2553件中 71 - 80件表示
  • 週刊朝日による橋下徹特集記事問題

    週刊朝日による橋下徹特集記事問題から見た朝日新聞社朝日新聞社

    問題となったのは2012年10月26日号から始まった佐野眞一と週刊朝日取材班(今西憲之・村岡正浩)による「ハシシタ・奴の本性」という連載記事である。この記事に対して橋下徹は10月18日の定例会見で記事を「遺伝子で人格が決まるとする内容」であるとし、「政策論争はせずに、僕のルーツを暴き出すことが目的とはっきり言明している。血脈主義ないしは身分制に通じる本当に極めて恐ろしい考え方だ」「言論の自由は保障されるべきだが、一線を越えている」と反応しを述べ、週刊朝日を批判した。これに対して、朝日新聞社は、自社と週刊朝日と朝日放送はそれぞれ無関係としたが、週刊朝日の発行元である朝日新聞出版は朝日新聞社の100%子会社であることから、朝日新聞記者に社としての対応を求めた。週刊朝日による橋下徹特集記事問題 フレッシュアイペディアより)

  • ニュース系列

    ニュース系列から見た朝日新聞社朝日新聞社

    共同テレビジョンニュース社から抜けたNETは、親会社であった東映が朝日新聞社と提携して朝日テレビニュース社(現・テレビ朝日映像)を発足させ、同社が制作した「NETニュース 朝日新聞制作」を購入して放送することとなり、1959年よりNETと九州朝日放送で放送開始。ただし、既にラジオ東京との協定を結んでいた朝日放送ではこの番組を放送せず、1960年から大阪地区では毎日新聞系の毎日放送がこの番組を放送し取材制作に携わったことから、「腸捻転」ネットとして問題になった。(1975年3月30日に解消。ネットチェンジの項を参照のこと。)ニュース系列 フレッシュアイペディアより)

  • 山藤章二

    山藤章二から見た朝日新聞社朝日新聞社

    1971年から「世相あぶり出し」などのイラストによる世相風刺で話題を集め、1976年から「山藤章二のブラック=アングル」(後に「山藤章二のブラック・アングル」)を『週刊朝日』(朝日新聞社→朝日新聞出版)に連載、「週刊朝日を最終ページから開かせる男」の異名をとる。また1981年から『週刊朝日』誌上で「山藤章二の似顔絵塾」を開講。塾生にはプロのイラストレーターに育った人も多い。山藤章二 フレッシュアイペディアより)

  • 星浩

    星浩から見た朝日新聞社朝日新聞社

    星 浩(ほし ひろし、1955年 - )は朝日新聞社東京本社オピニオン編集長兼論説主幹代理。テレビ番組でのコメンテーターや日本記者クラブ企画委員を務める。星浩 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の航空事故

    日本の航空事故から見た朝日新聞社朝日新聞社

    便名: 朝日新聞社 取材機(機体記号:J-BBAA)日本の航空事故 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田貞夫

    秋田貞夫から見た朝日新聞社朝日新聞社

    岡山県出身。日本大学専門部卒業後、1930年に小学館に入社。入社してまもなく学年誌『小学五年生』編集部主任に配属、挿絵作家の福島鉄次を担当する。その後、上層部との軋轢が生じ、1940年11月に小学館を退社する。翌年1941年、秋田は朝日新聞社に入社、『アサヒグラフ』を担当した後、『週刊少国民』の担当となった。『週刊少国民』では再び挿絵作家の福島鉄次を起用しており、二人はお互い仲が良かったことがうかがえる。1941年12月に太平洋戦争が始まると、秋田は海軍に入隊し、一時出版業から退く。戦後になり、秋田は朝日新聞社に復職するも、自身が独立して出版社を立ち上げたいという夢があったため、朝日新聞社に勤めながら国民社という小さな出版社の経営を手伝い、出版経営を学んだ。そんな生活をしばらく続けた後、秋田は朝日新聞社を退社し、国民社の二階を借り、1948年8月10日に秋田書店を設立した。当初は児童向け作品を中心に販売することになったが、当時、秋田書店には販路がなかったために社長自らリヤカーで本屋を回ったという。そして絵物語『コングの逆襲』(上山路夫・福島鉄次)、『新バグダッドの盗賊』(松下井知夫)がヒット作品となる。その後、単行本での成功を活かし、今度は児童向け雑誌への進出を考えた。戦後の雑誌創刊ラッシュによりライバルが非常に多い状況であったが、秋田はアメリカン・コミックのような独特な味を持つ福島鉄次に絵物語を描かせれば人気作品が生まれると考え、福島鉄次の絵物語を看板とした『少年少女冒険王』を創刊する。この創刊号は飛ぶように売れ、大ヒットとなった。そして福島鉄次の『沙漠の魔王』をはじめとする作品の人気によって1953年には部数が55万部を突破、『少年クラブ』(講談社)、『少年画報』(少年画報社)、『少年』(光文社)、『少年ブック』(集英社)、『漫画少年』(学童社)などと共に子供向け漫画雑誌の一時代を築いた。秋田貞夫 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺京二

    渡辺京二から見た朝日新聞社朝日新聞社

    『北一輝』 朝日新聞社 1978年/朝日選書 1985年 ちくま学芸文庫 2007年-毎日出版文化賞受賞渡辺京二 フレッシュアイペディアより)

  • 景山民夫

    景山民夫から見た朝日新聞社朝日新聞社

    『普通の生活』朝日新聞社、のち角川文庫、朝日文芸文庫景山民夫 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋信三

    高橋信三から見た朝日新聞社朝日新聞社

    また、ある程度高橋等のラジオ事業が実現味を帯びてきた頃、出遅れた朝日新聞社が大阪地区でのラジオ放送を共同事業にしようと毎日新聞に持ちかけ、大阪財界をも巻き込んである程度成功する見通しが立ったが、高橋が猛反対したためご破算となり、これが朝日放送(ABC)の開局に繋がった。高橋信三 フレッシュアイペディアより)

  • 司 葉子

    司葉子から見た朝日新聞社朝日新聞社

    1963年(昭和38年)朝日新聞社刊行の『新・人国記?』137-138頁によると、司葉子 フレッシュアイペディアより)

2553件中 71 - 80件表示

「朝日新聞社」のニューストピックワード