前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
2553件中 1 - 10件表示
  • 全国高等学校サッカー選手権大会

    全国高等学校サッカー選手権大会から見た朝日新聞社朝日新聞社

    1910年代から1920年代にかけて関西地方に於いて、特に朝日新聞大阪本社と大阪毎日新聞社(現:毎日新聞社)が主に新聞拡販を目的として野球を始め多くのスポーツイベントを開催した。1918年(1917年度)1月に、大阪府豊中村の豊中グラウンドで大阪毎日新聞社の主催により始まった「日本フートボール優勝大會」もその一つである。この大会は、もともとラグビーの関係者が大阪毎日新聞社に、ラグビー競技の大会として持ち込んだ企画で、日本のラグビーの始祖ともいうべき慶應を関西に招いて試合をしたいという狙いがあって大会名に「日本」という名を冠した。しかしラグビーは当時3チームしか関西でやっている学校がなくそれでは大会にならないということで、サッカーなら当時10いくつ関西でやっているということで、フットボールには、ラ式とア式とあるから、アソシエーションフットボール(ア式、サッカーは当時こう呼んだ)も入れて、ラグビーとの共同開催として「日本フートボール優勝大會」が行われた。但しこの慶應を呼ぶという話はラグビー部門に限ったことで、慶應のサッカー部(慶應義塾体育会ソッカー部)はまだ創部されていないから、サッカー部門とは全く関係がない。結局慶應のラグビー部(慶應義塾體育會蹴球部)は来場したが、相手が中学生ばかりなので怒って棄権して帰ったといわれるが「日本フートボール優勝大會」という名前を付けていたことが、後に一本化する際に優位に働いたとされる。つまりサッカーはラグビーの付属大会として始まり、ラグビー部門が前述の理由で付けた「日本フートボール優勝大會」という大袈裟な名前のおかげで生き残ったということになる。なお、サッカー部門と同時に始まったラグビー部門の方も全国高校ラグビー大会の前身となっている。この他、「日本フートボール優勝大會」と銘打っているように当初は「中等学校蹴球大会」という計画ではなかったため旧制中学校とは年長となる関西学院高等部が第1回から第6回大会まで、神戸高商が第3回大会に出場した。当時の関西にこれら旧制高等学校、旧制専門学校以上のカテゴリーの蹴球部がなかったから問題がなかったものと思われ『関西サッカーのあゆみ』30、31頁には「日本フートボール大會ですから。なんでも来いや」と記述されている。しかし実際は何でも参加させた訳ではなく、第1回から第8回大会までは関西以外からのチームの参加はなく、またラグビー部門のように(慶應は棄権したが)例えば関東から東京蹴球団や東京高等師範などを参加させたということもない。こうした他地域からの参入があれば、試合結果が変わるのは勿論、「高校サッカー選手権」の前身である「中学校蹴球大会」とは認められなかったかも知れない。後述するが、同時期に各地で「全国中等学校蹴球大会」と名乗る大会が数多く開催されたが、どれも参加は師範学校と旧制中学校のみで、これ以上のカテゴリーのチームの参加はなく、またこれらの大会には他地域からの参加があった()。大会は大阪朝日新聞社主催の全国中等学校優勝野球大会に対抗するべく、ラグビー競技の大会をメインとして始めたため、サッカー関係者には相談がなかった。『日本サッカーのあゆみ』には「蹴球関係者側の意見を尊重してもらう余地もなく、新聞社の方が先に立った」と書かれている。この毎日新聞が主催して大阪で始まった大会を現在の高校選手権の前身としている。全国高等学校サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 織田幹雄

