145件中 91 - 100件表示
  • 有明海

    有明海から見た共振

    潮の干満差が大きく、湾口の早崎瀬戸で平均3-4m、湾奥の大浦港(佐賀県太良町)で平均5mであり、最大で約6mに達する。干満差が大きくなる原因は、有明海の場合は潮汐による海水の動き(潮汐振動)と湾の形状に左右される海水の動き(固有振動)が似通っていて、共振が発生しているためと考えられている。このような条件が揃う湾は世界的に見てもそれほど多くない。有明海 フレッシュアイペディアより)

  • 有明海

    有明海から見た固有種

    大陸系遺存種が多い有明海ではあるが、大陸の干潟でも見られない有明海固有種も発見されている。大陸の干潟から分断された約1万年の間に種分化が進んだものと考えられている。有明海 フレッシュアイペディアより)

  • 有明海

    有明海から見たメナダ

    魚類 - コノシロ、サッパ、メナダ、マナガツオ、トビハゼなど有明海 フレッシュアイペディアより)

  • 有明海

    有明海から見たヘイケガニ

    甲殻類 - アキアミ、シバエビ、クルマエビ、ガザミ、ヤマトオサガニ、ヘイケガニなど有明海 フレッシュアイペディアより)

  • 有明海

    有明海から見た腹足類

    腹足類 - シマヘナタリ、クロヘナタリ、ゴマフダマ、サキグロタマツメタ、センベイアワモチなど有明海 フレッシュアイペディアより)

  • 有明海

    有明海から見た瀬戸内海

    黄海・渤海・東シナ海沿岸の干潟と有明海の干潟は先史的な繋がりがあり、共通する生物は多い。このうち一部は瀬戸内海や東京湾にも分布するが、ほとんどの種類は日本の他地域では見られない。これらを利用するにあたっての漁法や郷土料理にも独特のものが発達している。有明海 フレッシュアイペディアより)

  • 有明海

    有明海から見たクルマエビ

    甲殻類 - アキアミ、シバエビ、クルマエビ、ガザミ、ヤマトオサガニ、ヘイケガニなど有明海 フレッシュアイペディアより)

  • 有明海

    有明海から見た侵食

    川から運ばれた土砂は海の干満によって激しくかき混ぜられ、干潮時に堆積、満潮時に侵食されることを繰り返しながら沿岸各地で広大な干潟が成長する。湾奥部では海水に泥が多く混じり濁る。また、干潟の泥には水に含まれるリンや窒素などを吸着・沈殿させる浄化作用があるほか、栄養分が多いことから田畑の肥料としても用いられた。有明海 フレッシュアイペディアより)

  • 有明海

    有明海から見たハイガイ

    二枚貝類 - ハイガイ、クマサルボウ、アゲマキ、ウミタケ、スミノエガキなど有明海 フレッシュアイペディアより)

  • 有明海

    有明海から見た阿蘇山

    干潟は30万年前から9万年前の間に4回あった阿蘇山の大噴火(特に4回目の噴火による堆積が主なもの)により堆積した厚い粘土層が雨により河川を経て流出し、大きな潮差によって川に押し戻されたり、再び海に流されたりを繰り返し、河口付近に堆積して形成されたと考えられている。有明海 フレッシュアイペディアより)

145件中 91 - 100件表示

「有明海」のニューストピックワード