70件中 21 - 30件表示
  • 査問 (日本共産党)

    査問 (日本共産党)から見た有田芳生有田芳生

    また、近年、かつて「査問」に付され党を除名されたり、後年離党した査問経験者らが、その経験談を著作やウェブサイト上で公開し、次第に査問の内容が明らかになりつつある。そのような例としては、川上徹の著書『査問』などがある(同書の出版後、日本共産党は上記の通り“「査問」というものは党には存在しない”と全面否定したが、これ以前の日本共産党の公式党史では党自らが査問という用語を用いている。別の例として、有田芳生が、1983年に雑誌『文化評論』の編集に関する件と、1990年に書籍『日本共産党への手紙』の編集に関する件の2度、査問を受けたと自身のウェブサイトで主張したことがある1。査問 (日本共産党) フレッシュアイペディアより)

  • 行政監視委員会

    行政監視委員会から見た有田芳生有田芳生

    足立信也、有田芳生、川合孝典(民主党)行政監視委員会 フレッシュアイペディアより)

  • 朝日ジャーナル

    朝日ジャーナルから見た有田芳生有田芳生

    1980年代半ば、当時社会問題となっていた世界基督教統一神霊協会(統一協会)による霊感商法について、ルポライターの有田芳生(現民主党参議院議員)が行っていた連載。朝日ジャーナル フレッシュアイペディアより)

  • 石堂淑朗

    石堂淑朗から見た有田芳生有田芳生

    2008年に発売された著作『偏屈老人の銀幕茫々』の序文にて、「私の文筆の仕事は本書で終わりました。後は冥界で実相寺昭雄や今村昌平と会うだけです」と記した。ジャーナリストの有田芳生はブログにて本書を「比類なく面白い」と述べ、序文の言葉を受けて「そんなことをおっしゃらずに、もっともっと書いてくださいよ。お会いしたこともない石堂淑朗さんにそう伝えたい。」と結んだ。石堂淑朗 フレッシュアイペディアより)

  • 塩川鉄也

    塩川鉄也から見た有田芳生有田芳生

    2009年5月31日、円より子、白真勲、魚住裕一郎、有田芳生とともに「永住外国人に地方参政権を!5・31集会」に参加しており、外国人参政権付与に積極的である。塩川鉄也 フレッシュアイペディアより)

  • 細川隆一郎

    細川隆一郎から見た有田芳生有田芳生

    高齢になってからも『世界日報』の「ビューポイント」紙面での対談をしたり、講演活動を行っていた。同じくジャーナリストである娘の細川珠生も『世界日報』によく寄稿している。隆一郎は『世界日報』創刊25周年を祝うメッセージを寄稿した― 有識者ら激励メッセージ ―他紙に真似できない続きもの細川隆一郎氏。また、勝共連合の活動に関しても大いなる賛同を示している1。文鮮明が皇太子に祝福(合同結婚式)を受けさせるという発言をしたことについて有田芳生に尋ねられたときは、「まったく話になりません。・・皇室を侮辱するものです。・・失礼極まりない、余計なお世話もいいところです。」と激怒したという(有田芳生『「神の国」の崩壊―統一教会報道全記録』(教育史料出版会、1997年)ISBN 4876523177)。細川隆一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 新風舎

    新風舎から見た有田芳生有田芳生

    著者に共同出版を持ちかけ通常以上の出版費用を出させているのではないかという疑義を藤原新也が提起した。同氏は、同形態の流通出版(旧称協力出版)を手がける文芸社への疑義も提起している。また、有田芳生は書き手の夢を食い物にする希望商法であると感想を述べているが、論拠を明らかにはしていない。江川紹子ら、擁護しているジャーナリストやライターもいる。新風舎 フレッシュアイペディアより)

  • 1983年東京都知事選挙

    1983年東京都知事選挙から見た有田芳生有田芳生

    松岡の応援演説に立った小田実が、社共両党幹部の眼前で「既成政党批判」を敢行したため、日本共産党と小田が決裂する一件も起きた(その後和解)。松岡も後に『日本共産党への手紙』(有田芳生共編)を著わしている。1983年東京都知事選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 第45回衆議院議員総選挙

    第45回衆議院議員総選挙から見た有田芳生有田芳生

    惜敗率最高落選者:有田芳生(新党日本・東京11区) 97.04%第45回衆議院議員総選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 土屋敬之

    土屋敬之から見た有田芳生有田芳生

    また、土屋と選出区が同じ板橋区が単一自治体で選挙区全域である東京11区では、民主党は新党日本の有田芳生を推薦した(落選)が、選挙後、有田は民主党内に「利敵行為」を働いた者がいたとしている。土屋は「落選した候補が、自分の不明を恥じずに、他人に責任を転嫁、それを党幹部に言いつけたか言ったらしい」と反応している。また、当選した自民党の下村博文は、教科書問題などで土屋と協力関係にあり、思想信条が近い。土屋敬之 フレッシュアイペディアより)

70件中 21 - 30件表示

「有田芳生」のニューストピックワード