352件中 81 - 90件表示
  • 愛藤寺城

    愛藤寺城から見た有明海有明海

    緑川と千滝川に挟まれ、津留の緑川海運とつながる白糸の道は、有明海の緑川河口近くにある重要な港湾「川尻」とつながるもので、当時は重要であった。この城は、津留と浜町と結ぶその延長線上にあり、南の守りと、北から攻められた時に逃げ込む城としての役目もあったと考えられる。愛藤寺城 フレッシュアイペディアより)

  • 干潟よか公園

    干潟よか公園から見た有明海有明海

    干潟よか公園(ひがたよかこうえん)とは、佐賀県佐賀市東与賀町に所在する公園である。昭和天皇最後の御幸地である東与賀海岸沿いにあり、有明海の干潟に面している。2004年(平成16年)に開園した。干潟よか公園 フレッシュアイペディアより)

  • 手鎌村

    手鎌村から見た有明海有明海

    西は有明海に面し、南は大牟田町、東は銀水村、北東は倉永村、北は開村と接していた(開村は現在のみやま市)。手鎌村 フレッシュアイペディアより)

  • 住吉自然公園

    住吉自然公園から見た有明海有明海

    この公園は有明海(島原湾)に面している。住吉自然公園 フレッシュアイペディアより)

  • ダム再開発事業

    ダム再開発事業から見た有明海有明海

    大抵においてはダム湖の堆砂を除去するのと同時に更に湖底を掘削してダム湖の水深を深くし、新規の貯水容量確保を求めて行われる。特に上水道供給の目的で行われるケースが多く、1978年(昭和53年)の通称『福岡砂漠』で全く枯渇してしまった福岡市の水源である南畑ダム(那珂川)では、ダム湖を掘削して貯水容量を増やし新規上水道供給を図る「南畑ダム再開発事業」に乗り出した。建設省(現・国土交通省)も筑後川水系の松原ダム(筑後川)・下筌ダム(津江川)において、従来の目的には無かった上水道供給と有明海へのノリ養殖のための河川維持用水供給を目的に「松原・下筌ダム再開発事業」を施工した。これにより福岡市内における渇水被害は皆無とは行かないにしろ軽減された。また、有明海のノリ養殖では渇水期に緊急放流を行うことによってノリの色落ちを防ぎ品質維持に役立っている。ダム再開発事業 フレッシュアイペディアより)

  • 河内町河内

    河内町河内から見た有明海有明海

    熊本市北西部に位置する。西部は有明海・島原湾に面している。北で河内町船津、北東で河内町野出、南東で松尾町平山、南で松尾町近津と隣接する。河内みかんの産地であり段々畑がみられる。河内町河内 フレッシュアイペディアより)

  • ナシフグ

    ナシフグから見た有明海有明海

    韓国産輸入ナシフグによる食中毒が発生したことで、1993年から一時期日本全国でナシフグの販売が禁止されたが、1995年には有明海・橘湾、1998年には香川県・岡山県の瀬戸内海沿岸産ナシフグが解禁された。日本において、漁獲海域を限定して販売許可措置がとられているフグは本種のみである。ナシフグ フレッシュアイペディアより)

  • ヌマムツ

    ヌマムツから見た有明海有明海

    静岡県から琵琶湖周辺、瀬戸内海沿岸を経て九州の有明海沿岸河川まで分布する。用水路や湖沼などカワムツよりさらに流れの緩やかな生息環境を好む。カワムツは上流側、ヌマムツは下流側や本流に通じる用水路や支流と棲み分けていることが多いが、生息環境の悪化から同一の場で採捕されることもある。ヌマムツ フレッシュアイペディアより)

  • 新田

    新田から見た有明海有明海

    このほか、東北地方の各地、吉備の穴海・児島湾、有明海などで河口・沼・干潟の農地化・新田開発が進められ、農地が広がった。特に東北など、それまで辺境だった地域でも米の生産が急上昇して、その経済が潤い文化の発展に繋がった。新田 フレッシュアイペディアより)

  • うつろひ

    うつろひから見た有明海有明海

    歌詩に出てくる「針摺瀬戸」をして「かいきょう」と読ませているが、本来は「はりずりのせと」と読む。宮崎は魏志倭人伝の記述に沿って邪馬臺国の所在地を比定するにあたって博多湾と有明海が水路で繋がっていたと仮説を立てた。この仮説は宮崎没後間もなくの1980年に真鍋大覚らの調査によって実在が確認されている。うつろひ フレッシュアイペディアより)

352件中 81 - 90件表示

「有明海」のニューストピックワード