2553件中 41 - 50件表示
  • 桑原武夫

    桑原武夫から見た朝日新聞社朝日新聞社

    一方、岩波書店、中央公論社等の出版社との連携も強く、戦後の出版ブームでは、『文学入門』、『日本の名著』など、今に残る新書のベストセラーを数多く出版した。生前に朝日新聞社と岩波書店からそれぞれ全集が発刊されている。桑原武夫 フレッシュアイペディアより)

  • 高木俊朗

    高木俊朗から見た朝日新聞社朝日新聞社

    1957年刊行の『遺族』(出版協同社)、および『知覧』(朝日新聞社、1965年)、『陸軍特別攻撃隊』(文藝春秋、1974-75年)などとともに、特攻隊員の筆舌に尽くしがたい悲しみや、陸軍第4航空軍司令官富永恭次中将と第6航空軍司令官菅原道大中将ら、特攻隊の出撃計画を練り上げて指揮命令した者たちの腐敗の実態を、闇に葬り去らせることなく衆目に曝すこととなった。1975年、菊池寛賞を受賞。学徒出陣や特攻隊をテーマに数多くの講演会に講師として参加。1989年、千葉朝日カルチャー・センターのノンフィクション講座講師をつとめる。高木俊朗 フレッシュアイペディアより)

  • 本田雅和

    本田雅和から見た朝日新聞社朝日新聞社

    本田 雅和(ほんだ まさかず、1955年- )は、朝日新聞記者。朝日新聞社福島総局勤務。本田雅和 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部謹也

    阿部謹也から見た朝日新聞社朝日新聞社

    『中世の窓から』(朝日新聞社 1981年、朝日選書 1993年)阿部謹也 フレッシュアイペディアより)

  • 澤田ふじ子

    澤田ふじ子から見た朝日新聞社朝日新聞社

    染織曼荼羅 (1981年2月 朝日新聞社澤田ふじ子 フレッシュアイペディアより)

  • わかめちゃんとかつおくん

    わかめちゃんとかつおくんから見た朝日新聞社朝日新聞社

    『たのしい一年生』に4回にわたって連載された『わかめちゃんとかつおくん』は、国立国会図書館にみる限り、連載時との同一タイトルでの単行本は発行されていない。2002年(平成14年)1月および2月、朝日新聞社が『かつおちゃんとわかめちゃん』のタイトルで、文庫本2分冊(いずれも全80ページ)を上梓しているが、この初出、あるいは『わかめちゃんとかつおくん』との同一性については、不明である。わかめちゃんとかつおくん フレッシュアイペディアより)

  • 大渡順二

    大渡順二から見た朝日新聞社朝日新聞社

    岡山県出身。京都帝国大学中退。朝日新聞社入社、政治経済部記者。結核の闘病体験から医学知識の普及を目的として1946年に保健同人社を設立、雑誌『保健同人』を創刊。54年医師守屋博と日本初の「人間ドック」を始めた。日本エッセイストクラブ幹事。大渡順二 フレッシュアイペディアより)

  • 村山長挙

    村山長挙から見た朝日新聞社朝日新聞社

    村山 長挙(むらやま ながたか、1894年3月16日 - 1977年8月7日)は、日本の新聞経営者で、元朝日新聞社社長、社主。村山長挙 フレッシュアイペディアより)

  • 松下竜一

    松下竜一から見た朝日新聞社朝日新聞社

    『風成の女たち - ある漁村の闘い』(朝日新聞社、1972年 / 社会思想社現代教養文庫、ISBN 4390111264)松下竜一 フレッシュアイペディアより)

  • 石毛直道

    石毛直道から見た朝日新聞社朝日新聞社

    (井上章一、桂小米朝、木下直之、旭堂南海、島崎今日子、宮田球己)『勝手に関西世界遺産』(朝日選書・朝日新聞社,2006年)石毛直道 フレッシュアイペディアより)

2553件中 41 - 50件表示

「朝日新聞社」のニューストピックワード