304件中 81 - 90件表示
  • 龍石駅

    龍石駅から見た有明海有明海

    この駅は有明海に面して設けられている。駅から有明海を望むと、対岸は熊本県である。住宅はやや多い。商店はない。龍石駅 フレッシュアイペディアより)

  • 田尻惟信

    田尻惟信から見た有明海有明海

    田尻 惟信(たじり これのぶ )は江戸時代の筑後国柳河藩の家臣で、一時期浪人となる。藩職は普請役。矢部川改修や回水路新設、柳河藩領の有明海海岸埋め立てや磯島、唐男、高碇井堰の新設などの土木事業に貢献。田尻惟信 フレッシュアイペディアより)

  • 長島 (鹿児島県)

    長島 (鹿児島県)から見た有明海有明海

    長島は古くは仲島あるいは大仲島と呼ばれていた。4世紀頃には当時有明海から八代海にかけて勢力を保っていた肥君(火の君)一族の勢力下にあり、天草諸島の島々とともに天草国(後の肥後国天草郡)の一部となっていた。778年(宝亀9年)11月13日に遣唐使の船が漂着し、このことに因んだ唐隈という地名が残されている。戦国時代には相良氏の勢力下にあったが、1565年(永禄8年)から1581年(天正9年)にかけて起こされた幾度かの侵攻を受けて島津氏の勢力下に加えられた。江戸時代には大嶽野牧場苑や国見野牧場苑などの牧場があり馬の放牧が盛んであった。1889年(明治22年)の町村制施行に伴って東長島村(後の東町)と西長島村(後の長島町)に分割されたが2006年(平成18年)に長島町へ統合されている。長島 (鹿児島県) フレッシュアイペディアより)

  • 愛野町

    愛野町から見た有明海有明海

    島原半島の付け根の最も細い部分に至る直前に位置し、北は有明海の一部である諫早湾、南は橘湾に面する。その位置的特性から島原半島の玄関口として、半島内の周回ルートと半島外を結ぶ交通の要衝となっている。中世までは西側に隣接する諫早市森山町(旧北高来郡森山町)の前身である森山村との境界を流れる大江川(現有明川)河口の入り江の森山側が港として島原半島内への陸上交通とリンクし、交通の要衝としての機能が大きかったが、江戸時代に森山側での干拓が進行して海港としての機能を喪失し、海上交通と陸上交通のリンクを形成する海港機能は大江川の愛野側に移り、愛野側が交通の要衝の地位を獲得した。その過程では干拓地を広げようとする佐賀藩重臣諫早家領の森山側と、海港機能を確保しようとする島原藩領の愛野側との紛争が何度も発生している。愛野町 フレッシュアイペディアより)

  • 九州の鉄道

    九州の鉄道から見た有明海有明海

    軍港である佐世保に近い早岐経由で建設されていた長崎本線は、路線延長も短く急勾配もない有明海沿いのルートが1934年(昭和9年)12月1日に開業するとともに新ルートに切り替わり、旧線は佐世保線の一部と大村線とされた。九州の鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 江戸小路 (柳川市)

    江戸小路 (柳川市)から見た有明海有明海

    柳川は、柳川城の堀割が外堀の内と外に網の目のように張り巡らされていることから「水郷」と呼ばれているが、この堀割の水を引いて池としたり、堀割の流れそのものを池と見なしたりする庭園が、かつては外堀の内外に多数存在した。特に江戸小路には、このような堀割と一体となる水系をなす池泉を持つ庭園が現在も数軒残っており、『柳川百選』にも選ばれている。国の名勝に指定されている旧戸島邸は、その代表的なものである。柳川の堀割は、有明海の干満の影響を受ける感潮堀(海水が水門から遡上することはない。)のため、堀の水を引いた池は、全て水位が変化する潮入(汐入)の庭となっている。江戸時代には、江戸下町、特に諸大名の下屋敷で潮入の庭が流行していたことから、江戸小路に住んだ江戸定府帰りが好んでこのような庭を作ったと見られている。江戸小路 (柳川市) フレッシュアイペディアより)

  • アシハラガニ

    アシハラガニから見た有明海有明海

    アシハラガニ(葦原蟹)、学名 Helice tridens は、十脚目モクズガニ科(旧分類ではイワガニ科)に分類されるカニの一種。東アジアの干潟とその上部の塩沼に生息する中型のカニである。地方名としてシオガニ(佐賀県有明海沿岸)等もある。アシハラガニ フレッシュアイペディアより)

  • 三和商船

    三和商船から見た有明海有明海

    三和商船 (さんわしょうせん)は、有明海の島原湾水域に航路を持つフェリー会社。三和商船 フレッシュアイペディアより)

  • 菊池川

    菊池川から見た有明海有明海

    阿蘇外輪山の尾ノ岳(標高1041m)南麓に発し、上流の菊池渓谷を経て西流。和水町北部で南流へと大きく転じ、玉名市市街地南部をかすめて有明海に注ぐ。河口部では干拓が行われてきた。菊池川 フレッシュアイペディアより)

  • シーボルト台風

    シーボルト台風から見た有明海有明海

    シーボルト台風(シーボルトたいふう)は、グレゴリオ暦の1828年9月17日、(旧暦文政11年8月9日)に日本に襲来し、九州地方や中国地方にかけて大被害をもたらした台風である。襲来した文政11年が戊子に当たることから、子年の大風(ねのとしのおおかぜ)とも呼ばれる。有明海で高潮が発生し、佐賀藩だけで死者が約1万人、九州北部全体で死者約1万9千人に達する被害が出た。シーボルト台風 フレッシュアイペディアより)

304件中 81 - 90件表示

「有明海」のニューストピックワード