147件中 21 - 30件表示
  • SUPER SUMMER LIVE 2013 「灼熱のマンピー!! G★スポット解禁!!」 胸熱完全版

    SUPER SUMMER LIVE 2013 「灼熱のマンピー!! G★スポット解禁!!」 胸熱完全版から見た有田芳生有田芳生

    黒柳徹子・矢部浩之(ナインティナイン)・青木裕子・萬田久子・宮澤佐江・板野友美・木本武宏(TKO)(8月11日)・百田尚樹(8月17日)・安室奈美恵・金本知憲・橋下徹(8月18日)・嘉門達夫(現・嘉門タツオ)・有田芳生(9月8日)などの著名人がこのライブを観賞していた。SUPER SUMMER LIVE 2013 「灼熱のマンピー!! G★スポット解禁!!」 胸熱完全版 フレッシュアイペディアより)

  • 霊感商法

    霊感商法から見た有田芳生有田芳生

    4月 - 有田芳生が『朝日ジャーナル』の「霊感商法」批判キャンペーンに加わった。霊感商法 フレッシュアイペディアより)

  • 江川紹子

    江川紹子から見た有田芳生有田芳生

    1991年には、同年3月に宗教法人化された幸福の科学を取材。1992年には有田芳生との共著で統一教会に関する書籍を刊行するなど、他の新宗教に対する取材も行っている。江川紹子 フレッシュアイペディアより)

  • 在特会などに抗議する院内集会

    在特会などに抗議する院内集会から見た有田芳生有田芳生

    在特会などに抗議する院内集会 フレッシュアイペディアより)

  • 共同出版

    共同出版から見た有田芳生有田芳生

    このような商法について、ネット上では藤原新也や有田芳生により取り上げられ、週刊文春2006年11月30日号にも「朝日新聞がモテ囃す『詩人経営者』に憤る作家のタマゴたち」という記事が掲載されている。また、経営破綻の際の問題については、読売新聞のオンライン版でも取り上げられている。また、自費出版・共同出版を謳う業者の不透明な契約に関しては、2000年以前にも起きていたことが記されている。共同出版 フレッシュアイペディアより)

  • 松岡英夫

    松岡英夫から見た有田芳生有田芳生

    日本共産党への手紙 有田芳生共編 教育史料出版会 1990.6松岡英夫 フレッシュアイペディアより)

  • 査問 (日本共産党)

    査問 (日本共産党)から見た有田芳生有田芳生

    また、近年、かつて「査問」に付され党を除名されたり、後年離党した査問経験者らが、その経験談を著作やウェブサイト上で公開し、次第に査問の内容が明らかになりつつある。そのような例としては、川上徹の著書『査問』などがある(同書の出版後、日本共産党は上記の通り“「査問」というものは党には存在しない”と全面否定したが、これ以前の日本共産党の公式党史では党自らが査問という用語を用いている。別の例として、有田芳生が、1983年に雑誌『文化評論』の編集に関する件と、1990年に書籍『日本共産党への手紙』の編集に関する件の2度、査問を受けたと自身のウェブサイトで主張したことがある1。査問 (日本共産党) フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤正孝

    伊藤正孝から見た有田芳生有田芳生

    帰国後は、朝日新聞外報部次長を経て、朝日ジャーナル編集部に所属し、1987年、筑紫哲也の後を継ぎ朝日ジャーナル編集長に就任する。編集長になった伊藤は、1987年4月17日付朝日ジャーナルの、巻頭言「風紋」第1回の「野戦服宣言」と題したエッセイに、「いま『野戦服を着た知性』が必要なときかもしれない。『戦う雑誌』として、さあ、前へ。」と記し、朝日ジャーナルのその後の方向性を示した。この頃、有田芳生を見出し、朝日ジャーナルに寄稿させ世に出している。伊藤正孝 フレッシュアイペディアより)

  • 新党日本

    新党日本から見た有田芳生有田芳生

    第21回参議院議員通常選挙には、田中康夫及び副代表に就任したジャーナリスト・有田芳生らを比例区から擁立したが、7月5日に荒井及び滝が選挙公約の憲法部分に関して「事前に党としての協議が一切ないまま発表されたものであり、受け入れられない」と主張し、田中に対して解党を要求した。田中はこれを拒否した。そのため荒井及び滝は離党し無所属で活動する方針を表明。このため、所属国会議員がゼロとなったが、前回総選挙において政党要件を満たしているためマスコミの討論会にも呼ばれるなど、国会議員が存在しないにも関わらず「主要政党」として扱われる珍しい事態となった。新党日本 フレッシュアイペディアより)

  • 新風舎出版賞

    新風舎出版賞から見た有田芳生有田芳生

    このような商法については賛否両論があり、2006年10月7日付け朝日新聞が「自費出版ブームを作った詩人経営者」という見出しで新風舎の特集を組んでいる一方、ネット上では藤原新也や有田芳生により取り上げられ、週刊文春2006年11月30日号にも「朝日新聞がモテ囃す『詩人経営者』に憤る作家のタマゴたち」という記事が掲載されている。新風舎出版賞 フレッシュアイペディアより)

147件中 21 - 30件表示

「有田芳生」のニューストピックワード