部天井川となり、佐賀市の西端をなしつつ有明海北端に注ぐ。嘉瀬川 フレッシュアイペディアより)

  • 天草灘

    天草灘から見た有明海有明海

    南と西は東シナ海に開けている。南東部は甑島列島の上甑島で、薩摩半島基部との間は甑海峡とも呼ばれる海域。東部は天草下島と鹿児島県長島の間から八代海に繋がり、天草下島に羊角湾が切れこむ。天草下島と島原半島の間の早崎瀬戸から有明海・八代海へ繋がり、その北の長崎半島と島原半島に囲まれた海域は橘湾(千々石湾)と呼ばれる。北の福江島と長崎半島の間は五島灘・角力灘へ繋がる。天草灘 フレッシュアイペディアより)

  • 北部九州

    北部九州から見た有明海有明海

    明治時代になると、北部九州や山陽地方は経済や軍事の要衝となった。特に北九州・筑豊一帯には、筑豊炭田や八幡製鉄所などが立地し製鉄工業の中心地ともなった。また、有明海沿岸の三池炭鉱なども隆盛を極めた。この時代は、高度経済成長期まで続いた。北部九州 フレッシュアイペディアより)

  • 干潟

    干潟から見た有明海有明海

    干潟は、細かい砂や泥がある程度の面積で堆積した潮間帯である。一般に河川や沿岸流によって運ばれてきた土砂が、海岸や河口部、ラグーン(潟湖)に堆積することで形成される。運ばれた土砂は水流が激しい場所では流されてしまうため岩礁や砂浜になるが、水流・波が弱い場所では堆積する。したがって、干潟は内湾の奥や大きな河川の河口域によく発達する。日本では九州・有明海周辺に大規模なもの(干出面積20,713ha、1990年)が見られる。干潟 フレッシュアイペディアより)

  • 山陽本線優等列車沿革

    山陽本線優等列車沿革から見た有明海有明海

    「有明」(ありあけ) 目的地付近の湾「有明海」にちなむ。山陽本線優等列車沿革 フレッシュアイペディアより)

  • 川副町

    川副町から見た有明海有明海

    佐賀県の南東端、佐賀市の南隣に位置する。町域の南側は有明海に面し、東側は筑後川河口の西岸にあり福岡県と接する。町域すべてが筑紫平野(佐賀平野)に含まれており、町の南にある佐賀空港を含め、面積の半分以上は江戸時代中期から行われた干拓によって作られた土地であるため、低平で起伏が少ない地形である。川副町 フレッシュアイペディアより)

  • ムツゴロウ

    ムツゴロウから見た有明海有明海

    ムツゴロウ(鯥五郎、学名 Boleophthalmus pectinirostris )は、スズキ目・ハゼ科に属する魚の一種。潮が引いた干潟の上で生活する魚として知られ、有明海・八代海を含む東アジアに分布する。有明海沿岸ではムツ、ホンムツなどと呼ばれる。ムツゴロウ フレッシュアイペディアより)

352件中 11 - 20件表示

「有明海」のニューストピックワード