    織田幹雄から見た朝日新聞社朝日新聞社

    1922年(大正11年)、旧制広島一中(現・広島県立広島国泰寺高等学校)徒歩部(陸上競技部)時代、全国中等学校陸上競技大会の走高跳と走幅跳で優勝。17歳で三段跳日本新記録を樹立。1923年(大正12年)、第6回極東選手権で走幅跳、三段跳で優勝。1924年(大正13年)のパリ・オリンピックに出場。日本選手団は陸上・水泳・テニス・レスリングの全28人だった。当時の日本陸上は世界の情勢に程遠く、オリンピック村で他国のチーム関係者に話を聞いて驚くような状況だった。織田は走幅跳では惜しくも入賞を逃したが、三段跳で日本陸上初の入賞(6位)を果たした。1925年(大正14年)、早稲田大学商学部に進学、早稲田大学競走部で活躍。当時英語で「ホップ・ステップ・アンド・ジャンプ」と呼ばれた競技名を自ら「三段跳」と訳した。現在はトリプルジャンプと呼ばれている。1928年(昭和3年)のアムステルダムオリンピックでは日本選手団の主将として出場するとともに、8月2日に行われた三段跳決勝の2回目に15m21cmを記録し日本人初の金メダルを獲得した。1931年(昭和6年)、早稲田大学を卒業し朝日新聞社入社。同年10月27日、当時の三段跳の世界記録(15m58cm)を樹立した。織田幹雄 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木崑

    佐々木崑から見た朝日新聞社朝日新聞社

    1966年、アサヒカメラ(朝日新聞社)1月号より、「小さい生命」の連載を開始。1980年6月号まで続く。佐々木崑 フレッシュアイペディアより)

  • 田淵行男

    田淵行男から見た朝日新聞社朝日新聞社

    1951年 『田淵行男 山岳写真傑作集』(朝日新聞社、アサヒカメラ臨時増刊)刊行。9月、『科学朝日』(9月号)に「高山蝶をたずねて」を発表。これが田淵の高山蝶研究第一声であった。田淵行男 フレッシュアイペディアより)

  • 森浩一

    森浩一から見た朝日新聞社朝日新聞社

    日本神話の考古学(1993年07月、朝日新聞社) 1999年2月朝日文庫から再刊森浩一 フレッシュアイペディアより)

  • 夏目漱石

    夏目漱石から見た朝日新聞社朝日新聞社

    その後朝日新聞社に入社し、「虞美人草」「三四郎」などを掲載。当初は余裕派と呼ばれた。「修善寺の大患」後は、『行人』『こゝろ』『硝子戸の中』などを執筆。「則天去私(そくてんきょし)」の境地に達したといわれる。晩年は胃潰瘍に悩まされ、「明暗」が絶筆となった。夏目漱石 フレッシュアイペディアより)

  • 日刊スポーツ

    日刊スポーツから見た朝日新聞社朝日新聞社

    朝日新聞社と関係が強く、日刊スポーツ新聞西日本の前身会社となる名古屋日刊スポーツ新聞社・大阪日刊スポーツ新聞社・西部日刊スポーツ新聞社の歴代社長は、全て朝日新聞社出身である。また、沖縄タイムス社は朝日新聞社と報道協定を結ぶなど協力関係にあり、沖縄版の現地印刷・発行の委託を開始するなど、事実上のフランチャイズ契約を結んでいる。日刊スポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 高木正幸

    高木正幸から見た朝日新聞社朝日新聞社

    1953年、熊本大学文学部英文学科卒業。同年、朝日新聞社入社。鹿児島支局、西部本社、東京本社社会部、首都部次長を経て、1974年から東京本社編集委員。全共闘運動の時代から学生運動に関わる記事を多数執筆し、次いで部落問題の専門記者として鳴らした。1980年までは部落解放同盟の見解に共鳴し、部落解放同盟寄りの記者と見られていた。この間、シルクロード踏査隊に参加。高木正幸 フレッシュアイペディアより)

  • 柳沢京子

    柳沢京子から見た朝日新聞社朝日新聞社

    1992年 北御牧村で切り絵個展。刻み業25周年記念「きのう・京・あした」を朝日新聞社から刊行し、ながの東急ほかで巡回展柳沢京子 フレッシュアイペディアより)

  • 日本振興銀行

    日本振興銀行から見た朝日新聞社朝日新聞社

    2006年(平成18年)1月1日 - 木村剛会長の親族会社に対する不明朗な融資を『朝日新聞』(朝日新聞社)が報道日本振興銀行 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
2553件中 1 - 10件表示

「朝日新聞社」のニューストピックワード