121件中 31 - 40件表示
  • 有明海

    有明海から見た本明川

    流入河川は九州最大の川である筑後川をはじめ、本明川、鹿島川、塩田川、六角川、嘉瀬川、矢部川、菊池川、白川、緑川などがある。流入河川の流域面積は合計で約8,000km²で、海域面積の5倍近くにも上る。これらの河川によって湾内の塩分濃度が低下するうえ、多量の堆積物、デトリタス、無機塩類も供給される。特に夏の湾奥部では海域の表層部に淡水域が形成されることがある。干満が大きいので一日のうちでも塩分濃度が大きく変化する。有明海 フレッシュアイペディアより)

  • 有明海

    有明海から見た三井三池炭鉱

    有明海東岸では江戸時代に石炭の採掘が始まり、有明海の海底下まで多くの坑道が掘り進められた(三井三池炭鉱)。炭鉱が閉山した20世紀末から、坑道の崩落によるとみられる海底の陥没が起こり、それに伴って干潟が消失している。有明海 フレッシュアイペディアより)

  • 有明海

    有明海から見た

    有明海(ありあけかい)は、九州北西部にある海。福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県に跨る九州最大のである。日本の湾の中でも干満の大きさ・流入河川の多さ・塩分濃度の変化・濁った海域・日本最大の干潟・独自の生物相などを特徴とする。有明海 フレッシュアイペディアより)

  • 有明海

    有明海から見た植物

    植物 - シチメンソウ(ミルマツナ)有明海 フレッシュアイペディアより)

  • 有明海

    有明海から見たツクシガモ

    鳥類 - ズグロカモメ、ツクシガモ(両種とも冬鳥として渡来)有明海 フレッシュアイペディアより)

  • 有明海

    有明海から見た沖積平野

    最深点は湾口部・湯島西方で水深165mに達するが、平均水深は約20mほどで、全体的に遠浅の湾である。湾奥には諫早平野、筑紫平野(佐賀平野、筑後平野)、菊池平野、熊本平野といった沖積平野が広がる。有明海 フレッシュアイペディアより)

  • 有明海

    有明海から見た鹿島市

    干潟は大潮の干潮時で約188km²に達し、日本全体の干潟の約4割に相当する。南部の熊本県・島原半島沿岸は砂質干潟だが、奥に行くほど泥の割合が多くなり、諫早湾や佐賀県・福岡県沿岸は多くが泥質干潟となる。筑後川河口や緑川河口においては、干潮時には海岸から約6km沖まで干潟が出現する。土砂の供給源である大規模河川は湾の北側・東側に多いので、干潟もこの地域で広い。鹿島市や小城市には干潟を利用した公園があり、春から秋にかけて泥遊びを楽しむこともできる。鹿島ガタリンピックという、泥んこ運動会も開催されている。有明海 フレッシュアイペディアより)

  • 有明海

    有明海から見た瀬戸内式気候

    沿岸部の気候は太平洋岸気候に属するものの、四方を山に囲まれた盆地状の地形も影響し、1日の気温差が大きく晴れの日が多い瀬戸内式気候に近い。また湾内の水温も日ごと・季節ごとの変動が大きく、湾奥部の水温は2月で8-9℃、8月で30℃になる。有明海 フレッシュアイペディアより)

  • 有明海

    有明海から見た白川 (熊本県)

    流入河川は九州最大の川である筑後川をはじめ、本明川、鹿島川、塩田川、六角川、嘉瀬川、矢部川、菊池川、白川、緑川などがある。流入河川の流域面積は合計で約8,000km²で、海域面積の5倍近くにも上る。これらの河川によって湾内の塩分濃度が低下するうえ、多量の堆積物、デトリタス、無機塩類も供給される。特に夏の湾奥部では海域の表層部に淡水域が形成されることがある。干満が大きいので一日のうちでも塩分濃度が大きく変化する。有明海 フレッシュアイペディアより)

  • 有明海

    有明海から見た鳥類

    鳥類 - ズグロカモメ、ツクシガモ(両種とも冬鳥として渡来)有明海 フレッシュアイペディアより)

121件中 31 - 40件表示

「有明海」のニューストピックワード