3574件中 21 - 30件表示
  • 本多勝一

    本多勝一から見た朝日新聞社朝日新聞社

    本多の生まれは長野県下伊那郡大島村上新井であるが、生年は著書によって1931年(昭和6年)、1932年(昭和7年)、1933年(昭和8年)の3通りを記しており、どれが正しいのかは不明である。たとえば『中国の旅』ハードカバー版(1972年、朝日新聞社)によると1931年であり、同書文庫版(1981年、朝日新聞社)によると1933年であり、『殺される側の論理』(1982年、朝日新聞社)によると1932年であるという。生年月日を記した唯一の資料『現代日本人名録98』によると、1932年1月28日生まれだが戸籍上は1931年11月22日生まれであるという。ただし殿岡昭郎『体験的本多勝一論』(2003年、日新報道)によると、1987年3月3日、京都地裁で開かれたベトナム僧尼団焼身自殺をめぐる民事裁判の原告本人質問にて、本多は「1933年4月28日生まれである可能性がある」と発言しており、生年月日は未だに明らかでない。『しんぶん赤旗』では1931年生まれと自ら語っている。本多勝一 フレッシュアイペディアより)

  • 嵐山光三郎

    嵐山光三郎から見た朝日新聞社朝日新聞社

    父は、朝日新聞社社員から、多摩美術大学の教授に転じた、デザイナーの祐乗坊宣明。弟の祐乗坊進は造園コンサルタントで多摩美術大学講師。嵐山光三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 村上朝日堂

    村上朝日堂から見た朝日新聞社朝日新聞社

    後に、同じスタイルのエッセイが『週刊朝日』誌上に『週刊村上朝日堂』として連載され、『村上朝日堂の逆襲』として書籍化された。『日刊アルバイトニュース』連載時は朝日新聞社とは関係なく、同じ「朝日」という言葉を冠するのは偶然である。村上朝日堂 フレッシュアイペディアより)

  • いしかわこうじ

    いしかわこうじから見た朝日新聞社朝日新聞社

    2004〜6年、ペーパーわんこ・ペーパーにゃんこ写真で、朝日新聞社の「暮らしの風」誌表紙の連載。書籍「世界を旅するペーパーわんこ」を発表。ペーパーどうぶつ写真とショートストーリーを、月刊「ピコロ」誌(学習研究社)に連載。いしかわこうじ フレッシュアイペディアより)

  • 徳川義寛

    徳川義寛から見た朝日新聞社朝日新聞社

    徳川義寛終戦日記(御厨貴、岩井克己監修、朝日新聞社、1999年11月)徳川義寛 フレッシュアイペディアより)

  • 北杜夫

    北杜夫から見た朝日新聞社朝日新聞社

    『奇病連盟』朝日新聞社、1967、新潮文庫北杜夫 フレッシュアイペディアより)

  • 日本振興銀行

    日本振興銀行から見た朝日新聞社朝日新聞社

    2006年(平成18年)1月1日 - 木村剛会長の親族会社に対する不明朗な融資を『朝日新聞』(朝日新聞社)が報道日本振興銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 街道をゆく

    街道をゆくから見た朝日新聞社朝日新聞社

    題字は棟方志功(版画家)が、挿絵は、1971年1月から1990年2月までが須田剋太、須田の没後は1990年9月から1991年7月までは画家桑野博利(1913?2008年)、1991年8月から1996年3月までが安野光雅が担当した(スケッチ集を3冊刊行、朝日新聞社)。なお、「オランダ紀行」では、須田が病気で同行できなかったため、本格的な代役を立てると、本人の病気に響くという配慮から司馬本人のスケッチが掲載されている。街道をゆく フレッシュアイペディアより)

  • 名人戦 (将棋)

    名人戦 (将棋)から見た朝日新聞社朝日新聞社

    名人戦(めいじんせん)は、毎日新聞社と朝日新聞社共催の将棋の棋戦で、8大タイトル戦(竜王戦・名人戦・叡王戦・王位戦・王座戦・棋王戦・王将戦・棋聖戦)のひとつ。1937年に第1期が開始され、タイトル戦の中で一番長い歴史を有している。七番勝負の勝者は名人のタイトル称号を得る。名人位は竜王位とともにプロ将棋界の頂点とされている。名人戦 (将棋) フレッシュアイペディアより)

  • 椿山課長の七日間

    椿山課長の七日間から見た朝日新聞社朝日新聞社

    『椿山課長の七日間』(つばきやまかちょうのなのかかん)は、浅田次郎による日本の小説。『朝日新聞』の連載小説として2001年7月2日から2002年4月16日にかけて連載された後、同年9月に朝日新聞社より刊行された。椿山課長の七日間 フレッシュアイペディアより)

3574件中 21 - 30件表示

「朝日新聞社」のニューストピックワード