121件中 91 - 100件表示
  • 有明海

    有明海から見た緑川

    流入河川は九州最大の川である筑後川をはじめ、本明川、鹿島川、塩田川、六角川、嘉瀬川、矢部川、菊池川、白川、緑川などがある。流入河川の流域面積は合計で約8,000km²で、海域面積の5倍近くにも上る。これらの河川によって湾内の塩分濃度が低下するうえ、多量の堆積物、デトリタス、無機塩類も供給される。特に夏の湾奥部では海域の表層部に淡水域が形成されることがある。干満が大きいので一日のうちでも塩分濃度が大きく変化する。有明海 フレッシュアイペディアより)

  • 有明海

    有明海から見たスズキ (魚)

    魚類 - エツ、ヒラ、アリアケシラウオ、ヤマノカミ、コイチ、有明海産スズキ、ワラスボ、ムツゴロウ、ハゼクチ、タビラクチ、コウライアカシタビラメ、デンベエシタビラメなど有明海 フレッシュアイペディアより)

  • 有明海

    有明海から見たズグロカモメ

    鳥類 - ズグロカモメ、ツクシガモ(両種とも冬鳥として渡来)有明海 フレッシュアイペディアより)

  • 有明海

    有明海から見た瀬戸内海

    黄海・渤海・東シナ海沿岸の干潟と有明海の干潟は先史的な繋がりがあり、共通する生物は多い。このうち一部は瀬戸内海や東京湾にも分布するが、ほとんどの種類は日本の他地域では見られない。これらを利用するにあたっての漁法や郷土料理にも独特のものが発達している。有明海 フレッシュアイペディアより)

  • 有明海

    有明海から見た佐賀新聞

    ニコニコ動画 有明海のノリ種付けと収穫(佐賀新聞提供)有明海 フレッシュアイペディアより)

  • 有明海

    有明海から見た渤海 (海域)

    更新世の氷河期において、有明海は黄海・渤海・東シナ海沿岸に続く広大な干潟の一部だったと考えられている。このとき中国大陸の干潟に分布していたムツゴロウやシオマネキなどが有明海にも分布するようになった(大陸遺存種)。その後の海面上昇により、約1万年前にこの干潟が分断されたが、有明海は筑後川をはじめとした大規模河川の流入が保たれ、干潟と固有の生物も維持された。有明海 フレッシュアイペディアより)

  • 有明海

    有明海から見た島原港

    長崎県 - 口之津港、須川港、島原港、島原新港、多比良港有明海 フレッシュアイペディアより)

  • 有明海

    有明海から見たクルマエビ

    甲殻類 - アキアミ、シバエビ、クルマエビ、ガザミ、ヤマトオサガニ、ヘイケガニなど有明海 フレッシュアイペディアより)

  • 有明海

    有明海から見た六角川

    流入河川は九州最大の川である筑後川をはじめ、本明川、鹿島川、塩田川、六角川、嘉瀬川、矢部川、菊池川、白川、緑川などがある。流入河川の流域面積は合計で約8,000km²で、海域面積の5倍近くにも上る。これらの河川によって湾内の塩分濃度が低下するうえ、多量の堆積物、デトリタス、無機塩類も供給される。特に夏の湾奥部では海域の表層部に淡水域が形成されることがある。干満が大きいので一日のうちでも塩分濃度が大きく変化する。有明海 フレッシュアイペディアより)

  • 有明海

    有明海から見た侵食

    川から運ばれた土砂は海の干満によって激しくかき混ぜられ、干潮時に堆積、満潮時に侵食されることを繰り返しながら沿岸各地で広大な干潟が成長する。湾奥部では海水に泥が多く混じり濁る。また、干潟の泥には水に含まれるリンや窒素などを吸着・沈殿させる浄化作用があるほか、栄養分が多いことから田畑の肥料としても用いられた。有明海 フレッシュアイペディアより)

121件中 91 - 100件表示

「有明海」のニューストピックワード