352件中 31 - 40件表示
  • コノシロ

    コノシロから見た有明海有明海

    沿岸漁業の定置網、刺し網、地引き網などで漁獲されるが、サビキ釣りでも釣れることがある。最も漁獲量が多いのは伊勢湾地域で、瀬戸内海西部がこれに次ぎ、九州中部がこれに次ぐ。有明海沿岸域では1990年代後半頃から漁獲量が減っている。コノシロ フレッシュアイペディアより)

  • 平成21年7月中国・九州北部豪雨

    平成21年7月中国・九州北部豪雨から見た有明海有明海

    河川から栄養分を含む雨水が有明海に流入した影響から、長崎県では、7月22日、島原半島沿岸の有明海南部で養殖ブリ約1万7000匹が死ぬ赤潮による漁業被害が発生。長崎市沖の橘湾東部においても7月6日・7月7日に赤潮が発生、7月26日に橘湾での拡大を確認した。平成21年7月中国・九州北部豪雨 フレッシュアイペディアより)

  • 蓮池町

    蓮池町から見た有明海有明海

    古代の蓮池は有明海に面する海岸だったと考えられている。平安時代に平氏が台頭すると、蓮池にある蒲田津という港は貿易船が出入りする地となった。この時代に当地を治めた平家家臣の蓮池氏の一族が四国の土佐国に移り、蓮池城(土佐市)を築いたとされている。まもなく平氏が滅亡したあとも、平氏の残党がここに移り住んだとも伝えられている。蓮池町 フレッシュアイペディアより)

  • 九州王朝説

    九州王朝説から見た有明海有明海

    「押し照る」の意味は「一面に照る。照り渡る。」であり、「難波」の枕詞「押し照る」の意味は、「太陽光が水面に反射して一面に照り輝く」であると考えられる。日本では水平線近くにある太陽といえば昇る朝日である。また日本では旭日は国の象徴であり高貴なものであることから「押し照る」が天皇の宮のある「難波」の地を美辞する言葉になったと考えられる。筑後川の流れ込む「有明海(有明の沖)」とは「夜明けの海」の意味であり、「押し照る」は波が静かで朝焼けが神々しい有明海干潟にこそ相応しい枕詞である。九州王朝説 フレッシュアイペディアより)

  • 干拓

    干拓から見た有明海有明海

    ここでは日本で最も規模が大きい有明海の干拓を例にとる。干拓 フレッシュアイペディアより)

  • 大牟田市

    大牟田市から見た有明海有明海

    九州の中部に位置し、西は有明海に面している。みやま市高田町(旧三池郡高田町)や熊本県荒尾市、玉名郡南関町、同郡長洲町を含む独立した都市圏(大牟田都市圏)を形成している。大牟田市 フレッシュアイペディアより)

  • 除川

    除川から見た有明海有明海

    熊本県熊本市孫代町を源流として、中島町で一部農業用水路として分流した後、有明海(島原湾)に流れる。除川 フレッシュアイペディアより)

  • 千間江湖川

    千間江湖川から見た有明海有明海

    熊本県熊本市護藤町を源流として、護藤町土井畑で天明新川から分流した後、有明海(島原湾)に流れる。千間江湖川 フレッシュアイペディアより)

  • むつかけ

    むつかけから見た有明海有明海

    むつかけは、有明海の干潟に生息するムツゴロウを捕るための漁法。むつかけ フレッシュアイペディアより)

  • 富士川漻

    富士川漻から見た有明海有明海

    富士川はその後も駐留米軍の要請で、戦後も韓国に残り技術指導を続けた後、1948年帰国。広島大学水畜産学部教授として迎えられ後進の指導にあたった。また比治山女子短期大学教授等を務めながら水産化学、製造学の研究を続け、福山市芦田川河口や岡山県児島湾等で海苔養殖技術を指導。その後、福岡県に招聘されると福岡県水試有明海水産試験場を設立し、有明海の海苔養殖の基礎を築いた。富士川の開発した養殖法は西日本各地で普及したが、これは朝鮮製法が日本へ逆輸入した珍しい例としても知られる。富士川漻 フレッシュアイペディアより)

352件中 31 - 40件表示

「有明海」のニューストピックワード