304件中 61 - 70件表示
  • ネイブルランド

    ネイブルランドから見た有明海有明海

    大牟田市にあった三井三池炭鉱の閉山を見据え、石炭産業に代わる新しい産業の開発の一環として建設されたテーマパークである。大牟田市・福岡県と三井鉱山・三井化学などの三井系企業が出資して1989年に第三セクター企業の株式会社ネイブルランドが設立され、有明海臨海地域にある11ヘクタールの貯炭場跡地に遊園地・水族館・亜熱帯植物園を建設し、1995年7月に開園した。ネイブルランド フレッシュアイペディアより)

  • 水間氏

    水間氏から見た有明海有明海

    水沼氏は大和政権の一員として筑紫地方を支配していたとみられ、久留米市大善寺(だいぜんじ)には、水沼氏のものとされる御塚(おんつか)と権現塚(ごんげんづか)の二つの古墳が残っている。また、日本書紀には、雄略天皇の時代に呉から天皇に献じられた鵞鳥を水間君の犬が喰ってしまい、鴻10羽と養鳥人(とりかい)を献じて罪を贖い許されたとの記事も残っており、大陸から有明海、筑後川を経て筑紫に到った使者を迎える役を担っていたとも推察される。なお、電話帳の記載によると、現在、水間を名乗る世帯は日本に1300余である。水間氏 フレッシュアイペディアより)

  • 次郎丸岳

    次郎丸岳から見た有明海有明海

    九州百名山の一つ。次郎丸岳と太郎丸岳とは、兄弟関係であるといわれている山でもあり、山頂からは、阿蘇山や、有明海を望むことができる。また、伝説として、弟が兄より標高が高いのは、次郎丸岳が太郎丸岳の陰で夕日が見えないと頼んだので、兄が弟のために背を低くしたからであるという説がある。次郎丸岳 フレッシュアイペディアより)

  • 眉山 (島原市)

    眉山 (島原市)から見た有明海有明海

    1792年(寛政4年) - 群発地震と普賢岳の噴火の後、火山性地震を直接の原因とした山体崩壊が発生し、多量の土砂が有明海に流れ込んだことにより島原大変肥後迷惑が発生した(詳細は当該項目を参照)。眉山 (島原市) フレッシュアイペディアより)

  • 小松正之

    小松正之から見た有明海有明海

    捕鯨条約、絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約(ワシントン条約)など国際条約関係に多く携わり、商業捕鯨再開を目指す日本、ひいては捕鯨賛成国全体の代表的存在。日本人の官僚としては珍しい国際会議でのタフネゴシエーターぶりは有名。とりわけ捕鯨問題に関しては、海洋漁業部遠洋漁業課の捕鯨班担当課長補佐、同課総括課長補佐、漁政部国際課漁業交渉官、漁政部参事官、増殖資源部漁場資源課長などと職権は次々と変わったが、人事権者からの指示により一貫して属人的に扱った。同問題はきわめて専門的領域であり、これに深く通暁していたことから、上司から与えられた事実上の職権を駆使し、捕獲頭数増、捕獲鯨種拡大などを起案し、これを国策として実現させた。鯨や鮪などの国際資源、および鰯、鯖などの沿岸資源の評価、またダイオキシンや水銀の蓄積、東京湾の再生事業や有明海、八代海の対策なども担当していた。小松正之 フレッシュアイペディアより)

  • 熊本平野

    熊本平野から見た有明海有明海

    熊本平野(くまもとへいや)は、日本の九州地方、熊本県中北部に位置する沖積平野。広さは775キロ平方メートルである。平野の東側は阿蘇山の外輪山に、西側は有明海の島原湾に、南側に宇土半島・雁回山に面しており、白川や緑川が横断する。熊本平野 フレッシュアイペディアより)

  • カラムシロ

    カラムシロから見た有明海有明海

    日本(有明海、瀬戸内海)に導入されて定着している。カラムシロ フレッシュアイペディアより)

  • シバエビ

    シバエビから見た有明海有明海

    クルマエビと同様に有明海や三河湾など大規模な内湾が多産地として知られる。漁の盛期は冬だが、西日本で冬にまとまって漁獲されるエビは本種だけである。底引き網やエビ刺し網で漁獲される。有明海では伝統漁法の「あんこう網」で、ワラスボやウシノシタ類などと共に漁獲されている。シバエビ フレッシュアイペディアより)

  • 島原温泉

    島原温泉から見た有明海有明海

    有明海に面し熊本方面とアクセスする島原外港近くに宿泊施設が集まる。また、温泉浴場として「ゆとろぎの湯」がある。温泉街という雰囲気ではないが、各旅館とも見晴らしが良く、九十九島(つくもじま)とよばれる有明海と風光明媚な島原の海岸線を一望する。また、市街の至る所に自噴の湧水がある。湯温は高温で、橘湾 (長崎県)地下のマグマだまりが熱源となっている。島原温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 橘湾 (長崎県)

    橘湾 (長崎県)から見た有明海有明海

    橘湾では、有明海から出てきた沿岸水と外洋水が混じり、海況の変化に富む。沿岸漁業が盛んで、巻き網によるイワシ・アジ・サバ漁、小型底引きによるエビ・エソ漁、釣りによるタチウオ・ハモ漁などが行われる。また、牧島・戸石地区ではマダイやトラフグなどの養殖も行われている。橘湾 (長崎県) フレッシュアイペディアより)

304件中 61 - 70件表示

「有明海」のニューストピックワード