161件中 91 - 100件表示
  • 第四高等学校 (旧制)

    第四高等学校 (旧制)から見た朝日生命保険朝日生命保険

    藤川博(朝日生命保険社長)第四高等学校 (旧制) フレッシュアイペディアより)

  • 大分県立芸術文化短期大学

    大分県立芸術文化短期大学から見た朝日生命保険朝日生命保険

    音楽科:ヤマハ・カワイ音楽教室・山野楽器・第一楽器・朝日生命保険・ファイブフォックスなどがある。大分県立芸術文化短期大学 フレッシュアイペディアより)

  • 丸之内 (津市)

    丸之内 (津市)から見た朝日生命朝日生命保険

    東丸之内には中勢地区以南唯一の百貨店である津松菱や三菱東京UFJ銀行、三菱UFJ信託銀行、りそな銀行、日本生命などの金融機関が集中し、丸之内・西丸之内には津城跡、津市役所、津地方裁判所、津地方検察庁、NHK津放送局など、南丸之内には中部電力津支社や津新町駅に続く「新町通り商店街」がある。北丸之内には朝日生命津支店やJTB津支店、松阪牛の名店として知られる朝日屋を始めとした各種商店などが集まり、中心業務地区・繁華街として津市だけでなく、三重県全体に影響力を持つ。丸之内と東丸之内には、国道23号を挟む形で車・歩道に分かれたアーケード街である「丸之内商店街」が立地する。丸之内 (津市) フレッシュアイペディアより)

  • ベネッセコーポレーション東京ビル

    ベネッセコーポレーション東京ビルから見た朝日生命保険朝日生命保険

    朝日生命多摩本社ビル - 多摩市鶴牧の超高層ビル。本ビルに次いで、市内2番目の高さ。ベネッセコーポレーション東京ビル フレッシュアイペディアより)

  • 資産管理サービス信託銀行

    資産管理サービス信託銀行から見た朝日生命保険朝日生命保険

    2001年1月22日、みずほ信託銀行(みずほアセット信託銀行(旧安田信託銀行)との合併前)・朝日生命保険・第一生命保険・富国生命保険・安田生命保険(現在の明治安田生命保険)の5社が出資して設立、同年1月30日に営業を開始した。2016年10月20日に第一生命保険が株式を譲渡し、かんぽ生命保険が資本参加した。マスタートラスト業務、有価証券資産の管理(カストディ)業務、確定拠出年金の資産管理業務を行う。資産管理サービス信託銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 小嶋亜由美

    小嶋亜由美から見た朝日生命朝日生命保険

    朝日生命 人生倶楽部(1996年)小嶋亜由美 フレッシュアイペディアより)

  • わが母の記

    わが母の記から見た朝日生命朝日生命保険

    協賛 - スルガ銀行、井上靖文学館、朝日生命、ほかわが母の記 フレッシュアイペディアより)

  • 協栄生命保険

    協栄生命保険から見た朝日生命保険朝日生命保険

    終戦後、解散する生命保險中央會の保有契約の引き受けと残務処理機関として新会社を設立する必要があった。そこで、協栄生命の設立に関わり、設立後にアクチュアリーとして働いていた川井三郎が中心となって、会社の再建に奔走。敵産管理していたカナダのサンライフ社 (Sun Life Financial) の支配人から、引き続き契約を委託させたいとの申し出もあり、GHQからの承認を取り付けた。創立の条件として、名称を「協栄生命保険」とすること、株式会社とすること、再保険の専売を認めないこと、が付けられた。1947年(昭和22年)5月5日、創立総会を行い「協栄生命保険株式会社」が発足した。川井はレッドパージを受けていた朝日生命社長の藤川博が朝日生命に復帰できなかった場合に社長に迎えようと、社長を空席として川井が専務取締役となっていた。しかし、藤川が朝日生命に戻ったため、同じく社長を空席として専務に就いていた三井生命の井上八三と申し合わせて、1948年(昭和23年)11月に社長に就任した。会社は、日本橋芳町(現在の日本橋人形町)の延べ50坪のビルを事務所として社員21人で再出発した。その後、1948年(昭和23年)5月に呉服橋に移転し、その後に日本橋本石町の中央区立常盤小学校の隣地100坪に2階建ての本社社屋を建設した。1950年(昭和25年)には世田谷区等々力に別館を設置した。協栄生命保険 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田郁夫

    亀田郁夫から見た朝日生命保険朝日生命保険

    千葉県鴨川市出身。1976年(昭和51年)3月、立正大学経営学部卒業。同年4月、朝日生命保険に就職。1981年(昭和56年)9月、同社を退社。同年10月、医療法人鉄蕉会亀田総合病院に転職。亀田郁夫 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂徳三郎

    小坂徳三郎から見た朝日生命朝日生命保険

    日本短波クラブ名誉会長を1978年から務めた。日本テニス協会会長を務めていた1992年6月、バブル崩壊のため、ジャパン・オープン・テニス選手権のスポンサーからサントリーが降りたとき、冠協賛金4億円を負担してもらえるよう、東京都知事鈴木俊一に話を持ち込み、朝日生命と東京都がダブルスポンサーとなった。自治体が賞金大会を協賛するのは異例のことであった。小坂徳三郎 フレッシュアイペディアより)

161件中 91 - 100件表示

「朝日生命保険」のニューストピックワード