147件中 71 - 80件表示
  • 芝博一

    芝博一から見た有田芳生有田芳生

    2017年民進党代表選挙では菅直人や有田芳生らとともに枝野幸男の推薦人となった。芝博一 フレッシュアイペディアより)

  • 土屋敬之

    土屋敬之から見た有田芳生有田芳生

    また、土屋と選出区が同じ板橋区が単一自治体で選挙区全域である東京11区では、民主党は新党日本の有田芳生を推薦した(落選)が、選挙後、有田は民主党内に「利敵行為」を働いた者がいたとしている。土屋は「落選した候補が、自分の不明を恥じずに、他人に責任を転嫁、それを党幹部に言いつけたか言ったらしい」と反応している。また、当選した自民党の下村博文は、教科書問題などで土屋と協力関係にあり、思想信条が近い。土屋敬之 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田忠智

    吉田忠智から見た有田芳生有田芳生

    高校無償化をめぐっては朝鮮学校への適用に賛成し、2013年4月25日に実施された「『高校無償化』制度の朝鮮学校への即時適用と補助金復活を求める院内集会」に社民党幹事長の又市征治参院議員、社民党政策審議会長の吉田忠智参院議員、民主党の江崎孝参院議員、日本未来の党の阿部知子衆院議員、社民党の吉川元衆院議員、民主党の有田芳生参議院議員らが参加し朝鮮学校に「無償化」をこれからも働きかけることを表明した。吉田忠智 フレッシュアイペディアより)

  • テレサ・テン

    テレサ・テンから見た有田芳生有田芳生

    有田芳生著『私の家は山の向こう―テレサ・テン十年目の真実』文藝春秋、2005年、ISBN 9784163668406テレサ・テン フレッシュアイペディアより)

  • 重村智計

    重村智計から見た有田芳生有田芳生

    2002年(平成14年)及び2009年(平成21年)に、北朝鮮による日本人拉致問題解決を求める意見広告をニューヨーク・タイムズや韓国大手紙に掲載した「意見広告7人の会」呼びかけ人の1人である(残りの6人は有田芳生、勝谷誠彦、加藤哲郎、高世仁、日垣隆、湯川れい子)。重村智計 フレッシュアイペディアより)

  • 福島瑞穂

    福島瑞穂から見た有田芳生有田芳生

    文書に賛同した19人は衆議院議員では民主党の篠原孝、生方幸夫 ・社民党の吉川元 、参議院議員では民主党の蓮舫、小川敏夫、藤田幸久、相原久美子、有田芳生、石橋通宏、小西洋之、難波奨二、野田国義、大島九州男 、田城郁、徳永エリ、森本真治・社民党の吉田忠智、福島瑞穂、又市征治だった。福島瑞穂 フレッシュアイペディアより)

  • 藤田幸久

    藤田幸久から見た有田芳生有田芳生

    2014年4月21日、第2次安倍内閣が目指す憲法解釈変更による集団的自衛権の行使容認を支持しないようアメリカ大統領のバラク・オバマに求める文書を、複数の国会議員による連名で在日米大使館に提出した。文書に賛同した19人は藤田のほか衆議院議員では民主党の篠原孝・生方幸夫、社民党の吉川元、参議院議員では民主党の蓮舫・小川敏夫・相原久美子・有田芳生・石橋通宏・小西洋之・難波奨二・野田国義・大島九州男 ・田城郁・徳永エリ・森本真治、社民党の吉田忠智・福島瑞穂・又市征治だった。藤田幸久 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤健二 (ジャーナリスト)

    後藤健二 (ジャーナリスト)から見た有田芳生有田芳生

    2014年11月1日頃に「シリアに同行したガイドに裏切られ、武装グループに拘束された」とトルコの知人に電話連絡があった。この数日後にISILの関係者を名乗る人物から数十億円の身代金を要求するメールが家族に届いた。2015年1月20日になり、ISILが日本国民と日本政府に向けたビデオに別に人質となっていた湯川遥菜と共に登場し、ジハーディ・ジョンとして知られるISILメンバーの男性が「72時間以内に2億ドルの身代金の支払いがないと両人質を殺害する」と述べた。日本政府は現地対策本部をトルコにではなくヨルダンに設置することをわずか3分の緊急会合で決めた。トルコに対策本部を設置しなかった理由についてTV番組の報道ステーションでは、トルコに対策本部を置くと身代金要求に応じるか否かの交渉の流れになるため、身代金要求には一切応じないことを決めこんでいた日本政府の選択肢はヨルダンへの設置しかなかった。1月23日、母親が記者会見を行い「健二はイスラム国の敵ではない」と訴えたが、夫曰く精神的に混乱状態だったため、原子力エネルギーに関する意見など、配布された声明文とは直接関係のない発言をする面も見られた。数百人の外国特派員・日本のマスコミ陣を前に、78歳の母親の会見が混乱したことについて参院議員の有田芳生も同じ意見だった。会見の中で広島と長崎への原爆投下に言及した理由について、米国やヨルダンなど有志連合による空爆にあえいでいる「イスラム国」に対して、日本は唯一の被爆国として同じ被害国であり、「日本は『イスラム国』の敵ではない。空爆する有志連合と日本を同一視しないでほしい」との趣旨のメッセージを込めたと母親は社会新報2015年2月18日号(田中稔記者執筆)で説明している。後藤健二 (ジャーナリスト) フレッシュアイペディアより)

  • 雨宮処凛

    雨宮処凛から見た有田芳生有田芳生

    『「酒鬼薔薇聖斗」への手紙 生きていく人として』有田芳生、森達也共著(宝島社、2003年)雨宮処凛 フレッシュアイペディアより)

  • 痴漢冤罪

    痴漢冤罪から見た有田芳生有田芳生

    ジャーナリストで現参議院議員の有田芳生は、金銭目的の「痴漢被害捏造犯」の存在に言及しており、また「痴漢冤罪に巻き込まれたくない」という理由で「家に帰るときは電車を使わず、なるべくタクシーで帰宅している」と本人のブログで発言している。痴漢冤罪 フレッシュアイペディアより)

147件中 71 - 80件表示

「有田芳生」のニューストピックワード