3574件中 11 - 20件表示
  • 朝日新聞

    朝日新聞から見た朝日新聞社朝日新聞社

    朝日新聞(あさひしんぶん、)は、日本の日刊の全国紙。朝日新聞社が編集・発行する新聞で、同社のメイン新聞である。販売部数は、全国紙では読売新聞に次ぐ業界2位。朝日新聞 フレッシュアイペディアより)

  • 柳沢京子

    柳沢京子から見た朝日新聞社朝日新聞社

    1992年 北御牧村で切り絵個展。刻み業25周年記念「きのう・京・あした」を朝日新聞社から刊行し、ながの東急ほかで巡回展柳沢京子 フレッシュアイペディアより)

  • 新エングラー体系

    新エングラー体系から見た朝日新聞社朝日新聞社

    この新エングラー体系は、伊藤洋による『新高等植物分類表』(1968年、北隆館)により日本に紹介された。この分類は直感的に分かりやすく、森田は、実用性と全ての植物を網羅した体系であることを指摘し、『この分類が広く用いられているのは、(中略)他に匹敵するものがないことによると思われる』と述べている。このエングラーらの体系は、イギリスやその植民地などを除く世界各地で受け入れられ、特に日本においては、例えば、『週刊朝日百科 世界の植物』(朝日新聞社、1975〜1978年)や佐竹義輔ら編『日本の野生植物』(平凡社、1981〜1989年)、環境省『植物目録1987(昭和63年)』、岩槻邦男ら編『Flora of Japan』(講談社、1993年〜)などの種子植物に関する植物誌や植物目録、図鑑、さらにはタイプ標本を保存しているハーバリウム(植物標本館、植物標本室)などで採用されてきた。一方で、日本国外では、同時期にエングラーらの体系が必ずしも採用されているわけではなく、例えばアメリカや中国ではクロンキスト体系が採用されている。なお、シダ植物の分類については、日本では、エングラーらの体系ではなく、エドウィン・ビンガム・コープランドの体系(Copeland, Edwin Bingham (1947) "Genera Filicum, the genera of ferns.")が採用されてきた。新エングラー体系 フレッシュアイペディアより)

  • ピューリッツァー賞 一般ノンフィクション部門

    ピューリッツァー賞 一般ノンフィクション部門から見た朝日新聞社朝日新聞社

    杉辺利英訳『失敗したアメリカの中国政策――ビルマ戦線のスティルウェル将軍』(朝日新聞社、1996年)ピューリッツァー賞 一般ノンフィクション部門 フレッシュアイペディアより)

  • アポロの杯

    アポロの杯から見た朝日新聞社朝日新聞社

    以上をまとめた単行本『アポロの杯』は、1952年(昭和27年)10月5日に朝日新聞社より刊行された。その後、1954年(昭和29年)3月刊行の『三島由紀夫作品集6』再録にあたり、図版や三島が創作した詩劇アンティノウス「鷲ノ座――近代能楽集ノ内」と、それを改編した短編小説「アンティノウス」(未完の草稿)が付加された。アポロの杯 フレッシュアイペディアより)

  • ファーレイ株式会社

    ファーレイ株式会社から見た朝日新聞社朝日新聞社

    スタイルアサヒ 平成28年8月号(2016年7月発行、朝日新聞ファーレイ株式会社 フレッシュアイペディアより)

  • 高木正幸

    高木正幸から見た朝日新聞社朝日新聞社

    1953年、熊本大学文学部英文学科卒業。同年、朝日新聞社入社。鹿児島支局、西部本社、東京本社社会部、首都部次長を経て、1974年から東京本社編集委員。全共闘運動の時代から学生運動に関わる記事を多数執筆し、次いで部落問題の専門記者として鳴らした。1980年までは部落解放同盟の見解に共鳴し、部落解放同盟寄りの記者と見られていた。この間、シルクロード踏査隊に参加。高木正幸 フレッシュアイペディアより)

  • 名和小太郎

    名和小太郎から見た朝日新聞社朝日新聞社

    『雲を盗む: 法廷に立たされた現代技術』朝日新聞社、1995名和小太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 将棋のアマチュア棋戦

    将棋のアマチュア棋戦から見た朝日新聞社朝日新聞社

    朝日新聞社主催の大会。朝日アマ名人と本戦ベスト8以上の9名が朝日杯将棋オープン戦の予選への出場資格を得る。将棋のアマチュア棋戦 フレッシュアイペディアより)

  • 竹久夢二

    竹久夢二から見た朝日新聞社朝日新聞社

    アサヒカメラ1978年12月増刊号 『竹久夢二 その写真の世界』 朝日新聞社、1978年竹久夢二 フレッシュアイペディアより)

3574件中 11 - 20件表示

「朝日新聞社」のニューストピックワード