3574件中 51 - 60件表示
  • 霊の審判

    霊の審判から見た朝日新聞社朝日新聞社

    本作の単行本は、大阪朝日新聞社が1930年(昭和5年)に刊行されたが、現在、絶版であり、収録される全集等もない。霊の審判 フレッシュアイペディアより)

  • ナハル・メアロット

    ナハル・メアロットから見た朝日新聞社朝日新聞社

    クリストファー・ストリンガー クライヴ・ギャンブル (1997) 『ネアンデルタール人とは誰か』河合信和訳、朝日新聞社〈朝日選書〉ナハル・メアロット フレッシュアイペディアより)

  • ピープル・デザイン

    ピープル・デザインから見た朝日新聞社朝日新聞社

    「かっこいい福祉機器 東京・渋谷ヒカリエ」『朝日新聞デジタル』 2014年11月11日、朝日新聞社ピープル・デザイン フレッシュアイペディアより)

  • 上野淳一

    上野淳一から見た朝日新聞社朝日新聞社

    上野 淳一(うえの じゅんいち、1909年11月1日 - 1997年10月19日)は元朝日新聞社社主。上野淳一 フレッシュアイペディアより)

  • 坂田栄一郎

    坂田栄一郎から見た朝日新聞社朝日新聞社

    1970年、銀座ニコンサロンにて、個展『Just Wait』でデビューした。その後1971年に帰国し、CMや雑誌で活躍する。1988年に朝日新聞社がニュース週刊誌『AERA』を創刊から2016年3月28日号まで、ずっと表紙写真を担当してきた。1993年には「アルル国際写真フェスティバル」で「アルル名誉市民賞」を受賞した。2005年には今までの人物写真等の功績が讃えられ、「PIERCING THE SKY-天を射る」で第24回土門拳賞、日本写真協会作家賞をダブル受賞した。坂田栄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • ファスト風土化

    ファスト風土化から見た朝日新聞社朝日新聞社

    三浦展編『下流同盟―格差社会とファスト風土』朝日新聞社、2006年12月 ISBN 978-4022731197ファスト風土化 フレッシュアイペディアより)

  • 一澤帆布工業

    一澤帆布工業から見た朝日新聞社朝日新聞社

    初代一澤喜兵衛(1853年(嘉永6年)生まれ)が行っていた西洋洗濯(クリーニング)や楽団KYOTO BANDが始まり。現在の一澤帆布は、1905年(明治38年)に創業。大正時代になると2代目一澤常次郎のもとで、薬屋、牛乳屋、大工、植木屋、酒屋などの職人用カバンの製造を行った。3代目一澤信夫は戦後にリュックサックやテントも手がけ、登山用品のトップブランドとなる。また『平凡パンチ』『POPEYE』『an・an』など若者の雑誌や『家庭画報』などに取り上げられたことで注目を集め、一般の顧客も帆布かばんに興味を持ちはじめる。 1980年に信夫三男、信三郎が朝日新聞社を退社して家業に戻り、1988年に4代目の社長となる。1992年に本社ビルを新設。家業を継いだ当時は社員わずか10数名の零細企業だったが、老若男女さまざまな人が使える帆布かばんを考案、色数や種類も増やし、約20年かけて社員も70人を超え、帆布かばんを製造直売する店として世間に広く認知される。そんな中、2006年(平成18年)、相続をめぐるトラブルにより一時営業休止。同トラブルにより、信三郎とそれまで勤めてきた職人は全員退社して、同様のかばんを取り扱う一澤信三郎帆布を設立。一澤帆布工業株式会社の社長となった長男の一澤信太郎は新たな職人と素材で2006年(平成18年)10月16日より営業を再開した。しかし2009年(平成21年)6月に裁判で信三郎が逆転勝訴し、信三郎夫妻が3年ぶりに経営に復帰したことに伴い、7月7日から休業していた。 2010年(平成22年)、四男喜久夫が「帆布カバン?一澤」(きいちざわ)を開店。 2011年(平成23年)3月28日、信三郎が「一澤帆布製」のブランド復活、並びに4月6日から一澤帆布工業株式会社の店舗にて一澤信三郎帆布が営業を再開すると発表した。一澤信三郎帆布が製造することとなった「一澤帆布製」ブランドと、従来の「信三郎帆布」「信三郎布包」とは併売されている。 現在、一澤信三郎帆布では、「信三郎帆布」「信三郎布包」「一澤帆布製」の3ブランドを展開中。一澤帆布工業 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の出版

    2006年の出版から見た朝日新聞社朝日新聞社

    2月28日 - コンピュータ雑誌『ASAHIパソコン』(朝日新聞社)休刊(最終号は3月15日号)。2006年の出版 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田千秋 (写真家)

    吉田千秋 (写真家)から見た朝日新聞社朝日新聞社

    津田類『女方 歌舞伎のヒロインたち』朝日新聞社 1988吉田千秋 (写真家) フレッシュアイペディアより)

  • 卜部亮吾侍従日記

    卜部亮吾侍従日記から見た朝日新聞社朝日新聞社

    『卜部亮吾侍従日記』(うらべりょうごじじゅうにっき)とは、昭和天皇と香淳皇后に仕えた侍従卜部亮吾が、記していた約32年間の日記である。昭和から平成への代替わりの実務を仕切った当時の経緯と、晩年の昭和天皇の姿がわかる歴史的資料とされる。2007年に発見され、同年朝日新聞社(全5巻)で刊行された。卜部亮吾侍従日記 フレッシュアイペディアより)

3574件中 51 - 60件表示

「朝日新聞社」のニューストピックワード