121件中 11 - 20件表示
  • 有明海

    有明海から見た石炭

    有明海東岸では江戸時代に石炭の採掘が始まり、有明海の海底下まで多くの坑道が掘り進められた(三井三池炭鉱)。炭鉱が閉山した20世紀末から、坑道の崩落によるとみられる海底の陥没が起こり、それに伴って干潟が消失している。有明海 フレッシュアイペディアより)

  • 有明海

    有明海から見た天草諸島

    宇土半島と天草諸島を挟んだ本渡瀬戸・柳ノ瀬戸・三角ノ瀬戸の三つの海峡で八代海と接し、天草下島と島原半島の間の早崎瀬戸で天草灘と接する。湾内西部にはさらに諫早湾(泉水海)がある。入り口に近い部分は島原湾とも言う。一般的には海域全体を有明海と呼ぶことが多いが、国土地理院は海域の北半分を「有明海」、南半分を「島原湾」としているほか、海上保安庁などでは海域全体を「島原湾」と呼ぶことがある。1993年(平成5年)の環境庁告示(2000年(平成12年)改定)によれば、「熊本県宇土郡三角町と天草郡大矢野町を結ぶ天門橋、同町と天草郡松島町を結ぶ大矢野橋、同町中の橋、前島橋、松島橋、本渡市瀬戸大橋、天草郡五和町シラタケ鼻と長崎県南高来郡口之津町瀬詰埼を結ぶ線及び陸岸により囲まれた海域」を「有明海および島原湾」の範囲としており、両者の境界は定義されていないが、長洲港と多比良港を結ぶ線を境界とする見方もある。有明海 フレッシュアイペディアより)

  • 有明海

    有明海から見たアサリ

    二枚貝類 - アサリ、サルボウ、タイラギなど有明海 フレッシュアイペディアより)

  • 有明海

    有明海から見た島原半島

    宇土半島と天草諸島を挟んだ本渡瀬戸・柳ノ瀬戸・三角ノ瀬戸の三つの海峡で八代海と接し、天草下島と島原半島の間の早崎瀬戸で天草灘と接する。湾内西部にはさらに諫早湾(泉水海)がある。入り口に近い部分は島原湾とも言う。一般的には海域全体を有明海と呼ぶことが多いが、国土地理院は海域の北半分を「有明海」、南半分を「島原湾」としているほか、海上保安庁などでは海域全体を「島原湾」と呼ぶことがある。1993年(平成5年)の環境庁告示(2000年(平成12年)改定)によれば、「熊本県宇土郡三角町と天草郡大矢野町を結ぶ天門橋、同町と天草郡松島町を結ぶ大矢野橋、同町中の橋、前島橋、松島橋、本渡市瀬戸大橋、天草郡五和町シラタケ鼻と長崎県南高来郡口之津町瀬詰埼を結ぶ線及び陸岸により囲まれた海域」を「有明海および島原湾」の範囲としており、両者の境界は定義されていないが、長洲港と多比良港を結ぶ線を境界とする見方もある。有明海 フレッシュアイペディアより)

  • 有明海

    有明海から見たイソギンチャク

    イソギンチャク - イシワケイソギンチャク有明海 フレッシュアイペディアより)

  • 有明海

    有明海から見た有明フェリー

    多比良港 - 長洲港(有明フェリー有明海 フレッシュアイペディアより)

  • 有明海

    有明海から見たエツ

    魚類 - エツ、ヒラ、アリアケシラウオ、ヤマノカミ、コイチ、有明海産スズキ、ワラスボ、ムツゴロウ、ハゼクチ、タビラクチ、コウライアカシタビラメ、デンベエシタビラメなど有明海 フレッシュアイペディアより)

  • 有明海

    有明海から見た島鉄フェリー

    口之津港 - 鬼池港(島原鉄道船舶部門島鉄フェリー有明海 フレッシュアイペディアより)

  • 有明海

    有明海から見た熊本フェリー

    島原港 - 熊本港(熊本フェリー有明海 フレッシュアイペディアより)

  • 有明海

    有明海から見た諫早湾干拓事業

    中世より人間の手によって少しずつ干拓が進められたが、江戸時代に入ると米の生産拡大を目的とした干拓が次々と行われるようになり、海岸線の後退は加速した。1989年(平成元年)からは諫早湾において国営諫早湾干拓事業が開始され、1997年(平成9年)に諫早湾奥部を一気に締め切る工事が行われた。干拓によって有明海全体で陸地化された面積は、昭和60年代の時点で260km²を超えており、諫早湾干拓によってさらに約9km²拡大した。有明海 フレッシュアイペディアより)

121件中 11 - 20件表示

「有明海」のニューストピックワード