前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
3574件中 1 - 10件表示
  • 織田幹雄

    織田幹雄から見た朝日新聞社朝日新聞社

    文化功労者、広島県名誉県民、安芸郡海田町名誉町民、東京都名誉都民、渋谷区名誉区民。最終学歴は早稲田大学商学部卒業。朝日新聞社に入社し最終的には朝日新聞運動部部長、のち早稲田大学教授を務めた。織田幹雄 フレッシュアイペディアより)

  • 田淵行男

    田淵行男から見た朝日新聞社朝日新聞社

    1951年 『田淵行男 山岳写真傑作集』(朝日新聞社、アサヒカメラ臨時増刊)刊行。9月、『科学朝日』(9月号)に「高山蝶をたずねて」を発表。これが田淵の高山蝶研究第一声であった。田淵行男 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木崑

    佐々木崑から見た朝日新聞社朝日新聞社

    1966年、アサヒカメラ(朝日新聞社)1月号より、「小さい生命」の連載を開始。1980年6月号まで続く。佐々木崑 フレッシュアイペディアより)

  • 西村春彦

    西村春彦から見た朝日新聞社朝日新聞社

    1991年(平成3年)日本写真芸術専門学校の最優秀賞を受賞し卒業。朝日新聞社出版局(現在の朝日新聞出版)の写真部の委託フリーカメラマンとして3年在籍する。1年目の途中から『週刊朝日』のモノクロ(活版)記事の取材写真などを撮影するようになり、徐々に取材カメラマンへと移行。『朝日ジャーナル』が休刊した際、最後のイベントを取材撮影し最終号の記事にクレジットが掲載されている。西村春彦 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷川町子

    長谷川町子から見た朝日新聞社朝日新聞社

    1948年11月21日より『サザエさん』の連載先を新夕刊に移すと、作者の引越しをなぞるように磯野家も東京に引越した。1949年、朝日新聞社が創刊した夕刊朝日新聞に『サザエさん』の連載先を変更するが、これを機に週刊朝日に連載していた『似たもの一家』を打ち切る。1951年から『ブロンディ』の後を承けて朝日新聞の朝刊を飾り、新聞4コマ漫画の第一人者となる。この頃になるとファンレターも来るようになり、励みになったという。同漫画は後に何度か中断期間を挟みつつ1974年(昭和49年)まで連載された。長谷川町子 フレッシュアイペディアより)

  • 全国高等学校サッカー選手権大会

    全国高等学校サッカー選手権大会から見た朝日新聞社朝日新聞社

    この大会は、もともとラグビーの関係者が大阪毎日新聞社に、ラグビー競技の大会として持ち込んだ企画で、日本のラグビーの始祖ともいうべき慶應を関西に招いて試合をしたいという狙いがあって大会名に「日本」という名を冠した。しかしラグビーは、関西には当時3チームしかなく、ラグビー単独では大会が成立しなかった。サッカーの場合は、関西には当時10以上のチームが存在したことから、サッカー(当時はアソシエーションフットボールと呼ばれていた。通称ア式)とラグビーとの共同開催として「日本フートボール優勝大會」が行われた。但しこの慶應を呼ぶという話はラグビー部門に限ったことで、慶應のサッカー部(慶應義塾体育会ソッカー部)はまだ創部されていないから、サッカー部門とは全く関係がない。結局慶應義塾體育會蹴球部(ラグビー部)は来場したが、相手が中学生ばかりなので怒って棄権して帰ったといわれるが「日本フートボール優勝大會」という名前を付けていたことが、後に一本化する際に優位に働いたとされる。つまりサッカーはラグビーの付属大会として始まり、ラグビー部門が前述の理由で付けた「日本フートボール優勝大會」という大袈裟な名前のおかげで生き残ったということになる。なお、サッカー部門と同時に始まったラグビー部門の方も全国高校ラグビー大会の前身となっている。この他、「日本フートボール優勝大會」と銘打っているように当初は「中等学校蹴球大会」という計画ではなかったため旧制中学校とは年長となる関西学院高等部 が第1回から第6回大会まで、神戸高商 が第3回大会に出場した。当時の関西にこれら旧制高等学校、旧制専門学校以上のカテゴリーの蹴球部がなかったから問題がなかったものと思われ『関西サッカーのあゆみ』30、31頁には「日本フートボール大會ですから。なんでも来いや」と記述されている。しかし実際は何でも参加させた訳ではなく、第1回から第8回大会までは関西以外からのチームの参加はなく、またラグビー部門のように(慶應は棄権したが)例えば関東から東京蹴球団や東京高等師範などを参加させたということもない。こうした他地域からの参入があれば、試合結果が変わるのは勿論、「高校サッカー選手権」の前身である「中学校蹴球大会」とは認められなかったかも知れない。後述するが、同時期に各地で「全国中等学校蹴球大会」と名乗る大会が数多く開催されたが、どれも参加は師範学校と旧制中学校のみで、これ以上のカテゴリーのチームの参加はなく、またこれらの大会には他地域からの参加があった()。大会は大阪朝日新聞社主催の全国中等学校優勝野球大会に対抗するべく、ラグビー競技の大会をメインとして始めたため、サッカー関係者には相談がなかった。『日本サッカーのあゆみ』には「蹴球関係者側の意見を尊重してもらう余地もなく、新聞社の方が先に立った」と書かれている。この毎日新聞が主催して大阪で始まった大会を現在の高校選手権の前身としている。全国高等学校サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • ほんとにあった怖い話 (雑誌)

