3574件中 71 - 80件表示
  • 李家正文

    李家正文から見た朝日新聞社朝日新聞社

    広島県出身。國學院大學卒。広島女学院専門学校の講師を務めた後、朝日新聞社に入社して映画局長、出版局長、朝日学生新聞社社長などを歴任した。便所の歴史の研究で知られたがほかに広く日本・東アジア史に関する著書多数がある。李家正文 フレッシュアイペディアより)

  • 大崎紀夫

    大崎紀夫から見た朝日新聞社朝日新聞社

    埼玉県戸田市生まれ。1963年東京大学文学部仏文科卒、朝日新聞社入社。出版部門を長く経験する。1995年『俳句朝日』編集長。1996年『短歌朝日』創刊編集長となり、『俳句朝日』と編集長を兼任する。1999年退社、顧問となる。2000年「ウェップ俳句通信」編集長。2001年結社「やぶれ傘」を創刊、主宰。釣りに関する著作も多い。大崎紀夫 フレッシュアイペディアより)

  • 舞姫 (川端康成)

    舞姫 (川端康成)から見た朝日新聞社朝日新聞社

    1950年(昭和25年)12月12日から1951年(昭和26年)3月31日まで『朝日新聞』に109回にわたって連載された新聞小説で、単行本は連載終了同年の7月に朝日新聞社より刊行された。文庫版は新潮文庫で刊行されている。1951年(昭和26年)8月17日には、成瀬巳喜男監督により映画化された。舞姫 (川端康成) フレッシュアイペディアより)

  • 木村明生

    木村明生から見た朝日新聞社朝日新聞社

    岡山県倉敷市生まれ。1950年旧制京都大学文学部哲学科卒業。朝日新聞社モスクワ支局長、同調査研究室主任研究員、青山学院大学国際政治経済学部教授、2001年定年退任、名誉教授。日ロ交流協会常任理事。木村明生 フレッシュアイペディアより)

  • 日刊オフセット

    日刊オフセットから見た朝日新聞社朝日新聞社

    1964年11月、それまで神港新聞(後に廃刊)および朝日新聞大阪本社が請け負っていた日刊スポーツの関西版(初期は「オール・スポーツ」)の印刷・紙面内容強化を図るために、大阪市に「大阪日刊印刷株式会社」を設立。また、1968年には朝日新聞グループの印刷会社「株式会社大阪オフセット印刷」が設立され、それぞれ別個に朝日新聞・日刊スポーツなど、朝日新聞グループの新聞・雑誌の印刷業務を行っていた。日刊オフセット フレッシュアイペディアより)

  • 知恵蔵

    知恵蔵から見た朝日新聞社朝日新聞社

    知恵蔵(ちえぞう)とは朝日新聞社が提供する現代用語事典。創刊は1989年11月17日(1990年号)、自由国民社の『現代用語の基礎知識』を意識して刊行された。2008年以降は紙媒体での提供を休止しインターネット上で提供に移行している。また、『知恵蔵&記事データベース』として携帯電話用の有料Webサイトでも提供される。知恵蔵 フレッシュアイペディアより)

  • 早野透

    早野透から見た朝日新聞社朝日新聞社

    1968年に東京大学法学部を卒業し、朝日新聞社に入社。早野透 フレッシュアイペディアより)

  • 松井やより

    松井やよりから見た朝日新聞社朝日新聞社

    1961年東京外国語大学英米科を卒業して朝日新聞社に入社。社会部記者として福祉、公害、消費者問題、女性問題などを取材し、立川支局長、編集委員から1981年11月?85年3月シンガポール・アジア総局員。1994年朝日新聞社定年退職。松井やより フレッシュアイペディアより)

  • 国民歌

    国民歌から見た朝日新聞社朝日新聞社

    『全国中等学校優勝野球大会の歌』作詞:富田砕花、作曲:山田耕筰、朝日新聞社制定国民歌 フレッシュアイペディアより)

  • 奥薗秀樹

    奥薗秀樹から見た朝日新聞社朝日新聞社

    日本放送協会記者、株式会社朝日新聞社記者、静岡県立大学大学院国際関係学研究科助手、広島国際学院大学現代社会学部助教授、広島国際学院大学現代社会学部准教授、東西大学校国際学部助教授などを歴任した。奥薗秀樹 フレッシュアイペディアより)

3574件中 71 - 80件表示

「朝日新聞社」のニューストピックワード