352件中 41 - 50件表示
  • 有明海及び八代海を再生するための特別措置に関する法律

    有明海及び八代海を再生するための特別措置に関する法律から見た有明海有明海

    有明海及び八代海を再生するための特別措置に関する法律(ありあけかいおよびやつしろかいをせいせいするためのとくべつしょちにかんするほうりつ、平成14年11月29日法律第120号)は、2002年11月29日に公布および施行された日本の環境の法律である。この法律は「有明海及び八代海が、国民にとって貴重な自然環境及び水産資源の宝庫として、その恵沢を国民がひとしく享受し、後代の国民に継承すべきものであることにかんがみ、有明海及び八代海の再生に関する基本方針を定めるとともに、有明海及び八代海の海域の特性に応じた当該海域の環境の保全及び改善並びに当該海域における水産資源の回復等による漁業の振興に関し実施すべき施策に関する計画を策定し、その実施を促進する等特別の措置を講ずることにより、国民的資産である有明海及び八代海を豊かな海として再生すること」を目的としている(1条)。有明海及び八代海を再生するための特別措置に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 次郎丸岳

    次郎丸岳から見た有明海有明海

    九州百名山の一つ。次郎丸岳と太郎丸岳とは、兄弟関係であるといわれている山でもあり、山頂からは、阿蘇山や、有明海を望むことができる。また、伝説として、弟が兄より標高が高いのは、次郎丸岳が太郎丸岳の陰で夕日が見えないと頼んだので、兄が弟のために背を低くしたからであるという説がある。次郎丸岳 フレッシュアイペディアより)

  • 河内川 (熊本県)

    河内川 (熊本県)から見た有明海有明海

    熊本県熊本市西区河内町岳から河内町河内付近で岩戸川と合流し、そして河内町船津の有明海(島原湾)に注ぐ。河内川 (熊本県) フレッシュアイペディアより)

  • 長崎県道47号雲仙西有家線

    長崎県道47号雲仙西有家線から見た有明海有明海

    長崎県道47号雲仙西有家線(ながさきけんどう47ごう うんぜんにしありえせん)は、長崎県雲仙市小浜町雲仙から、有明海を臨みながら同県南島原市西有家町須川で国道251号に合流する主要地方道である。長崎県道47号雲仙西有家線 フレッシュアイペディアより)

  • 有家川

    有家川から見た有明海有明海

    有家川(ありえがわ)は、島原半島の雲仙岳南麓を南へ流れ下り、有明海南部へ注ぐ二級河川である。流域は長崎県南島原市に属するが、源流域は雲仙市にも属する。島原半島では千々石川・有馬川に次ぐ3番目の河川規模をもつ。有家川 フレッシュアイペディアより)

  • 有明町 (佐賀県)

    有明町 (佐賀県)から見た有明海有明海

    有明町(ありあけちょう)は、有明海に面した佐賀県にあった町である。江戸時代から昭和時代まで有明海干拓で土地を広げ続けた。2005年1月1日に、同じ杵島郡の白石町、福富町と合併し、新たに「白石町」となったため消滅した。有明町 (佐賀県) フレッシュアイペディアより)

  • 長崎振興局

    長崎振興局から見た有明海有明海

    諫早(有明海側)+島原 → 県南長崎振興局 フレッシュアイペディアより)

  • 田尻惟信

    田尻惟信から見た有明海有明海

    田尻 惟信(たじり これのぶ )は江戸時代の筑後国柳河藩の家臣で、一時期浪人となる。藩職は普請役。矢部川改修や回水路新設、柳河藩領の有明海海岸埋め立てや磯島、唐男、高碇井堰の新設などの土木事業に貢献。田尻惟信 フレッシュアイペディアより)

  • タビラクチ

    タビラクチから見た有明海有明海

    日本(有明海、八代海、瀬戸内海)、フィリピン、インドに分布し、干潟に生息する。タビラクチ フレッシュアイペディアより)

  • 磯女

    磯女から見た有明海有明海

    長崎の千々岩海や有明海では磯女を「ヨロヅセナノ」と呼び、以下のような話がある。磯女 フレッシュアイペディアより)

352件中 41 - 50件表示

「有明海」のニューストピックワード