3574件中 31 - 40件表示
  • 週刊文春

    週刊文春から見た朝日新聞社朝日新聞社

    記事の影響から3月30日夜にasahi.com上で朝日新聞社の出版・広報担当役員がコメントを発表し、「タイアップ企画の枠組みに関する慎重な検討は欠けていたものの、編集協力費についていかがわしいやり取りは行っていない」としたが、後に編集協力費を返金し、社内処分を実施した。週刊文春 フレッシュアイペディアより)

  • 船橋洋一

    船橋洋一から見た朝日新聞社朝日新聞社

    船橋 洋一(ふなばし よういち、1944年12月15日 - ) は、日本の評論家、コラムニスト、元新聞記者。学位は法学博士(慶應義塾大学)。元朝日新聞社主筆。大佛次郎賞選考委員(2011年より)。三極委員会メンバー。一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ理事長。船橋洋一 フレッシュアイペディアより)

  • 青森朝日放送

    青森朝日放送から見た朝日新聞社朝日新聞社

    資本系列では朝日新聞社系に属する。青森朝日放送 フレッシュアイペディアより)

  • 夏目漱石

    夏目漱石から見た朝日新聞社朝日新聞社

    その後朝日新聞社に入社し、「虞美人草」「三四郎」などを掲載。当初は余裕派と呼ばれた。「修善寺の大患」後は、『行人』『こゝろ』『硝子戸の中』などを執筆。「則天去私(そくてんきょし)」の境地に達したといわれる。晩年は胃潰瘍に悩まされ、「明暗」が絶筆となった。夏目漱石 フレッシュアイペディアより)

  • 前田曙山

    前田曙山から見た朝日新聞社朝日新聞社

    1891年(明治24年)、20歳のときに小説『江戸桜』を尾崎紅葉の雑誌『千紫万紅』に発表、「硯友社」の作家としてスタートしている。1899年(明治32年)10月出版の『にごり水』(『にこり水』、春陽堂)、1924年(大正13年)出版の『燃ゆる渦巻』(朝日新聞社)、1925年(大正14年)出版の『落花の舞』(東京朝日新聞発行所)等で大衆作家としての地位を築いた。前田曙山 フレッシュアイペディアより)

  • 松本清張

    松本清張から見た朝日新聞社朝日新聞社

    このほか、朝日新聞社では、重金敦之が同社在職時、『黒の様式』『歌のない歌集』各シリーズなど、『週刊朝日』掲載作品を中心に清張を担当した。松本清張 フレッシュアイペディアより)

  • 渡邉恒雄

    渡邉恒雄から見た朝日新聞社朝日新聞社

    読売新聞社に次席で入社(その年の首席は、後に作家となる三好徹)。また、東京新聞の採用試験にも合格している。「朝日新聞社に入社したかったが採用試験で不採用になった」と週刊朝日のインタビューで答えている。「中央公論」の入社試験も不合格となっており「頭が良すぎて採用されなかった」とは本人談である。なお、中央公論に関しては渡邉が読売新聞社長時代に買収している。渡邉恒雄 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の高校野球

    日本の高校野球から見た朝日新聞社朝日新聞社

    主催は、全国大会は日本高等学校野球連盟(高野連)と新聞社(春の選抜高等学校野球大会は毎日新聞社、夏の全国高等学校野球選手権大会は朝日新聞社)が行っている。日本の高校野球 フレッシュアイペディアより)

  • ジャパン・ニュース・ネットワーク

    ジャパン・ニュース・ネットワークから見た朝日新聞社朝日新聞社

    JNN発足当時、他局も放送局間で素材交換を行った全国ニュース番組を放送していたが、日本テレビは自社で制作したニュースをネット局に配給、フジテレビと日本教育テレビ(NETテレビ。現:テレビ朝日)はニュース番組制作会社が制作したニュース番組を購入して配給する形で全国放送していた。特にNETの場合は制作に朝日新聞社が関わっていた。これに対し、JNNは特定の新聞社との関係を持たず、自主制作で且つ加盟各社の共同制作であり、ラジオ東京が編集・制作・送出およびセールスを行っていたものの、同社は加盟各社の代表という立場に過ぎない点が他系列と異なっていた。ジャパン・ニュース・ネットワーク フレッシュアイペディアより)

  • 松本人志

    松本人志から見た朝日新聞社朝日新聞社

    『「松本」の「遺書」』(1997年7月、朝日新聞社)ISBN 978-4022611918松本人志 フレッシュアイペディアより)

3574件中 31 - 40件表示

「朝日新聞社」のニューストピックワード