前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
234件中 1 - 10件表示
  • エゾリス

    エゾリスから見た朝

    本種は昼行性であるが、活動時間帯は季節により違いがあり、春はから活動し、夏は日出から日没まで、秋は昼。本種は冬眠せず真冬でも活動し、その時間帯は主にである。これら以外の時間帯にも活動することがある。活動範囲は巣を中心として行うが、ある特定の巣に対する拘泥はない。また活動範囲は他の個体と重なっており、個体間には序列がある。行動は基本的には単独行動であり、例外は交尾および子育ての時期と、親離れして間もない時期の同腹の幼獣たちである。また冬季には一つの巣を2 - 3匹で共有していることがある。エゾリス フレッシュアイペディアより)

  • ぼくは航空管制官3

    ぼくは航空管制官3から見た朝

    ゲームのシナリオは、のステージに始まり、昼、夕方、夜も再現されている。夜になると、空港施設や航空機がライトアップされ、空港は別の顔をみせるようになる。天候も晴天の他に雨天のシナリオなども用意されている。一般の旅客機のみならず、海上保安庁や国土交通省の機体なども登場する。この他にも、随所に様々なイベントが用意されている。4Gamer.netのレビューによれば、ゲームシステムの変更にともない、前作のぼくは航空管制官2より難易度が上がっているとのことである。ぼくは航空管制官3 フレッシュアイペディアより)

  • 福井県道101号三国金津線

    福井県道101号三国金津線から見た朝

    全線片側一車線の確保された一般的な県道である。この周辺地域を東西に走る路線の中では最も交通量が多く、混雑することが多い。特にと夕方は周辺が住宅街ということもあり、出勤帰宅時間と重なり渋滞することも間々ある。移動が目的の場合、この時間帯の県道101号の利用は避ける事が賢明といえるだろう。福井県道101号三国金津線 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿沼市クレーン車事故

    鹿沼市クレーン車事故から見た朝

    鹿沼市クレーン車事故(かぬましクレーンしゃじこ)とは2011年4月18日に鹿沼市に走行中のクレーン車が登校中の児童の列に突っ込んだことにより鹿沼市立北押原小学校に通う6人の小学生が死亡する事になったという事故。クレーン車を運転していた26歳の男性は自動車運転過失傷害容疑で逮捕され、事故当日の調べに対しては「ドーンとぶつかっているのは分かっているが、人をはねたかは覚えていない」と供述している。鹿沼市クレーン車事故 フレッシュアイペディアより)

  • 朝座

    朝座から見た朝

    朝座(あさざ)は、法華八講(法華経8巻を8座に分けて通常4日かけて完了させる勤行)などで、朝夕2度おこなわれる法会のうち、におこなう読経や説教のこと。「朝課」(ちょうか)ということもある。それに対し、夕方おこなわれる法会のことを「夕座」(ゆうざ)または「晩課」(ばんか)という。朝座 フレッシュアイペディアより)

  • チャージアップ (青森放送)

    チャージアップ (青森放送)から見た朝

    チャージアップ(ちゃーじあっぷ)は、青森放送ラジオで土曜日に放送している番組である。チャージアップ (青森放送) フレッシュアイペディアより)

  • 長野バイパス (滋賀県)

    長野バイパス (滋賀県)から見た朝

    現道が夕や町内でのイベント開催時(GWの駅前陶器市や10月連休の信楽陶器まつりなど)に長野交差点や信楽駅口交差点を中心に交通量が増加し渋滞が発生している。長野バイパス (滋賀県) フレッシュアイペディアより)

  • 多紀連山

    多紀連山から見た朝

    篠山盆地の北方に連なる標高600?800mの連峰で多紀連山県立自然公園を形成する。古生層の岩質は珪岩である。南方に緩やかに、北方に急峻な地形であり、水系としては日本海へ注ぐ由良川水系と瀬戸内海に注ぐ加古川水系とに分かれる中央分水嶺となっている。多紀連山では、鼓峠が最も標高の低い分水嶺である。植生が豊かであり、西紀町のシンボルでもあるシャクナゲやツツジが多く自生し、オサシダ、イワカガミなど高山植物に分類される植物も多く見られる。麓の一部を除き自然林でありケヤキ、ナラ、カエデなど秋を彩る樹木が多く紅葉も美しい。多紀連山も含め四方を山に囲まれた篠山盆地では秋頃からしばしば「丹波霧」と呼ばれる濃霧が発生し、には雲海が観察できる。多紀連山 フレッシュアイペディアより)

  • 冬景色

    冬景色から見た朝

    さ霧消ゆる湊江(みなとえ)の舟に白し、の霜。ただ水鳥の声はしていまだ覚めず、岸の家。冬景色 フレッシュアイペディアより)

  • Contact (茅原実里のアルバム)

    Contact (茅原実里のアルバム)から見た朝

    茅原曰く「Aメロの入るところからキーが高くて、リズムもとりにくい」ため、レコーディングは何度もリテイクすることになり、レコーディングが終わると茅原もスタッフもぐったりしていたという。また、1番のAメロの歌詞が「がやって来る瞬間を凄く上手に、幻想的に表していて、朝日が昇って空をオレンジや赤に染めていく様子が想像できる」と、気に入っていると語っている。Contact (茅原実里のアルバム) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
234件中 1 - 10件表示

「朝型生活」のニューストピックワード