    ほんとにあった怖い話 (雑誌)から見た朝日新聞社朝日新聞社

    『ほんとにあった怖い話』(ほんとにあったこわいはなし)は、かつて朝日新聞出版が発行していた日本のホラー漫画雑誌。隔月刊。1987年、朝日ソノラマが創刊。その後、朝日新聞社、朝日新聞出版に発行者を変更し、2010年に発行を終了。奇数月24日に発売。ほんとにあった怖い話 (雑誌) フレッシュアイペディアより)

  • 森浩一

    森浩一から見た朝日新聞社朝日新聞社

    日本神話の考古学(1993年07月、朝日新聞社) 1999年2月朝日文庫から再刊森浩一 フレッシュアイペディアより)

  • 日刊スポーツ

    日刊スポーツから見た朝日新聞社朝日新聞社

    朝日新聞社と関係が強く、日刊スポーツ新聞西日本の前身会社となる名古屋日刊スポーツ新聞社・大阪日刊スポーツ新聞社・西部日刊スポーツ新聞社の歴代社長は、全て朝日新聞社出身である。また、沖縄タイムス社は朝日新聞社と報道協定を結ぶなど協力関係にあり、沖縄版の現地印刷・発行の委託を開始するなど、事実上のフランチャイズ契約を結んでいる。日刊スポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 入江相政

    入江相政から見た朝日新聞社朝日新聞社

    1935年(昭和10年)1月1日、母・信子の勧めで日記を付け始める。この日記は、以後、相政の亡くなる前日、1985年(昭和60年)9月28日まで半世紀にわたって付けられ、昭和天皇が崩御した後の1990年(平成2年)に『入江相政日記』(全6巻、朝日新聞社刊、入江為年監修、1990-1991年)として公刊された。戦前戦後を通じて昭和天皇の側に仕えた者から見た歴史の一面を伝える貴重な史料となった。同年4月から5月にかけて、台湾中北部大地震のためご差遣。1936年(昭和11年)2月26日、二・二六事件で連日当直をつとめる。同年3月19日、父・為守が死去。1941年(昭和16年)10月22日、姪の高木百合子が三笠宮崇仁(たかひと)親王と結婚し、三笠宮妃となる。1942年(昭和17年)5月に北九州地方へ、同年7月に関東地方へ、同年9月から10月には樺太へご差遣。1945年(昭和20年)3月10日、東京大空襲で東京都牛込区砂土原町(現・新宿区市谷砂土原町)の自宅を焼失する。同年3月15日、家族(母、妻ら)を山形県東田川郡黄金村(現・山形県鶴岡市)に疎開させる。同年8月14日、終戦の前日に塩原御用邸から帰京し、終戦の玉音放送録音に供奉する。同年12月9日、砂土原町の焼け跡で壕舎生活を始める。入江相政 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
3574件中 1 - 10件表示

「朝日新聞社」のニューストピックワード