145件中 101 - 110件表示
  • 有明海

    有明海から見た元寇

    日本最古の干拓は現在の佐賀県で行われた。推古天皇15年(605年)に大連秦河勝がおこなった九十九万代の干拓である。下って鎌倉時代末期には、佐賀市の南、熊本県天明村、旧銭塘村で干拓が行われた文献が残されている。元寇直後から干拓が進められるようになるが、元寇後の食糧不足や参戦した武士への恩賞不足のため、干拓に目が向いたものと推測されている。有明海 フレッシュアイペディアより)

  • 有明海

    有明海から見た

    有明海(ありあけかい)は、九州北西部にある海。九州最大ので、福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県にまたがり、南は八代海とつながっている。日本の湾の中でも干満の大きさ・流入河川の多さ・塩分濃度の変化・濁った海域・日本最大の干潟・独自の生物相などを特徴とする。有明海 フレッシュアイペディアより)

  • 有明海

    有明海から見た鳥類

    鳥類 - ズグロカモメ、ツクシガモ(両種とも冬鳥として飛来)有明海 フレッシュアイペディアより)

  • 有明海

    有明海から見た熊本地方裁判所

    2015年3月5日、福岡県、熊本県、佐賀県、長崎県の漁業者ら約200人が、殺菌剤の使用を禁止しない国に対して損害賠償を求める訴訟を熊本地方裁判所に起こした。有明海 フレッシュアイペディアより)

  • 有明海

    有明海から見た干満

    潮の干満差が大きく、湾口の早崎瀬戸で平均3-4m、湾奥の大浦港(佐賀県太良町)で平均5mであり、最大で約6mに達する。干満差が大きくなる原因は、有明海の場合は潮汐による海水の動き(潮汐振動)と湾の形状に左右される海水の動き(固有振動)が似通っていて、共振が発生しているためと考えられている。このような条件が揃う湾は世界的に見てもそれほど多くない。有明海 フレッシュアイペディアより)

  • 有明海

    有明海から見た嘉瀬川

    流入河川は九州最大の川である筑後川をはじめ、本明川、鹿島川、塩田川、六角川、嘉瀬川、矢部川、諏訪川、菊池川、白川、緑川などがある。流入河川の流域面積は合計で約8,000km2で、海域面積の5倍近くにも上る。これらの河川によって湾内の塩分濃度が低下するうえ、多量の堆積物、デトリタス、無機塩類も供給される。特に夏の湾奥部では海域の表層部に淡水域が形成されることがある。干満が大きいので一日のうちでも塩分濃度が大きく変化する。有明海 フレッシュアイペディアより)

  • 有明海

    有明海から見た住ノ江港

    佐賀県 - 多良漁港、鹿島港、住ノ江港有明海 フレッシュアイペディアより)

  • 有明海

    有明海から見たアキアミ

    甲殻類 - アキアミ、シバエビ、クルマエビ、ガザミ、ヤマトオサガニ、ヘイケガニなど有明海 フレッシュアイペディアより)

  • 有明海

    有明海から見た浅草海苔

    有明海で生産される海苔は、日本全体の約4割を占める。主な用途は贈答用となっている。海苔産業は、高度経済成長、そして贈答品市場の歴史と重なる。重工業のための工場立地確保のために、浅草海苔などの海苔の名産地が埋め立てられていく中で、質が良く、機械化等により生産体制を整えた有明海苔は主に贈答品市場でシェアを伸ばしていった。有明海 フレッシュアイペディアより)

  • 有明海

    有明海から見た甲殻類

    甲殻類 - チクゴエビ、アリアケヤワラガニ、ハラグクレチゴガニ、シオマネキ、アリアケガニ、ヒメモクズガニ、ヒメケフサイソガニなど有明海 フレッシュアイペディアより)

145件中 101 - 110件表示

「有明海」のニューストピックワード