147件中 61 - 70件表示
  • THE・サンデー

    THE・サンデーから見た有田芳生有田芳生

    有田芳生(ジャーナリスト)THE・サンデー フレッシュアイペディアより)

  • 宇都宮健児

    宇都宮健児から見た有田芳生有田芳生

    在日本大韓民国民団(民団)は反韓デモ(嫌韓デモ)に関して宇都宮健児と有田芳生(民主党参議院議員)にインタビューを行い、その中での宇都宮の『嫌韓デモは許すべきではないが、警察は脱原発のような民主的なデモまで規制しようとしている。規制強化のあおりを受けて政府批判のデモまでいっさいできなくならないよう気をつけないといけない。ヘイトスピーチ規制を躊躇しているのはそこにある。市民の間で解決するのが理想。攻撃を恐れて何もしないのでは日本社会として問題だ』との主張を2013年5月22日の民団機関紙『民団新聞』が報じた。また、宇都宮は「[のりこえねっと (ヘイトスピーチとレイシズムを乗り越える国際ネットワーク)」においても共同代表として反韓デモ(嫌韓デモ)規制へ向けた活動を展開しており、韓国の報道機関からも『日本を代表する良心的知識人』として高く評価されている。宇都宮健児 フレッシュアイペディアより)

  • 平山誠

    平山誠から見た有田芳生有田芳生

    2007年の第21回参議院議員通常選挙では前年の長野県知事選挙で落選した田中・ジャーナリストの有田芳生と共に比例区から立候補し、11475票で新党日本の中では第3位となり落選。平山誠 フレッシュアイペディアより)

  • 統一教会信徒の拉致監禁問題

    統一教会信徒の拉致監禁問題から見た有田芳生有田芳生

    新潟県のマンションに閉じ込められていた医師は、脱会を請け負う人物から指示を受けた親によってコントロールされていたと主張。1993年にジャーナリストの有田芳生と面会した時に「一年間も閉じこめられていて、よく耐えられましたね」と強制棄教を承知していたと思われる言葉をかけられたと証言しているが、有田は発言を否定し監禁されているようには見えなかったと返答している。統一教会信徒の拉致監禁問題 フレッシュアイペディアより)

  • 小川敏夫

    小川敏夫から見た有田芳生有田芳生

    2014年4月21日、元行政刷新担当大臣の蓮舫や社会民主党党首の吉田忠智と連名で、第2次安倍内閣が目指す憲法解釈変更による集団的自衛権の行使容認を支持しないようアメリカ大統領のバラク・オバマに求める文書を在日米大使館に提出した。賛同者には、野田国義、小西洋之、有田芳生、徳永エリ、福島瑞穂などが名を連ねた。先に訪米し民主党は行使容認に前向きとの認識を示していた元防衛副大臣の長島昭久は、Twitterで「属国でもあるまいし、嘆かわしい」と批判した。小川敏夫 フレッシュアイペディアより)

  • 西村智奈美

    西村智奈美から見た有田芳生有田芳生

    2017年民進党代表選挙では菅直人や有田芳生らとともに枝野幸男の推薦人となった。西村智奈美 フレッシュアイペディアより)

  • 赤報隊事件

    赤報隊事件から見た有田芳生有田芳生

    記者2人を殺傷した朝日新聞阪神支局襲撃事件は、言論弾圧事件として大きな注目を集め、新聞・雑誌等では当時、「表現の自由」に対するテロリズムであるという報道がなされていた。井上は記者の生命を奪う行為は、個人の生命を「最大の尊重を必要とする」とした日本国憲法第13条に外れ、「主権在君から主権在民という日本の歴史の流れに逆らう」犯人こそ「反日分子」だと批判した。西尾幹二も犯人が中曽根康弘、竹下登両首相への脅迫状の中で靖国神社参拝問題に触れたことに対し、「靖国を大事にする人が暴力とつながっているように、世間の人々から思われてしまう」「迷惑な話だ」「右も左も言論への暴力はいけない」と批判した。大谷昭宏も「百パーセント許すことができない」「犯人は『記者を撃つ』ことで『言論を撃った』」、有田芳生も「思想に生きる者としての自負がいささかでもあるならば、沈黙は断じて許されない」と批判した。櫻井よしこも「朝日に言われるまでもなく、言論には言論で対峙することが民主主義国家における大前提」と述べた上で、殺害された記者は「絶対に許されざる言論テロの象徴的犠牲者」と主張している。赤報隊事件 フレッシュアイペディアより)

  • 除名

    除名から見た有田芳生有田芳生

    有田芳生(1990年):除籍措置。その後新党日本を経て現在は民主党所属除名 フレッシュアイペディアより)

  • 寺田学

    寺田学から見た有田芳生有田芳生

    2017年9月1日に行われた民進党代表選挙では菅直人や有田芳生らとともに枝野幸男の推薦人となった。寺田学 フレッシュアイペディアより)

  • 国際勝共連合

    国際勝共連合から見た有田芳生有田芳生

    有田芳生は「私は以前、安倍(晋三)さんから統一教会と北朝鮮の関係について聞かれたことがある。そのときは「統一教会が接近してきている。会おうと言われているが断っている」と言っていました。安倍さんは北朝鮮に対して強硬な立場で総裁選も近いということから考えると、少なくとも本人の意思では(前述の祝電を)送っていないとは思いますが」とコメントしている。この発言の後、2013年(平成25年)7月の第23回参議院議員通常選挙では勝共連合が有田への対抗馬として山谷えり子を当選させるよう、統一協会員に働きかけを行なっていた。このとき有田は、自身のブログに統一協会の内部文書を載せ、統一協会と晋三、及び山谷の強い関係性を指摘している。逆に「世界思想」2013年9月号は「安倍政権の救国ロードマップ」を特集し、街頭演説をする晋三の姿を表紙に使った。国際勝共連合 フレッシュアイペディアより)

147件中 61 - 70件表示

「有田芳生」のニューストピックワード