前へ 1 2 3 4 5 6 7
70件中 1 - 10件表示
  • 統一教会信徒の拉致監禁問題

    統一教会信徒の拉致監禁問題から見た有田芳生有田芳生

    後藤徹・拉致監禁をなくす会副代表の事件では後藤徹は12年5ヶ月監禁されたと主張し、監禁中の食事制裁が原因でやせ細った写真が公開されている。1しかし、民主党の有田芳生参議院議員は”謀略的な作為が見事に明らかにされている”と述べ自作自演の可能性を示唆しているが信憑性はなにもない。この有田芳生氏とは統一教会員の改宗拉致の現場に取材で現れたとされる本人であり改宗拉致の被害にあった統一教会員から訴えられた宮村峻氏は有田芳生氏の友人である。この後藤氏の裁判においては改宗拉致から解放されたとされた後に診断された2ヶ所の病院でのわずかな体重の違いから後藤氏の主張は認められなかった。後藤氏のわずかな体重の違いは診断した病院の検査時間が違うため、だれでも起こえる内容だが有田芳生氏はこのことを「謀略」と言う表現を使い事実とは違った歪曲させた情報を流していた。問題の写真を撮影したのは反カルトの傍ら統一教会員を狙った改宗現場をまのあたりにした事から強制改宗グループの違法性とそのカルト性を追求しているジャーナリストの米本和広である。2統一教会信徒の拉致監禁問題 フレッシュアイペディアより)

  • 世界基督教統一神霊協会

    世界基督教統一神霊協会から見た有田芳生有田芳生

    参院選間近の2010年5月、 山谷えり子への支援ならびに有田芳生への落選運動を通達する教団の内部文書が流出し物議を醸した。翌月には信者による有田に対する選挙妨害が行われた。世界基督教統一神霊協会 フレッシュアイペディアより)

  • 世界基督教統一神霊協会の年表

    世界基督教統一神霊協会の年表から見た有田芳生有田芳生

    4月 有田芳生が『朝日ジャーナル』の「霊感商法」批判キャンペーンに加わる。世界基督教統一神霊協会の年表 フレッシュアイペディアより)

  • コンテンツ文化研究会

    コンテンツ文化研究会から見た有田芳生有田芳生

    2010年12月6日には、中野ZEROホールにて、「『非実在青少年規制』改メ『非実在犯罪規制』へ、都条例改正案の問題点は払拭されたのか?」の開催協力を行い、カンパ箱を用意し、カンパを募った。この集会は、藤本、山口の二人が主催し、河合幹雄、日本マンガ学会会長の呉智英、元週刊プレイボーイ編集長の鈴木力、漫画家のとりみき、樹崎聖、作家の山本弘、水戸 泉、翻訳家のダニエル兼光真、日本書籍出版協会の西谷隆行、衆議院議員の城内実、宮崎岳志、民主党都議会議員の浅野克彦、吉田康一郎、共産党都議会議員の吉田信夫、前衆議院議員の保坂展人が参加し、意見を述べた。さらに、海江田万里経済財政担当大臣、民主党衆議院議員の高橋昭一、同党参議院議員の谷岡郁子、有田芳生がこの集会に対し意見を寄せた。また、この集会は、ニコニコ生放送にて中継された。なおこの集会で述べた漫画家のとりみきの主張が、『創』2011年5・6月合併号に掲載されている。コンテンツ文化研究会 フレッシュアイペディアより)

  • 霊感商法

    霊感商法から見た有田芳生有田芳生

    4月 有田芳生が『朝日ジャーナル』の「霊感商法」批判キャンペーンに加わる。霊感商法 フレッシュアイペディアより)

  • テレサ・テン物語〜私の家は山の向こう

    テレサ・テン物語〜私の家は山の向こうから見た有田芳生有田芳生

    有田芳生によるテレサの伝記を原作としたテレビドラマで、テレサの出身地である台湾の (Videoland Japan) においても、日本放送同日の 22:00 (現地時間) より特別ドラマとして放送された(再放送 (現地時間) 2007年6月9日 22:00, 翌10日 18:00)。テレサ・テン物語〜私の家は山の向こう フレッシュアイペディアより)

  • 江川紹子

    江川紹子から見た有田芳生有田芳生

    大学卒業後の1982年(昭和57年)から1987年(昭和62年)まで神奈川新聞社で社会部記者として警察取材や連載企画などを担当。29歳で退社しフリーライターとなる。もともと有田芳生と同様、日本共産党の支持者だった。有田は共産党を離党し転向したが、江川は現在も共産党とはつかず離れずの良好な関係を保っている。江川紹子 フレッシュアイペディアより)

  • 田中康夫

    田中康夫から見た有田芳生有田芳生

    2007年7月の第21回参議院議員通常選挙には、新党日本からジャーナリストの有田芳生らとともに比例区から立候補した。田中康夫 フレッシュアイペディアより)

  • 赤報隊事件

    赤報隊事件から見た有田芳生有田芳生

    有田芳生は「赤報隊と統一教会を結ぶ線」という記事を執筆、その中で犯人が犯行声明で語った責任について言及し、「思想に生きる者としての自負がいささかでもあるならば、沈黙は断じて許されない」と述べた。赤報隊事件 フレッシュアイペディアより)

  • 意見広告7人の会

    意見広告7人の会から見た有田芳生有田芳生

    会の名称は、この運動の呼びかけ人として7人の著名人(有田芳生、勝谷誠彦、加藤哲郎、重村智計、高世仁、日垣隆、湯川れい子)が集まったことに由来する。意見広告7人の会 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
70件中 1 - 10件表示

「有田芳生」のニューストピックワード