70件中 11 - 20件表示
  • 清水慎三

    清水慎三から見た有田芳生有田芳生

    『日本共産党への手紙』(松岡英夫、有田芳生編、教育史料出版社、1990年)清水慎三 フレッシュアイペディアより)

  • 有田光雄

    有田光雄から見た有田芳生有田芳生

    有田 光雄(ありた みつお、1930年2月22日 - )は、日本の労働運動家。島根県出身。子息は民主党参議院議員・ジャーナリストの有田芳生有田光雄 フレッシュアイペディアより)

  • 共同出版

    共同出版から見た有田芳生有田芳生

    このような商法について、ネット上では藤原新也や有田芳生により取り上げられ、週刊文春2006年11月30日号にも「朝日新聞がモテ囃す『詩人経営者』に憤る作家のタマゴたち」という記事が掲載されている。また、経営破綻の際の問題については、読売新聞のオンライン版でも取り上げられている。また、自費出版・共同出版を謳う業者の不透明な契約に関しては、2000年以前にも起きていたことが記されている。共同出版 フレッシュアイペディアより)

  • 国際勝共連合

    国際勝共連合から見た有田芳生有田芳生

    これに関して、有田芳生は、「安倍と教会の”祖父の代から脈々と続く関係”についても、「私は以前、安倍さんから統一教会と北朝鮮の関係について聞かれたことがある。そのときは「統一教会が接近してきている。会おうと言われているが断っている」と言っていました。安倍さんは北朝鮮に対して強硬な立場で総裁選も近いということから考えると、少なくとも本人の意思では(前述の祝電を)送っていないとは思いますが」とコメントしている。国際勝共連合 フレッシュアイペディアより)

  • 東京・生活者ネットワーク

    東京・生活者ネットワークから見た有田芳生有田芳生

    同年の第45回衆議院議員総選挙では、小選挙区17名・比例単独1名(石毛えい子)の民主党公認候補に加え、民主党候補との選挙区調整で鞍替えした保坂展人(東京都第8区、重複立候補、社民党公認)と有田芳生(東京都第11区、重複立候補、新党日本公認)を推薦・支援した。しかし推薦した民主党小選挙区候補は東京17区早川久美子除き全員勝利(早川は比例復活、石毛も当選)したのに対し、保坂・有田両候補は小選挙区で敗北、比例でも所属政党が議席を得られず当選させる事は出来なかった。東京・生活者ネットワーク フレッシュアイペディアより)

  • 重村智計

    重村智計から見た有田芳生有田芳生

    2002年(平成14年)及び2009年(平成21年)に、北朝鮮による日本人拉致問題解決を求める意見広告をニューヨーク・タイムズや韓国大手紙に掲載する運動を行った「意見広告7人の会」呼びかけ人の1人である(残りの6人は有田芳生、勝谷誠彦、加藤哲郎、高世仁、日垣隆、湯川れい子)。重村智計 フレッシュアイペディアより)

  • 魚住裕一郎

    魚住裕一郎から見た有田芳生有田芳生

    このことは、2009年5月31日国会開会中にもかかわらず円より子、白真勲、塩川鉄也、有田芳生とともに在日韓国人の集会「永住外国人に地方参政権を!5・31集会」に参加していることからも見て取れる。魚住裕一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤正孝

    伊藤正孝から見た有田芳生有田芳生

    帰国後は、朝日新聞外報部次長を経て、朝日ジャーナル編集部に所属し、1987年、筑紫哲也の後を継ぎ朝日ジャーナル編集長に就任する。編集長になった伊藤は、1987年4月17日付朝日ジャーナルの、巻頭言『風紋』第1回の『野戦服宣言』と題したエッセイに、「いま『野戦服を着た知性』が必要なときかもしれない。『戦う雑誌』として、さあ、前へ。」と記し、朝日ジャーナルのその後の方向性を示した。この頃、有田芳生を見出し、朝日ジャーナルに寄稿させ世に出している。伊藤正孝 フレッシュアイペディアより)

  • 米原万里

    米原万里から見た有田芳生有田芳生

    日本共産党常任幹部会委員だった衆議院議員・米原昶の娘として東京都中央区の聖路加病院で生まれる。父方の親類に有田芳生がいる。米原万里 フレッシュアイペディアより)

  • 松岡英夫

    松岡英夫から見た有田芳生有田芳生

    日本共産党への手紙 有田芳生共編 教育史料出版会 1990.6松岡英夫 フレッシュアイペディアより)

70件中 11 - 20件表示

「有田芳生」のニューストピックワード