前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
161件中 1 - 10件表示
  • 古河機械金属

    古河機械金属から見た朝日生命保険朝日生命保険

    古河財閥(現・古河グループ)の各社は、そのほぼ全てが古河鉱業(現・古河機械金属)の一部門としてスタートしている。例えば、古河電気工業は古河鉱業から分離独立した(本所鎔銅所、横浜電線製造、日光電気精銅所の3社が合併)(古河鉱業から見れば子会社)。富士電機製造(現・富士電機)は古河電工とドイツ社シーメンスの合弁で設立された(古河鉱業から見れば孫会社)。富士通信機製造(現・富士通)は富士電機から分離独立した(古河鉱業から見れば曾孫会社)。富士通ファナック(現・ファナック)は富士通から分離独立した(古河鉱業から見れば玄孫会社)。また、横濱護謨製造(現・横浜ゴム)は、古河とアメリカ社グッドリッチの提携により設立。旭電化工業(現・ADEKA)は、古河と桂川電力(現・東京電力)、東京電気(現・東芝)の3社により設立。日本ゼオンは、古河とアメリカ社グッドリッチ・ケミカルの提携により設立。日本軽金属は、古河と東京電燈(現・東京電力)により設立。帝国生命保険(現・朝日生命保険)は、古河が株式の過半数を買い入れ経営権を取得した。以上のような経緯から、古河機械金属は現在も古河グループ(古河三水会)の資料では筆頭に名を連ねている。また、古河機械金属の英文社名が「FURUKAWA MACHINERY & METAL CO.,LTD.」などではなく「FURUKAWA CO.,LTD.」であるのも、こうした歴史的背景からである。古河機械金属 フレッシュアイペディアより)

  • 古河財閥

    古河財閥から見た朝日生命保険朝日生命保険

    古河財閥の主要な傘下企業は以下の通り。古河鉱業(現・古河機械金属)、古河電気工業、富士電機製造(現・富士電機)、富士通信機製造(現・富士通)、横濱護謨製造(現・横浜ゴム)、旭電化工業(現・ADEKA)、日本軽金属、帝国生命保険(現・朝日生命保険)、古河銀行(現・みずほ銀行)、大成火災海上保険(現・損害保険ジャパン日本興亜)、古河商事(破綻)、日本農薬、関東電化工業、東亜ペイント(現・トウペ)、大日電線、日本電線(大日電線と日本電線は合併し大日日本電線を経て現・三菱電線工業)など。また、戦後に設立された主要な古河系企業として日本ゼオン、富士通ファナック(現・ファナック)、UACJ(旧古河スカイ)、古河電池などが挙げられる。古河財閥 フレッシュアイペディアより)

  • 古河グループ

    古河グループから見た朝日生命保険朝日生命保険

    本流会社および密接な提携関係を続けているものは、古河三水会理事会社である古河機械金属、古河電気工業、富士電機、富士通、横浜ゴム、ADEKA、日本軽金属ホールディングス、日本ゼオン、朝日生命保険、みずほ銀行の10社と、会員会社39社の計49社である。古河グループ フレッシュアイペディアより)

  • 井上公二

    井上公二から見た朝日生命保険朝日生命保険

    井上 公二(いのうえ こうじ、1864年1月3日(文久3年11月24日) - 1925年(大正14年)1月18日)は、明治期の実業家、古河鉱業会社に入り、足尾鉱業所長、古河合名会社理事を経て帝国生命保険(現・朝日生命保険)社長。古河財閥で大業を成し、昆田文次郎と並んで二大巨頭といわれた。井上公二 フレッシュアイペディアより)

  • 尾崎放哉

    尾崎放哉から見た朝日生命保険朝日生命保険

    東京帝国大学法学部を卒業後、東洋生命保険(現:朝日生命保険)に就職し、大阪支店次長を務めるなど、出世コースを進み、豪奢な生活を送っていたエリートでありながら、突然、それまでの生活を捨て、無所有を信条とする一燈園に住まい、俳句三昧の生活に入る。その後、寺男で糊口(ここう)をしのぎながら、最後は小豆島の庵寺で極貧の中、ただひたすら自然と一体となる安住の日を待ちながら、俳句を作る人生を送った。クセのある性格から周囲とのトラブルも多く、その気ままな暮らしぶりから「今一休」と称された。その自由で力強い句は高い評価を得、代表的な句に、「咳をしても一人」などがある。尾崎放哉 フレッシュアイペディアより)

  • 朝日生命硬式野球部

    朝日生命硬式野球部から見た朝日生命保険朝日生命保険

    運営母体は、生命保険会社の朝日生命保険朝日生命硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 新宿センタービル

    新宿センタービルから見た朝日生命保険朝日生命保険

    1979年に100年建築を目指して竣工され、東京建物、明治安田生命、芙蓉系企業が主要スポンサーのJ-REITである日本プライムリアルティ投資法人(朝日生命の所有権を2010年末ころに取得)が共同所有している。新宿センタービル フレッシュアイペディアより)

  • 多摩ニュータウン

    多摩ニュータウンから見た朝日生命保険朝日生命保険

    特定業務施設の配置は、都市再生機構施行区域内には約38.6haが多摩センター地区や、唐木田・長池業務地区等に、東京都施行区域内には西部地区センターに5.2haが計画された。「南多摩新都市開発計画1990」では特定業務施設の本格導入が図られ、バブル終焉で経済状況が一変するなか多摩ニュータウンでは業務用地の販売が好調を呈し、「朝日生命保険多摩本社」や「ベネッセコーポレーション東京本社」をはじめ各種企業が誘致された。多摩ニュータウン フレッシュアイペディアより)

  • 古河機械金属

    古河機械金属から見た朝日生命朝日生命保険

    東北支社:宮城県仙台市青葉区一番町2-7-17(朝日生命仙台一番町ビル)古河機械金属 フレッシュアイペディアより)

  • 留萌市

    留萌市から見た朝日生命保険朝日生命保険

    1925年(大正14年) - 折からの不況により町債のデフォルトを蓬莱生命、帝国生命朝日生命、太陽生命、福寿生命、国光生命、常盤生命に宣言、社会問題になる。留萌市 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
161件中 1 - 10件表示

「朝日生命保険」のニューストピックワード