304件中 21 - 30件表示
  • 北部九州

    北部九州から見た有明海有明海

    明治時代になると、北部九州や山陽地方は経済や軍事の要衝となった。特に北九州・筑豊一帯には、筑豊炭田や八幡製鉄所などが立地し製鉄工業の中心地ともなった。また、有明海沿岸の三池炭鉱なども隆盛を極めた。この時代は、高度経済成長期まで続いた。北部九州 フレッシュアイペディアより)

  • シラウオ

    シラウオから見た有明海有明海

    日本には3属4種が分布するが、アリアケシラウオとアリアケヒメシラウオは有明海周辺だけに分布している。この2種類は分布が極めて局地的な上に絶滅寸前というところまで個体数が減っているため、どちらもに指定されている。シラウオ フレッシュアイペディアより)

  • 干拓

    干拓から見た有明海有明海

    ここでは日本で最も規模が大きい有明海の干拓を例にとる。干拓 フレッシュアイペディアより)

  • ムツゴロウ

    ムツゴロウから見た有明海有明海

    ムツゴロウ(鯥五郎、学名 Boleophthalmus pectinirostris )は、スズキ目・ハゼ科に属する魚の一種。潮が引いた干潟の上で生活する魚として知られ、有明海・八代海を含む東アジアに分布する。有明海沿岸ではムツ、ホンムツなどと呼ばれる。ムツゴロウ フレッシュアイペディアより)

  • 干潟

    干潟から見た有明海有明海

    干潟は、細かい砂や泥がある程度の面積で堆積した潮間帯である。一般に河川や沿岸流によって運ばれてきた土砂が、海岸や河口部、ラグーン(潟湖)に堆積することで形成される。運ばれた土砂は水流が激しい場所では流されてしまうため岩礁や砂浜になるが、水流・波が弱い場所では堆積する。したがって、干潟は内湾の奥や大きな河川の河口域によく発達する。日本では九州・有明海周辺に大規模なもの(干出面積20,713ha、1990年)が見られる。干潟 フレッシュアイペディアより)

  • 荒尾市

    荒尾市から見た有明海有明海

    面積は57.15km?。西は有明海に面し、北は福岡県大牟田市と境を接している。熊本・福岡両県内ではグリーンランド(旧三井グリーンランド)やウルトラマンランドがあることで知られている。荒尾市 フレッシュアイペディアより)

  • 白石町

    白石町から見た有明海有明海

    白石町(しろいしちょう)は、佐賀県の中南部に位置し、有明海の広い干拓地と干潟で知られる町である。杵島郡に属する。白石町 フレッシュアイペディアより)

  • TVQ九州放送

    TVQ九州放送から見た有明海有明海

    TVQの直接受信可能エリアは広く、福岡・佐賀両県のほぼ全域と山口県西部(下関 - 山口市南部の周防灘沿岸部)、長崎県有明海沿岸部と壱岐・対馬両市、大分県北西部(中津 - 宇佐付近・日田)、熊本県北部(熊本市以北)、愛媛・島根両県の一部である。また、。特に、佐賀県ではほぼ全域でアナログ・デジタル双方共良好に受信できる上、ケーブルテレビでの再送信も行っており、視聴者が多く、正規の放送エリアとも遜色のない待遇となっている。TVQ九州放送 フレッシュアイペディアより)

  • タイラギ

    タイラギから見た有明海有明海

    日本では房総半島以南に分布し、内湾の10m未満からおよそ50m程度の深度に生息する。特に東京湾、伊勢湾、三河湾、瀬戸内海(播磨灘、大阪湾、備讃瀬戸、備後灘、周防灘、伊予灘)、有明海などが主要な生息地であるが、現在の主要産地としては、三河湾、播磨灘、備讃瀬戸、伊予灘である。海外では、西太平洋からベンガル湾にかけて分布するとされるが(波部,1977)、日本における2型のような同胞種が多く存在する可能性がある。タイラギ フレッシュアイペディアより)

  • 除川

    除川から見た有明海有明海

    熊本県熊本市孫代町を源流として、中島町で一部農業用水路として分流した後、有明海(島原湾)に流れる。除川 フレッシュアイペディアより)

304件中 21 - 30件表示

「有明海」のニューストピックワード