304件中 31 - 40件表示
  • 千間江湖川

    千間江湖川から見た有明海有明海

    熊本県熊本市護藤町を源流として、護藤町土井畑で天明新川から分流した後、有明海(島原湾)に流れる。千間江湖川 フレッシュアイペディアより)

  • 住ノ江港

    住ノ江港から見た有明海有明海

    住ノ江港(すみのえこう)とは佐賀県杵島郡白石町と小城市芦刈町に跨って位置する国土交通省指定の地方港湾。有明海の最奥部、六角川の河口近くに位置する河川港である。住ノ江港 フレッシュアイペディアより)

  • ヒロクチカノコ

    ヒロクチカノコから見た有明海有明海

    九州以北産は東京湾以西に分布していたが東京湾で絶滅し、21世紀初頭時点の分布域は三河湾から九州までである。瀬戸内海や有明海等大規模な内湾の沿岸に比較的多産する。汽水域のヨシ原を伴う軟泥干潟に生息するが、波が当たる所や流水がある所には見られず、水が淀んだ、あるいは細流が流入する程度の区域を好む。生息地では干潟の水溜まり内を這う、あるいは転石や流木等に付着する様が観察できる。同所的に見られる動物は、貝類ではイシマキガイ、ウミニナ、フトヘナタリ等、貝類以外ではアベハゼ、フタバカクガニ、クロベンケイガニ等である。ヒロクチカノコ フレッシュアイペディアより)

  • 天明町

    天明町から見た有明海有明海

    熊本市中心部の南西約8kmの場所に位置していた。西部は有明海に面し、南部は緑川を挟んで宇土市に接した。天明町 フレッシュアイペディアより)

  • 飽田町

    飽田町から見た有明海有明海

    熊本市の西南部に隣接していた。町域西部は有明海に面する。飽田町 フレッシュアイペディアより)

  • むつかけ

    むつかけから見た有明海有明海

    むつかけは、有明海の干潟に生息するムツゴロウを捕るための漁法。むつかけ フレッシュアイペディアより)

  • 有家川

    有家川から見た有明海有明海

    有家川(ありえがわ)は、島原半島の雲仙岳南麓を南へ流れ下り、有明海南部へ注ぐ二級河川である。流域は長崎県南島原市に属するが、源流域は雲仙市にも属する。島原半島では千々石川・有馬川に次ぐ3番目の河川規模をもつ。有家川 フレッシュアイペディアより)

  • 富士川漻

    富士川漻から見た有明海有明海

    富士川はその後も駐留米軍の要請で、戦後も韓国に残り技術指導を続けた後、1948年帰国。広島大学水畜産学部教授として迎えられ後進の指導にあたった。また比治山女子短期大学教授等を務めながら水産化学、製造学の研究を続け、福山市芦田川河口や岡山県児島湾等で海苔養殖技術を指導。その後、福岡県に招聘されると福岡県水試有明海水産試験場を設立し、有明海の海苔養殖の基礎を築いた。富士川の開発した養殖法は西日本各地で普及したが、これは朝鮮製法が日本へ逆輸入した珍しい例としても知られる。富士川漻 フレッシュアイペディアより)

  • 宇土半島

    宇土半島から見た有明海有明海

    宇土半島(うとはんとう)は熊本県中部にある半島。半島の北部は有明海、南部は八代海に面し両海を分断する。また三角の瀬戸(半島との海峡)を挟んで天草諸島への玄関口にもなっている。古い火山性の山地であり半島中央部には標高478mの大岳がそびえる。宇土半島 フレッシュアイペディアより)

  • 手鎌村

    手鎌村から見た有明海有明海

    西は有明海に面し、南は大牟田町、東は銀水村、北東は倉永村、北は開村と接していた(開村は現在のみやま市)。手鎌村 フレッシュアイペディアより)

304件中 31 - 40件表示

「有明海」のニューストピックワード