324件中 51 - 60件表示
  • 朝日新聞社

    朝日新聞社から見た日本放送協会

    下村宏(元国務大臣兼内閣情報局総裁・NHK会長)朝日新聞社 フレッシュアイペディアより)

  • 朝日新聞社

    朝日新聞社から見た朝日ニュースター

    同年10月1日 - 朝日新聞社、日刊スポーツ新聞社、テレビ朝日(当時の登記上正式社名「全国朝日放送」)、朝日放送が中心となって「株式会社衛星チャンネル」設立。通信衛星を利用したケーブルテレビ向けコンテンツ「衛星チャンネル(現・朝日ニュースター)」の番組配信を開始(1993年にスカイポートTVでの放送事業に昇格。1997年にパーフェクTV向けのデジタル放送開始)。朝日新聞社 フレッシュアイペディアより)

  • 朝日新聞社

    朝日新聞社から見た松井やより

    松井やより(ジャーナリスト)朝日新聞社 フレッシュアイペディアより)

  • 朝日新聞社

    朝日新聞社から見た坪内逍遥

    1929年(昭和4年)1月1日 - 「朝日賞」を創設。第1回朝日賞に坪内逍遥、前田青邨らが選ばれる。朝日新聞社 フレッシュアイペディアより)

  • 朝日新聞社

    朝日新聞社から見た石井光次郎

    石井光次郎(元朝日新聞社代表取締役専務取締役・衆議院議長)朝日新聞社 フレッシュアイペディアより)

  • 朝日新聞社

    朝日新聞社から見た君和田正夫

    政治部出身者と経済部出身者が交互に社長になることが5回続いている。社会部出身者からは、村山事件のため元常務で朝日新聞社顧問だった美土路昌一が社長を務めた後、社長は出ていない。経済部出身の広岡知男社長の後任の社長レースは、同じく経済部出身の渡辺誠毅副社長と社会部出身の田代喜久雄専務が争って渡辺副社長が勝ち、渡辺社長の後任の社長レースは、政治部出身の一柳東一郎副社長(元田代専務派)と社会部出身の伊藤牧夫専務(渡辺社長派)が争って一柳副社長が勝った。このことから、政治部内では社会部のことを「朝日の参議院」と呼んでいる。2005年(平成17年)、経済部出身の箱島信一社長が武富士広告費問題で辞任。後任には専務三人のうち経済部出身の君和田正夫は別として残り2人の内海紀雄、坂東愛彦、さらに常務筆頭の小林泰宏といった社会部出身からは選ばれず、常務第三席で政治部出身の秋山耿太郎が5人抜きで昇格した。さらに、秋山は就任後ただちに社内を再編成し、社会部を解体した。朝日新聞社 フレッシュアイペディアより)

  • 朝日新聞社

    朝日新聞社から見た松下宗之

    松下宗之(元朝日新聞社社長)朝日新聞社 フレッシュアイペディアより)

  • 朝日新聞社

    朝日新聞社から見た長谷川如是閑

    長谷川如是閑(ジャーナリスト、文明評論家)朝日新聞社 フレッシュアイペディアより)

  • 朝日新聞社

    朝日新聞社から見た田代喜久雄

    政治部出身者と経済部出身者が交互に社長になることが5回続いている。社会部出身者からは、村山事件のため元常務で朝日新聞社顧問だった美土路昌一が社長を務めた後、社長は出ていない。経済部出身の広岡知男社長の後任の社長レースは、同じく経済部出身の渡辺誠毅副社長と社会部出身の田代喜久雄専務が争って渡辺副社長が勝ち、渡辺社長の後任の社長レースは、政治部出身の一柳東一郎副社長(元田代専務派)と社会部出身の伊藤牧夫専務(渡辺社長派)が争って一柳副社長が勝った。このことから、政治部内では社会部のことを「朝日の参議院」と呼んでいる。2005年(平成17年)、経済部出身の箱島信一社長が武富士広告費問題で辞任。後任には専務三人のうち経済部出身の君和田正夫は別として残り2人の内海紀雄、坂東愛彦、さらに常務筆頭の小林泰宏といった社会部出身からは選ばれず、常務第三席で政治部出身の秋山耿太郎が5人抜きで昇格した。さらに、秋山は就任後ただちに社内を再編成し、社会部を解体した。朝日新聞社 フレッシュアイペディアより)

  • 朝日新聞社

    朝日新聞社から見た坂東愛彦

    政治部出身者と経済部出身者が交互に社長になることが5回続いている。社会部出身者からは、村山事件のため元常務で朝日新聞社顧問だった美土路昌一が社長を務めた後、社長は出ていない。経済部出身の広岡知男社長の後任の社長レースは、同じく経済部出身の渡辺誠毅副社長と社会部出身の田代喜久雄専務が争って渡辺副社長が勝ち、渡辺社長の後任の社長レースは、政治部出身の一柳東一郎副社長(元田代専務派)と社会部出身の伊藤牧夫専務(渡辺社長派)が争って一柳副社長が勝った。このことから、政治部内では社会部のことを「朝日の参議院」と呼んでいる。2005年(平成17年)、経済部出身の箱島信一社長が武富士広告費問題で辞任。後任には専務三人のうち経済部出身の君和田正夫は別として残り2人の内海紀雄、坂東愛彦、さらに常務筆頭の小林泰宏といった社会部出身からは選ばれず、常務第三席で政治部出身の秋山耿太郎が5人抜きで昇格した。さらに、秋山は就任後ただちに社内を再編成し、社会部を解体した。朝日新聞社 フレッシュアイペディアより)

324件中 51 - 60件表示

「朝日新聞社」のニューストピックワード