2553件中 31 - 40件表示
  • 街道をゆく

    街道をゆくから見た朝日新聞社朝日新聞社

    挿絵は、1971年1月から1990年2月までが須田剋太、須田の没後は1990年9月から1991年7月までは画家桑野博利(1913?2008年)、1991年8月から1996年3月までが安野光雅が担当した(スケッチ集を3冊刊行、朝日新聞社)。なお、「オランダ紀行」では、須田が病気で同行できなかったため、本格的な代役を立てると、本人の病気に響くという配慮から司馬本人のスケッチが掲載されている。街道をゆく フレッシュアイペディアより)

  • テレビ朝日鳥取支局

    テレビ朝日鳥取支局から見た朝日新聞社朝日新聞社

    〒680-0022 鳥取県鳥取市西町一丁目202番地 朝日新聞ミタニ共同ビル2階テレビ朝日鳥取支局 フレッシュアイペディアより)

  • 木村明生

    木村明生から見た朝日新聞社朝日新聞社

    岡山県生まれ。1950年旧制京都大学文学部哲学科卒業。朝日新聞社モスクワ市局長、同調査研究室主任研究員、青山学院大学国際政治経済学部教授、2001年定年退任、名誉教授。日ロ交流協会常任理事。木村明生 フレッシュアイペディアより)

  • 小池民男

    小池民男から見た朝日新聞社朝日新聞社

    岐阜県益田郡萩原町(現下呂市)出身。萩原南中学校を卒業。東京大学法学部丸山真男ゼミ出身。1969年、朝日新聞社に入社。学芸部の記者を長く務め、学芸部次長などを経て、1991年に論説委員。1997年1月から2000年7月にかけて朝日新聞夕刊のコラム「素粒子」を執筆。2001年4月1日からは、栗田亘の後任として朝刊のコラム「天声人語」の執筆を担当、2004年3月31日まで連載した。小池民男 フレッシュアイペディアより)

  • 江森 陽弘

    江森陽弘から見た朝日新聞社朝日新聞社

    埼玉県立熊谷高等学校を経て早稲田大学教育学部国語国文学科卒業後、朝日新聞社入社。社会部の記者として事件の最前線で積極的に取材活動を展開し、その後社会部次長、週刊朝日副編集長、編集員などを歴任。1983年から1986年には関連会社・テレビ朝日で放送のワイドショー『江森陽弘モーニングショー』のメインキャスターを担当、1980年代には熱闘甲子園の進行役も努めた。また80年代後半にはTBSラジオ「江森陽弘ニュースマガジン」の司会者でもあった。江森陽弘 フレッシュアイペディアより)

  • 朝日文庫

    朝日文庫から見た朝日新聞社朝日新聞社

    1977年9月に刊行開始。創刊時には7冊を刊行。2008年4月1日に朝日新聞社出版局が朝日新聞出版に分社化されたことにより版元が変更した。朝日文庫 フレッシュアイペディアより)

  • 花物語 (吉屋信子)

    花物語 (吉屋信子)から見た朝日新聞社朝日新聞社

    連載中である1920年(大正9年)に洛陽堂から単行本として出版され、その後も交蘭社・実業之日本社・ポプラ社・朝日新聞社・国書刊行会・河出書房新社など、数多くの出版社から単行本が出版された。しかし、洛陽堂を始めとする多くの出版社から単行本が出版された際には、『少女倶楽部』に掲載された最後の2作である「薊の花」「からたちの花」が含まれていないため、この2編を除いた52編を全容と解釈されることが多い。花物語 (吉屋信子) フレッシュアイペディアより)

  • 通信社の歴史

    通信社の歴史から見た朝日新聞社朝日新聞社

    しかし1952年(昭和27年)9月、加盟新聞社のうち朝日、毎日、読売の3大紙が脱退を表明した。通信社の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 石川真澄

    石川真澄から見た朝日新聞社朝日新聞社

    1957年、九州工業大学工学部機械工学科卒業。大学卒業後、工学系の大学出身者が分野の違うマスコミに入社するのは当時としては珍しかった中で、朝日新聞社に入社する。朝日新聞では政治部に所属し、池田勇人首相番から政界の取材を開始する。朝日ジャーナル編集部副編集長、調査研究室主任研究員などを経て、1978年に朝日新聞政治担当編集委員に就任する。1991年から朝日新聞社役員待遇。石川真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 日刊スポーツ新聞社

    日刊スポーツ新聞社から見た朝日新聞社朝日新聞社

    現在は朝日新聞グループの新聞社だが、元々、日本初のスポーツ新聞を発行する独立系新聞社としてスタートした経緯がある。日刊スポーツ新聞社 フレッシュアイペディアより)

2553件中 31 - 40件表示

「朝日新聞社」のニューストピックワード