前へ 1 2
20件中 1 - 10件表示
  • 白鳥勝浩

    白鳥勝浩から見た朝日健太郎朝日健太郎

    東京都大田区出身。中学時代からバレーボールを始め、バレーボールの名門、東亜学園高等学校で春の高校バレーで準優勝とインターハイで全国3位を経験した。また東海大学では全日本インカレで準優勝するなど活躍した。卒業後はビーチバレー選手として活躍、現在のペアは朝日健太郎(フリー)。オリンピック2大会連続のビーチバレー日本代表。白鳥勝浩 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のバレーボール

    2008年のバレーボールから見た朝日健太郎朝日健太郎

    9日 - 北京オリンピック開幕。日本は男子バレーボールが1次リーグ5戦全敗で敗退し11位、女子は1次リーグ2勝3敗で決勝リーグへ進出し5位。男子ビーチバレーの朝日健太郎・白鳥勝浩組は決勝トーナメントへ進出し9位、女子の佐伯美香・楠原千秋組は予選で敗退し19位。2008年のバレーボール フレッシュアイペディアより)

  • 全国都道府県対抗中学バレーボール大会

    全国都道府県対抗中学バレーボール大会から見た朝日健太郎朝日健太郎

    朝日健太郎 (第4回大会)全国都道府県対抗中学バレーボール大会 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺聡 (ビーチバレー選手)

    渡辺聡 (ビーチバレー選手)から見た朝日健太郎朝日健太郎

    2005年は朝日健太郎、2006年は西村晃一とペアを組んだ。渡辺聡 (ビーチバレー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 加藤陽一

    加藤陽一から見た朝日健太郎朝日健太郎

    筑波大学に進学後、2年生から4年生までの3年間、チームのインカレ3連覇に貢献。大学在学中の1998年世界選手権で全日本代表デビューを果たし、朝日健太郎、西村晃一とともに全日本代表の顔となった。その後も1999年ワールドカップ、2001年ワールドグランドチャンピオンズカップで全日本代表のエースとして活躍した。加藤陽一 フレッシュアイペディアより)

  • 齋藤信治

    齋藤信治から見た朝日健太郎朝日健太郎

    ノブコフの愛称は朝日健太郎によって名づけられた。1999年のワールドカップではさらにインパクトをつけるために彼の身長である205(cm)を愛称につなげ、ノブコフ205をキャッチフレーズとしてテレビ放送で使用した。齋藤信治 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のバレーボール

    2010年のバレーボールから見た朝日健太郎朝日健太郎

    1日 - ビーチバレーJBVツアー2010が開幕。3日にかけて第1戦東京オープンが行われ、男子は白鳥勝浩・朝日健太郎組、女子は浦田聖子・西堀健実組が優勝した。男女優勝ペアと男子2位の井上真弥・長谷川徳海組、女子2位の駒田順子・本間江梨組は11月開催の第16回アジア競技大会ビーチバレー代表に選出。2010年のバレーボール フレッシュアイペディアより)

  • 日高裕次郎

    日高裕次郎から見た朝日健太郎朝日健太郎

    2012年7月4日に川崎市川崎マリンビーチコートでロンドン五輪日本代表決定戦が行われ、朝日健太郎・白鳥勝浩組と対戦。日高・青木晋平組は0対2で敗退し、オリンピック出場権は得られなかった。日高裕次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 青木晋平

    青木晋平から見た朝日健太郎朝日健太郎

    その後、ビーチバレーへ転向。世界各地を転戦しながら実力を付け、ロンドン五輪日本代表候補として日高裕次郎とペアを組み世界最終予選を戦い抜く。代表決定戦において、共に世界最終予選を戦ってきた朝日健太郎・白鳥勝浩ペアに敗れたため、ロンドン五輪への出場は果たせなかった。青木晋平 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田美仁

    桑田美仁から見た朝日健太郎朝日健太郎

    サントリーでは1984年からコーチ専任となり、1997年まで長きに渡り強力チーム作りへ尽力、1998年監督に就任するとジルソン・ベルナルド、佐々木太一、清水雅之、荻野正二、朝日健太郎らを擁して2000年第6回Vリーグ制覇と全日本選手権、第1回Vカップ初代王者とタイトルを独占、翌年2001年Vリーグ二連覇を達成し黄金時代の礎を築いて勇退した。桑田美仁 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
20件中 1 - 10件表示