145件中 71 - 80件表示
  • 有明海

    有明海から見た大連 (古代日本)

    日本最古の干拓は現在の佐賀県で行われた。推古天皇15年(605年)に大連秦河勝がおこなった九十九万代の干拓である。下って鎌倉時代末期には、佐賀市の南、熊本県天明村、旧銭塘村で干拓が行われた文献が残されている。元寇直後から干拓が進められるようになるが、元寇後の食糧不足や参戦した武士への恩賞不足のため、干拓に目が向いたものと推測されている。有明海 フレッシュアイペディアより)

  • 有明海

    有明海から見た天明町

    日本最古の干拓は現在の佐賀県で行われた。推古天皇15年(605年)に大連秦河勝がおこなった九十九万代の干拓である。下って鎌倉時代末期には、佐賀市の南、熊本県天明村、旧銭塘村で干拓が行われた文献が残されている。元寇直後から干拓が進められるようになるが、元寇後の食糧不足や参戦した武士への恩賞不足のため、干拓に目が向いたものと推測されている。有明海 フレッシュアイペディアより)

  • 有明海

    有明海から見た鹿島市

    干潟は大潮の干潮時で約188km2に達し、日本全体の干潟の約4割に相当する。南部の熊本県・島原半島沿岸は砂質干潟だが、奥に行くほど泥の割合が多くなり、諫早湾や佐賀県・福岡県沿岸は多くが泥質干潟となる。筑後川河口や緑川河口においては、干潮時には海岸から約6km沖まで干潟が出現する。土砂の供給源である大規模河川は湾の北側・東側に多いので、干潟もこの地域で広い。鹿島市や小城市には干潟を利用した公園があり、春から秋にかけて泥遊びを楽しむこともできる。鹿島ガタリンピックという、泥んこ運動会も開催されている。有明海 フレッシュアイペディアより)

  • 有明海

    有明海から見た瀬戸内式気候

    沿岸部の気候は太平洋岸気候に属するものの、四方を山に囲まれた盆地状の地形も影響し、1日の気温差が大きく晴れの日が多い瀬戸内式気候に近い。また湾内の水温も日ごと・季節ごとの変動が大きく、湾奥部の水温は2月で8-9℃、8月で30℃になる。有明海 フレッシュアイペディアより)

  • 有明海

    有明海から見たマナガツオ

    魚類 - コノシロ、サッパ、メナダ、マナガツオ、トビハゼなど有明海 フレッシュアイペディアより)

  • 有明海

    有明海から見た郷土料理

    黄海・渤海・東シナ海沿岸の干潟と有明海の干潟は先史的な繋がりがあり、共通する生物は多い。このうち一部は瀬戸内海や東京湾にも分布するが、ほとんどの種類は日本の他地域では見られない。これらを利用するにあたっての漁法や郷土料理にも独特のものが発達している。有明海 フレッシュアイペディアより)

  • 有明海

    有明海から見た水門

    また、逆流防止のため多くの中小河川は水門を設置しているが、大河川では水門を設置できないため、有明海の干潮・満潮に合わせて川面が大きく上下し、満潮前には大規模な逆流も発生する。この干満差を利用して、満潮時に船を出し、引き潮の流れに乗って沖へ出て、帰りは満ち潮に乗って海岸に戻るという航法が、古くから伝えられている。有明海 フレッシュアイペディアより)

  • 有明海

    有明海から見た口之津港

    長崎県 - 口之津港、須川港、島原港、島原新港、多比良港有明海 フレッシュアイペディアより)

  • 有明海

    有明海から見た鬼池港

    熊本県 - 長洲港、熊本港、三角港、本渡港、鬼池港有明海 フレッシュアイペディアより)

  • 有明海

    有明海から見たサッパ

    魚類 - コノシロ、サッパ、メナダ、マナガツオ、トビハゼなど有明海 フレッシュアイペディアより)

145件中 71 - 80件表示

「有明海」のニューストピックワード