352件中 71 - 80件表示
  • 天明新川

    天明新川から見た有明海有明海

    熊本市中央区の平成駅付近で二ノ井手などの白川系の水路が合流して、熊本流通団地中央部や野越団地東端を経て南区南高江7丁目付近で旧天明新川から分岐した農業用水路と合流し、川尻・天明の両地区流れ、緑川に合流し有明海に流れる。天明新川 フレッシュアイペディアより)

  • アカシタビラメ

    アカシタビラメから見た有明海有明海

    有明海地方では靴の底に似ていることから、「くつぞこ」が次第に訛り、「クチゾコ」、「クッゾコ」と呼ばれている。アカシタビラメ フレッシュアイペディアより)

  • 筑紫海

    筑紫海から見た有明海有明海

    筑紫海 フレッシュアイペディアより)

  • 宝満山

    宝満山から見た有明海有明海

    山頂の眺望は抜群で、西から脊振山地の山々、博多湾・玄界灘・三郡連山(砥石山・三郡山・頭巾山・仏頂山・宝満山)・英彦山・古処山・馬見山・津江山地・九重山の山々・福岡・筑後・佐賀の三平野・有明海の彼方に雲仙岳も遠望でき、稜線沿いに仏頂山・三郡山へと至る道は人気の高いハイキングコースである。数多くの登山道があるが、太宰府側からのものが登山者が多い。宝満山 フレッシュアイペディアより)

  • 有馬川

    有馬川から見た有明海有明海

    有馬川(ありまがわ)は、島原半島南部を東へ流れ、有明海へ注ぐ二級河川である。流域は長崎県南島原市に属するが、源流部は雲仙市にも属する。有馬川 フレッシュアイペディアより)

  • ヒガシナメクジウオ

    ヒガシナメクジウオから見た有明海有明海

    学術上重要なものとして古くから知られており、日本では愛知県蒲郡市大島と広島県三原市有龍島がナメクジウオ生息地として国指定の天然記念物となっている。ただし、そのころには分布域内の干潟等では普通種であった。しかし、これらの地域を含め、各地で激減している。上記指定地でも潮間帯の個体群はほぼ壊滅状態にあるという。有明海などにはまだ高密度で生息する地域もあるが、その面積は狭く、まばらに点在する状態であるという。蒲郡市の指定地域では、1968年までは見られたものの、その後は記録がない。ヒガシナメクジウオ フレッシュアイペディアより)

  • 佐賀導水事業

    佐賀導水事業から見た有明海有明海

    佐賀県の南部を占める佐賀平野は、北の脊振山地、南の有明海に挟まれた沖積平野で現在も干拓やガタの堆積により拡張を続けている地域である。ここを流れる河川は、最大6メートルにも及ぶ干満差を有する有明海の影響を受けると共に、低平地のため河床勾配が緩く小河川が多いことから、佐賀平野は古来より氾濫や内水による浸水被害が頻発する地域であった。また、山が浅く水源に乏しいのに対して平地が広く、渇水時には水不足による被害を被る地域でもある。更に、不足する水需要を地下水の汲み上げに頼ったことから、昭和30年代後半より大規模な地盤沈下も社会問題となっていた。佐賀導水事業 フレッシュアイペディアより)

  • 甘木山

    甘木山から見た有明海有明海

    大牟田市北部にある山で、山頂付近からは有明海や大牟田市街地を一望することができる。大牟田市内における花見や遠足の定番スポットのひとつである。甘木山 フレッシュアイペディアより)

  • 加来止男

    加来止男から見た有明海有明海

    熊本県八代市出身。熊本県立八代中学校より海軍兵学校(42期)に進む。席次は入校時120名中98番、卒業時117名中43番。外交官・加来美智雄は兄。八代中学2年に在学中、有明海に練習艦隊が入港したのを見て感激したのが契機で海軍士官を志願したという。第二航空戦隊司令官・山口多聞と共に退艦を拒否して戦死した。加来止男 フレッシュアイペディアより)

  • 石丸勝一

    石丸勝一から見た有明海有明海

    その後は秩禄処分により家禄を失った士族を救済するため「授産社」を設立し、有明海沿岸の埋築事業で成功を収めたほか、佐賀新聞の創立の際には副社長兼印刷人を務め、小説の連載を行うなど大衆相手の新聞つくりを行い部数を伸ばすことに成功している。石丸勝一 フレッシュアイペディアより)

352件中 71 - 80件表示

「有明海」のニューストピックワード