324件中 31 - 40件表示
  • 朝日新聞社

    朝日新聞社から見た箱島信一

    政治部出身者と経済部出身者が交互に社長になることが5回続いている。社会部出身者からは、村山事件のため元常務で朝日新聞社顧問だった美土路昌一が社長を務めた後、社長は出ていない。経済部出身の広岡知男社長の後任の社長レースは、同じく経済部出身の渡辺誠毅副社長と社会部出身の田代喜久雄専務が争って渡辺副社長が勝ち、渡辺社長の後任の社長レースは、政治部出身の一柳東一郎副社長(元田代専務派)と社会部出身の伊藤牧夫専務(渡辺社長派)が争って一柳副社長が勝った。このことから、政治部内では社会部のことを「朝日の参議院」と呼んでいる。2005年(平成17年)、経済部出身の箱島信一社長が武富士広告費問題で辞任。後任には専務三人のうち経済部出身の君和田正夫は別として残り2人の内海紀雄、坂東愛彦、さらに常務筆頭の小林泰宏といった社会部出身からは選ばれず、常務第三席で政治部出身の秋山耿太郎が5人抜きで昇格した。さらに、秋山は就任後ただちに社内を再編成し、社会部を解体した。朝日新聞社 フレッシュアイペディアより)

  • 朝日新聞社

    朝日新聞社から見た信夫韓一郎

    1951年(昭和26年)11月30日 - 長谷部忠社長退陣。村山長挙が会長就任、東京本社編集局長信夫韓一郎を代表取締役とする。朝日新聞社 フレッシュアイペディアより)

  • 朝日新聞社

    朝日新聞社から見た野村秀雄

    1945年(昭和20年)11月5日 - 戦争責任明確化のため、村山長挙社長以下幹部が辞任。東京非常対策本部長(元東京本社編集局長・ジャワ新聞社長)野村秀雄が代表取締役就任。朝日新聞社 フレッシュアイペディアより)

  • 朝日新聞社

    朝日新聞社から見た長谷部忠

    1947年(昭和22年)6月23日 - 東京本社代表兼論説委員室主幹長谷部忠が会長就任。長谷部は同年11月25日付で代表取締役にも就任。朝日新聞社 フレッシュアイペディアより)

  • 朝日新聞社

    朝日新聞社から見た村山龍平

    1881年(明治14年)1月 - 村山龍平が木村親子より朝日新聞社の経営権を譲り受け、上野理一と共に経営に着手。朝日新聞社 フレッシュアイペディアより)

  • 朝日新聞社

    朝日新聞社から見た一柳東一郎

    政治部出身者と経済部出身者が交互に社長になることが5回続いている。社会部出身者からは、村山事件のため元常務で朝日新聞社顧問だった美土路昌一が社長を務めた後、社長は出ていない。経済部出身の広岡知男社長の後任の社長レースは、同じく経済部出身の渡辺誠毅副社長と社会部出身の田代喜久雄専務が争って渡辺副社長が勝ち、渡辺社長の後任の社長レースは、政治部出身の一柳東一郎副社長(元田代専務派)と社会部出身の伊藤牧夫専務(渡辺社長派)が争って一柳副社長が勝った。このことから、政治部内では社会部のことを「朝日の参議院」と呼んでいる。2005年(平成17年)、経済部出身の箱島信一社長が武富士広告費問題で辞任。後任には専務三人のうち経済部出身の君和田正夫は別として残り2人の内海紀雄、坂東愛彦、さらに常務筆頭の小林泰宏といった社会部出身からは選ばれず、常務第三席で政治部出身の秋山耿太郎が5人抜きで昇格した。さらに、秋山は就任後ただちに社内を再編成し、社会部を解体した。朝日新聞社 フレッシュアイペディアより)

  • 朝日新聞社

    朝日新聞社から見た村山美知子

    同年6月6日 - テレビ朝日が村山美知子から発行済株式の11.8%を取得して第4位の株主となり、朝日新聞社・テレビ朝日相互間での持ち合い関係を確立したと発表。同時に持ち合いによる議決権の相殺を防ぐため、朝日新聞社の保有するテレビ朝日株式を売却し、9月末までに保有比率を25%未満にすることが発表された。朝日新聞社 フレッシュアイペディアより)

  • 朝日新聞社

    朝日新聞社から見た前田多門

    1945年(昭和20年)8月17日 - 東久邇宮内閣成立で、元副社長緒方竹虎が国務大臣兼内閣書記官長兼情報局総裁に就任。翌18日には元論説委員前田多門が文相就任。首相秘書官に論説委員太田照彦、緒方の秘書官に記者中村正吾、内閣参与に元記者田村真作と、「朝日新聞内閣」の観を呈する。朝日新聞社 フレッシュアイペディアより)

  • 朝日新聞社

    朝日新聞社から見た秋山耿太郎

    同年6月26日 - 秋山耿太郎社長の改革路線で、30年間空席となっていた主筆に船橋洋一を起用。朝日新聞社 フレッシュアイペディアより)

  • 朝日新聞社

    朝日新聞社から見た渡辺誠毅

    政治部出身者と経済部出身者が交互に社長になることが5回続いている。社会部出身者からは、村山事件のため元常務で朝日新聞社顧問だった美土路昌一が社長を務めた後、社長は出ていない。経済部出身の広岡知男社長の後任の社長レースは、同じく経済部出身の渡辺誠毅副社長と社会部出身の田代喜久雄専務が争って渡辺副社長が勝ち、渡辺社長の後任の社長レースは、政治部出身の一柳東一郎副社長(元田代専務派)と社会部出身の伊藤牧夫専務(渡辺社長派)が争って一柳副社長が勝った。このことから、政治部内では社会部のことを「朝日の参議院」と呼んでいる。2005年(平成17年)、経済部出身の箱島信一社長が武富士広告費問題で辞任。後任には専務三人のうち経済部出身の君和田正夫は別として残り2人の内海紀雄、坂東愛彦、さらに常務筆頭の小林泰宏といった社会部出身からは選ばれず、常務第三席で政治部出身の秋山耿太郎が5人抜きで昇格した。さらに、秋山は就任後ただちに社内を再編成し、社会部を解体した。朝日新聞社 フレッシュアイペディアより)

324件中 31 - 40件表示

「朝日新聞社」のニューストピックワード